細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
中国に於ける人体実験(伝染病研究所)

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
『ウサギと化学兵器』いのうえせつこ著
731部隊と国立感染症研究所の問題!
731部隊・細菌戦資料センター総会のご案内
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
731部隊・100部隊展

記憶の継承を進める神奈川の会



●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。

今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置

【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る



米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??
 

          1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察
 
 
731部隊は、石井四郎が、細菌戦の主犯ではない。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。
 
検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

第1章背蔭河での生体実験

細菌戦いわゆる“731部隊

ここでは細菌兵器になりえるすべての細菌(炭疽菌コレラ菌ペスト菌破傷風菌、赤痢菌、腸チフス菌など)の製造や生体実験が繰り返されていた。

 実戦で初めて細菌兵器が使用されたのは、ノモンハン事件のときだという。ノモンハン事件とは  1939511日から916日の期間の、ロシア国境でのロシア軍と日本軍との戦闘のことである。

 この戦いで日本軍は、壊滅的な打撃を受け敗北するが、その中にあっても細菌戦部隊は、苦戦の中で唯一活躍したということで、1939101日石井四郎は関東軍から感謝状をもらっている。石井四郎は、731部隊の隊長として活躍していたが、一時北野政次(まさじ)(東大、1920年卒)に代わった時期もあった。北野政次は、194281日から194531日まで石井四郎に代わって部隊長を務めた。さらに731部隊は、満州全域に支部を広げたといわれている。

 


       伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より

          
この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 
●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

731部隊訴訟 第1審判決をどう見るか(『世界』2002年11月号)

                       土屋公献

判決をいかに評価するか

現在は勿論行政裁判所は存在しない(憲法76条)。行政裁判所の存在した明治憲法(61条)下で生きていた国家無答責という解釈論を、現在の訴訟に用いることは、却って大きな不合理を生むばかりである。現在の訴訟には現在の民主的な解釈論が通用するはずである。 

 

731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

731部隊の行なった細菌戦



●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!
安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難
 
           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。
           
731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記
 

●横浜のパネル展で出会った人からのお手紙

 ところが、この4月半から5月末までの1月半の自粛要請の間に、その願いは叶いました。家にいるだけでよく、約束も予定もなく、ゆるゆるとした時間が流れる中で、気にかかったまま放置してきたあれやこれが、浮かんできました。

 その1つが1931年に書かれた父の軍隊生活の日記をワードで打つことです。

そうしようと思いつつ数十年も中途放棄にしてきた訳は、日記の字の読みにくさと内容が面白みに欠ける、かつ打つ時間がないという言い訳でした。

 思いがけずたっぷりの時間を得たので、読みにくさは覚悟しつつ、面白みは期待せず、打ち始めたところ、意に反して、満州で父の見聞した世界に引き込まれていきました。

  

 

●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

手 6.・731部隊印象的。・いろいろな写真があり、大変参考になりました。(男、40、市内、)

 

 

 

 

 

 

    

●映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)

( )は性別・年代・住まい・情報

35、広島県呉市に都合6年、長崎に2年住んだことがあり、記念館に何度も足を運んでおります。

 戦争の愚かさは、各種資料から12分に理解しているところでありますが、戦争というのは、少しずつ忍び寄ってくるように(いきなり戦争が始まるものではない:現在の紛争状態にある国はあり得るが)思います。そういう意味で、我々は、常に気を付けている必要があります。

 『ひろしま』の映像は、地獄でありますが、現在の原爆は当時(広島・長崎)のものより何倍もの大きさ(威力)と言われており、もし使えば、ある意味、この世の終わりと考えてもよい。

 日本は戦争の悲惨さを経験(加害者として、被害者として)しているので、これを世界に発信(もっともっと)すべき。アメリカ(国民)に対しても強く発信すべきと考える。核兵器の廃絶についても、日本がイニシアチブを取ってほしいが、情けないことに、そうはなっていない。今の状態では世界からの信用は得られないと考えている。

(男性・70代・市内・毎日新聞

 

日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731) 

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける

 いよいよ部隊本部を爆破することになって、我々にも退避命令が出た。みんな思い思いに退避した。私は石炭集積所の方に避難した。正午過ぎ、すさまじい爆発音とともに、部隊本部は、炎と土砂・瓦礫の入り混じった黒煙となって、空高く吹き飛ばされた。

 この時までに、石井四郎部隊長が、飛行機で脱出したことを聞いた。爆破の後であったろうか。部隊の至る所に鼠の大群が出現した。何千何万というおびただしい鼠が、本部奥の方から炎に追われるように押し寄せてきた。裏手の方に散ったものもいたであろうから、もしかすると何十万と言う単位かもしれなかった。地面を縫うように盲滅法(めくらめっぽう)に走り回る鼠の姿に戦慄を覚えたのは、私1人ではなかったであろう。

・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

上田弥太郎供述書(1954年9月3日)

問:陶頼昭地区で行った細菌爆弾演習の状況を明確に述べよ。

答:約30分後、私は爆弾を投下した地点へ戻るよう命じられ、時間が限られているということで培養作業を手伝わされた(爆弾片を試験管に入れ、食塩水50㏄を加えて攪拌した後寒天の上に塗って培養器の中に入れた)。その後また1機の飛行機が到着し、用意してあった培養器を積んで平房へ戻っていった。効果に関しては、当時研究業務についていなかったので詳しくは知らないが、培養器は全て4部1班の孵卵室に運ばれて培養されたということであった。

         (1)119-2、85、1、第5号

 

 

 

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発

3、ドイツ軍の技術を吸収した毒ガス兵器開発

ドイツの科学者から毒ガス技術を吸収

ところで、1926年中には、各種毒ガスの野外実験が実施され、翌27(昭和2)年には新開発の87式防毒面(ガスマスク)を制式化(兵器として正式に採用すること)した。なお、昭和期の日本軍は、兵器に「皇紀」の年をつけて呼称した。例えば、87式防毒面は、「皇紀2587年」=1927年に採用されたことになる。 

 

 ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷

肺ガンの原因は毒ガス

 

 1952年の初夏、1人の30歳代の男性が極度の呼吸困難のため広島医科大学に運ばれて入院し、和田真教授の指導する内科が治療に当たった。救急措置を施したものの、死亡した。病理学研究室による解剖検査の結果、肺ガンに罹っていたことが分かった。当時は、こうした病気に罹る人はまだ少なかったし、こんなに若い肺ガン患者はもっと稀であった。勿論医者たちは、より突っ込んだ研究をすることを望んだ。

              毒ガス工場の焼却

 

 

 

 


日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題



●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

細菌戦ー731部隊の蛮行

 田村良雄(たむらよそお)防疫診療助手 兵長

(略歴〉

1939年5月  元関東軍防疫給水部本部731部隊)に入隊

1943年3月  退職

1944年3月  元関東軍59師団32連隊に現役兵として入隊

1945年8月  元関東軍125師団軍医部兵長

1952年6月  逮捕さる。河北省永年県において

 

本籍地=千葉県長生郡 出身階級=雇農 年齢=34歳

 

 真っ暗な雇傭人室の奥のほうに薄暗い電灯が1つともり、その下に4、5人の作業衣を着た人間が、車座になって何を話しているのか顔を寄せ合っていました。が、私を将校とでも間違えたのか、そばに置いてあった肉エキスの瓶をあわてて床下に隠すと、雇傭人が隊内の『機密』に関する話や、上官の悪口を話している時に不時(ぶじ)の進入者に対処するごまかしのあの手で、大声で笑い始めました。同類の笑い声を聞いて正気に返った私は、中国人に恐れおののいている格好を見られはしなかったかが気にかかり、平静を装おうとしてフーッと太い息を1つすると、落ち着いた声を出そうと気を配りながら、「なんだ、細菌の上前をはねていたのか」と車座のそばに近づいて行きました。

 

2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)



日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!

日本の毒ガス

沖縄・南西諸島が軍事要塞化している現実はおかしくないか??

「琉球処分」から140 今の沖縄を考える


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

 
 
 
・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。

・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!

第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊



第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1
          


金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。

 

●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

1、 生物・化学兵器の開発の歩み

自衛隊員が語る旧軍技術研究

これらの研究その中で、化学戦や化学兵器に関する研究が行なわれていたのは、第6、第8、第9研究所である。

 第6研は中将あるいは少将の所長以下715名で、そのうち高等官が45名で、第1科がガス検知と毒物の合成研究、第2日が防護の研究、第3科が治療衛生の研究、第4科(高岡)が化学剤の研究を担当し、化学戦用ロケット弾、気球等の用具の研究も行っている。

 

 

 

第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身


1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)
            

イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。



 

昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)吉田裕監修 
2001年ピュリッツァー賞受賞

昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
          


第12章大元帥の試練

 
 昭和天皇の不満は次第に具体的で辛らつなものとなり、9月11日、杉山参謀総長との間で次のようなやりとりがあった。 

陛下  ラバウル」には兵団を入れると云ふが西部「ニューギニヤ」には何時何を送るのか入れなければ兵備は薄弱ならずや

杉山   座布団部隊[後方部隊を入れて充分やらせます飛行場設営隊道路構築隊等を入れ爾後兵団[団単位の戦闘部隊を入れます

陛下  「トラク」には入れるね

杉山   52師団の先頭を入れます

陛下     相当敵側としては反攻の気勢があるが,「アンダマン」でコバル」「スマトラ防禦はあれでよいのか

杉山  「アンダマン」「ニコバル」の防衛については成るべく早く防備を進めるとに計画中であります(スマトラ)パレンバン」も取敢ず(とりあえず)の処置は出来ました

                    "
 


731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

海面水位はこれからどうなるか

【図42】のCO₂増加グラフは、ほとんど人が目にしてきただろう。このグラフを見るとCO₂がとてつもなく増加したように感じるが、基線がゼロではないのである。ゼロを基点にしてグラフを描くと【図43】になる。細部を拡大して、世界中を脅してきたトリックの最たるものである。単位はppm、つまり百万分の1である。熱力学を知っていれば、過去半世紀で、空気中の分子の1万粒のうち3粒が4粒に近づいて、それほど地球が激変すると考えることがおかしいと、すぐに気づくべきである。

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子
核兵器禁止条約

署名国と批准した国

2020年2月19日現在の署名国と批准した国[20]。

  

署名国             署名日          批准日 (締約日)

コートジボワール        2017年9月20日

キューバ            2017年9月20日        2018年1月30日

エクアドル           2017年9月20日        2019年9月25日

エルサルバドル         2017年9月20日         2019年1月30日

フィジー            2017年9月20日

ガンビア            2017年9月20日         2018年9月26日

ガーナ             2017年9月20日

グレナダ            2019年9月26日

グアテマラ           2017年9月20日

ギニアビサウ          2018年9月26日

 

 
 
 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について




日本政府・自衛隊は情報を公開せよ!!(情報開示!!)

今年も8月12日がくる──。33年前 520人が犠牲になった日航機墜落、遺物の化学分析で判明した事実とは?

中曽根元総理が知る日航機墜落事故の真実とは?墓場まで発言の真意を調査!

ここの研究所は、どんなことをやっているのだろうか??

国立感染症研究所村山庁舎(武蔵村山)

●1954年3月1日第5福竜丸他1000隻もの船が被曝!核兵器廃絶!!

なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
       
      
原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書



水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!
           
 
 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!