細菌戦の系譜!! 

  中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

    ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   語られなかった戦争 侵略パート1 南京大虐殺

 

 

【日航機墜落事故の真相】

 

日本政府は731部隊の免責の為に、アメリカの原爆威力調査に全面協力する!!

「黒い雨」訴訟 控訴に原告「非常に憤り感じる」(20/08/12)

 

 
 
 
 

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る

 




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??

 

10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より) 


 
 
 
 

 

 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

 

 

第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第5代伝研所長、宮川米次

 

   1935年以降の情報は、私が収集できた「実験医学雑誌」の「消えた雑報」をもとに述べる。

 所長就任の初夏第4性病の発見を目的に背蔭河で200人(マルタ)にも及ぶ生体実験を行っている。このことの詳細は後で明らかにしたい。

 19357月の「所懐」では、今後の伝研のあり方を示唆する重大な発言をしている(雑報、197号)。

「実戦(戦争)には、正攻法と奇襲法がある。1軍を率いるものの最も苦心する所は、正攻をなすこともさることながら、奇襲をいかに上手にやるかにある。それには頭脳の勝れた幕僚が必要である。吾ら科学戦に携わっているものにも、完全に当てはめることはできる。」として細菌戦の体制づくりを指向している。正式に宮川米次が細菌戦について言及したということは、このときすでに平房の工場の建設が開始されていたと考えられ、これは731部隊研究家松村高夫の見解に一致した。

 

 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

細菌戦裁判第1審判決ドキュメント

                                 ー嵐の4日間ー

                                                      中谷真紀子 (大学生)

8月27日午後6時30分~ 相模原南文化センター

来日中の細菌戦被害者と交流会

◆衝撃を受けた、原告らの凄惨な過去

 

午後6時30分、 相模原南文化センターでは、交流会は相模女子大学の吉田教授の司会で進行した。常徳市から来たよ徐万智さんと浙江省衢州市から来た楊大方さんが、市民に対し細菌戦の被害を訴えた。被害の方々の体験談はあまりに悲惨で壮絶で、私は胸が苦しくなった。

 


 

 
 
 

731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

 

 


 

 
 

 

 

 

一月二二日

午前八時四拾分鞍山出発行軍。吹雪寒し。昼食 桜桃園  宿営由伊ジヤロ  異家の夢  亦珍しーー  淋し―

十七世紀か十八世紀時代のうすぐらきカンテラの村 由伊ジヤロの支那人の部屋で此の文を綴る。行軍第一日 南満線首山の奥山間五六里の地点らしいが行く所行く所広々とした野原と山ばかりで譯が分からない。

 午前八時四拾分ラッパの音に足を動かし 鞍山を出て以来此の部落に落ち着く迄ほこりのような吹雪が私の頬を絶えずなぐりつける。横なぐりだからたまない。大きな荷物を持って吹雪を進む隊、丁度帝政時代のカチユウシヤを思い出す 立山首山中間より別れて 鞍山製鉄所の庄(ゆう)山行終鉄道の終点に出て昼食をする。その名は桜桃園 支那部落にしては中々ハイカラな名前だ。この部落で人間至る所青山ありを初めて見た。

 

 

 

 

 

●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月29日(水)

11、平頂山・南京大虐殺等々私は全て事実であると認識しているが、今の日本人の知識の現状からいうと、反中国批判で多くの人が間違った認識をしている。特に安倍政権は排外主義をあおっていると思う。我々は、歴史を正しく、認証せねば。教科書の展示会に行き、育鵬社の中学社会もひどいが、自由社の公民は全くひどく、戦後の人権教育を否定している。

【要望】皆様、ご苦労様、がんばりましょう。

(男性、70代、市内、チラシ及び赤旗

 
 
 
 
 
 
 
 

    

大江健三郎

ヒロシマノート」岩波新書

 

 

挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86ポツダム書店発行)より

 

 このような本を、個人的な話から書き始めるのは、妥当ではないかもしれない。しかし、ここに収めた広島をめぐるエッセイの全ては、僕自身にとっても、また、終始一緒にこの仕事をした編集者の安江良介君にとっても、各々の極めて個人的な内部の奥底にかかわっているものである。したがって僕は、1963年夏の広島に我々が初めて一緒に旅行した時の、2人の個人的な事情について書きとめておきたいのである。僕については、自分の最初の息子が瀕死の状態でガラス箱の中に横たわったまま回復の見込みは全くたたない始末であったし、安江君は、彼の最初の娘を亡くしたところだった。そして、我々ご共通の友人は、彼の日常の課題であった核兵器による世界最終戦争のイメージに押しつぶされた挙句、パリで縊死してしまっていた。我々はお互いに、すっかり打ちのめされていたのである。しかし、ともかく我々は真夏の広島に向かって出発した。あのようにも疲労困憊し憂鬱に黙り込みがちな旅立ちというものを、かつて僕は体験したことがなかった。

 

 

 

 

 日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

 昭和の終焉は、図らずも加害の歴史の封印に亀裂を生じさせたと、私は感じている。昭和天皇の死去の翌年、私は1人の元731隊員からこんな言葉を聞いた。

天皇陛下が亡くなられて魂が抜けてしまったような気がしたが、今なら731部隊で何をしていたか話せる。もう誰にも気兼ねしなくていいような重荷が取れた気分になった」

 戦争を語ることを拒んでいたのではない。部隊長石井四郎の緘口令だけが彼らの口を封していたのではない。細菌戦部隊の体験を告白することが及ぼすやも知れぬ影響に呪縛されていたのだ。「天皇のため、お国のため」と天皇の軍隊の指揮下において行ったその体験は、想像を超える重圧を戦後の彼らにもたらしていたに違いない。「いつ戦犯として引っ立てられるか不安だった」という言葉のひだに、彼らの込み入った煩悶を窺い知る。

 

 

 

・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 

 

 

 

吉房虎雄供述書(1954年8月19日)

問:憲兵隊司令部で高級副官の任にあった際、どのような命令、指示を起草したか。

答:1942年10月から44年8月まで高級副官の任にあった時期、侵略戦争が絶え間なく拡大し続けていたため、私は中国の南部と東南アジアに憲兵約500名を派遣し、また司令官にかわって各憲兵隊長への命令を起草した。このほか、ハルピン憲兵隊から下士官1名派遣して細菌部隊に赴かせ、業務を応援せよとの命令を起草したこともある。在職中、各憲兵隊が細菌戦部隊送りとするために司令官の許可を求めた人数は300人 であった。

 

(1)119―2、35、1、第4号

 

訳注:吉房虎雄氏の「特移扱」に関する証言については、同氏の「特移扱―細菌実験の為の拉致、逮捕―」(中国帰還者連絡会・新読書社編『侵略(中国における日本戦犯の告白)』新読書社、1984年)を参照されたい。

 

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発

 

 

5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開

 

科学動員の本格化

 

 科学者の動員による毒ガス開発の推進

このような状況の中、科学者は毒ガス兵器開発にどのように関わっていたのであろうか。

少し遡ってこの問題を考えてみたい。

 毒ガス研究への科学者の関与は初期の段階から行われており、陸運科学研究所は、大正末期頃から田中芳雄、小松茂、柴田雄次、朝比奈泰彦、牧鋭夫、喜多源逸の6名の科学者から指導を仰ぎ、毒ガス研究の進展に貢献したと久村元中将は記している。(久村種樹「本邦における化学兵器研究初期の沿革」防衛庁技術研究所編『本邦化学兵器技術』)。

 そして、軍が研究テーマとそれに必要な資材・資金などを与えて科学者が研究するという構図が明瞭に現れるのが、1936年6月15日に決定した「特殊技術研究要綱」である。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

埋めるー中国の毒ガス弾に対する処理

 

隠れた災難はなお消えず

 

 

 

 

 

 当時化学部と練習隊があった地域も工場や住宅に取って代わられ、「南大営」という地名だけが戦争の頃の歴史を思い起こさせる。詳しく調べて、高橋さんはようやくに当時の部隊のの旧跡を探し当てたが、すっかり様子が変わっていた。それでも高橋さんは、その当時捨てた毒ガス砲弾のことをまだ気にかけていた。あの場所は市の中心から十数 km しか離れておらず、しかも嫩江は黒竜江省の主要河川であるから、毒ガスが一旦漏れ出すと、どれだけ大きな危険を引き起こすことだろう。もちろん、幸いなことに、嫩江のこの区間では大型の船は通行しないので、ここで浚渫や清掃が行われたことがなく、このためここに捨てられた毒ガス砲弾に接触することもなかった。とはいえ、大きな危険が依然として存在しているのではあるまいか。

 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題

 

●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

焼け火箸ー拷問の挙句に斬首

佐藤五郎
分隊員 上等兵

(旧部隊名)第59師団第109大隊

 

蒋と玉は顔を見合わせたが、農民の背後から両腕を抱き込んだ。金本は農民にまた拳銃を突きつけると、警察署の留置場に連行しろと命令した。2人の警官に押えられ、拳銃を突きつけられ、どうすることもできなく、引き立てられる農民は、何度も何度も立ち止まっては、「鬼子、鬼子、日本鬼子」と叫んで行った。

 

 拳銃の音に穴から這い上がった佐藤1等兵は、「隊長殿、穴の準備終わりました」。青山は思い出したように、「よし、時間だ、こいつの目を隠せ」と、高田と佐藤を見て合図をした。佐藤は素早くこの男に近寄った。 

 

 

 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

第2『衛生学校記事』裁判の問題点と争点

今後、上記①の「金原文庫」(『衛生学校記事』89冊)を衛生学校・彰古館と防衛研究所の移動の真相の解明、上記②の衛生学校図書室の図書原簿の2重線の真相解明から『衛生学校記事』の自衛隊に保管されていることを究明していきます。

 

 

 

 

・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊



 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器

 

1 自衛隊の基本戦略

 

分かりにくい犯人

 

 

 

 しかしながら、これらの事実は真実であり、無視したりごまかしたりすることのできないものである。

 

 次々と開発される強力な兵器は、通常の知識と軍事的、物理的な兵器の破壊力及び殺傷効果との間を気が遠くなるほど引き離してしまうものである。例えばごく少量の放射性物質や化学剤を上水道の源に混入しておくだけでその殺戮効果は、何百万人にも及ぶということが可能である。

 

 

 

 

 

 

 



昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

ルーズベルト大統領とチャーチル首相は、抽象的なスローガンに頼つて戦争を続けてきた。第一次世界大戦後、ドイツ帝国に対する戦後処理の過ちを反省したためである。しかし、何よりも高まる国内の愛国熱を維持しながら、同時に反枢軸戦争のための国際的な協調を維持してゆかねばならなかった。対日戦争勃発から最初の1年が過ぎると、戦争目的に「無条件降伏」という言葉が登場した。戦争終結のための交渉はしないという方針は、ファシスト国家を倒壊させて新たな非ファシズム体制に代えることを目的としていた。軍事占領と戦後の政治的、社会的改革が目標であり、つねにこのふたつは一緒でなければならなかった。ファシズム軍国主義の思想は完全に根絶しなければならず、征服された国家は占領下の民主化により平和を愛好する資本主義社会として再生させられるのである。

 

                    

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

ヒートアイランドと熱帯夜

 

 

 

 

 

 

 さて、ヒートアイランドという語感から受ける印象から、みな真夏の暑い時期に起こるものだと思っているが、これがまた間違いなのである。日本の報道機関の本拠地がほとんど夏に猛暑に襲われる東京と大阪にある。このアナウンサーやキャスター達は自分たちが自動車やエアコンで都会を熱していることを忘れて猛暑ニュースを煽り、また膨大な人口が首都圏と関西圏と中部経済圏に集中しているので、皆そう思っているが、これは夏だけに発生する現象ではない。月平均値の気温上昇率の高いワースト10を【図55】と【図57】に示してあるか、この2つのグラフは、冬1月と夏8月を同じスケールで示したものである。

 

 

●核実験(ウキペディアより)

 


若くして白血病で亡くなった夏目雅子本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 

核兵器禁止条約

署名国と批准した国

 ナミビア

2017年12月8日

2020年3月20日

 ナウル

2019年11月22日

 

 ネパール

2017年9月20日

 

 ニュージーランド

2017年9月20日

2018年7月31日

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       

 
 
 
 

 

 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!