細菌戦の系譜!! 

中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

 

 



隠された毒ガス兵器

 
小津安二郎も毒ガス部隊だった

『従軍日記』 小津安二郎

 

 

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           

※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

 

  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    関東大震災と朝鮮人虐殺「なかった」ことにしたい集会、誰が参加するの か?   

                   

 

    歴史改ざん(「風を読む」)

 

           被服支廠キャンペナーズと喋ろう
 
                 【日航機墜落事故の真相】

 

 

 

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る

 




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??

 

10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)



 

 

 

 

 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

 

NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日

 

 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)


 

 

 

第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報


狂気の医学

 

この宿題報告の司会は京大教授鳥潟隆三(京大、1904年卒)が行い、この発表に参加者全員狂気し起立して拍手喝采を送った。ところがなぜか小澤凱夫が「日本外科学会雑誌」に掲載したのは約4年後で、症例数も7例になっていた。ふつう宿題報告は、同時に雑誌にも掲載される。

 『結核のあゆみ』(結核予防会)の中で岡西順二郎は、1938年(昭和13年)には小澤凱夫が4例の肺切除術を報告したと書いていた。例とは人のことをいう。つまり実験動物が家兎ではなく人間であることを認めている。

 家兎の体重を20倍すれば人の体重になる。宮川米次のいう日本独自の医学とは「中国人を実験動物として犠牲  にし、確立した医学(生体実験医学)」としか言いようがない。

 1940年6月1日には、予定どおり伝染病研究所42周年記念式典が午前11時から行われており(雑報、24巻6号)、宮川の式辞は、雑報247号に掲載されたはずである。ところが、雑報、247号では、学術集談会と学友会の寄付の記事しか掲載されていない。非常に不自然である。

 

 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)

 

原告団弁護団の記者会見

   まず被告である日本政府側は、細菌戦の事実に関しては、あやふやな態度をとり、またハーグ条約は個人の賠償請求権を認めていない、しかも国家賠償法以前のことについて、賠償責任を負わないとの出張であった。また日本政府の隠蔽行為に関しては、日本政府側は、法律上、日本政府が原告に事実情況を報告する義務はないと弁解した。

 そして裁判所の判決も、殆ど被告側の主張の通りで、判決の理由も、他の民間賠償敗訴の理由と大体同じで、新しい根拠に基づくものではなかった。

 王選さんの話によると、今回の判決の評価すべき点は、裁判所が初めて細菌戦の事実を認めたことであるという。しかしながら同時に、論理上では自己矛盾の結果になったという。つまり裁判所は犯罪事実を認定したにも関わらず、謝罪・賠償する必要はないという判断をくだしたのである。王選さんは日本政府の細菌戦に対する隠蔽行為には違法性があり、被害者救済を怠っていることが、立法不作為に当たると述べた。

 

 

 


 

731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

 

二月十日

 外は寒そうだ。水仕事をして午後は六時半で一日を終わる。

なんだか変わった生活を始めたようで面白い。将校の方は閉口だ。講話に々々-将棋をやったり碁を指したりする暇は十分ある。今日も島井相手に呑気な時間が続く。この割合で 一週間が過ぎれば休暇のようだ。

 窓から見れば練兵場の陣地の方には 検閲を目前にした初年兵が飛んだり伏せたり飛んだり伏せたり。私の一期間もあの通りだった。本当に辛かった。その時のことが目の前に飛んだ。早く切り上げてやればよいのに。

 

●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 5.大変充実していて、時間が足りませんでした。ありがとうございます。

(女性、20代、市内、ウェブ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

大江健三郎

ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 

 


 
挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86ポツダム書店発行)より

 

1  広島への最初の旅

 

 

 

 

 

 彼らに口汚く罵倒された横須賀の理事と僕は窓の向こうのバルコンに出て行く。彼の声が懇談会で封じられてしまう以上、彼の意見を聞くためにはその他に方法がない。彼は言う。≪60回常任理事会は意見の不一致があってもそのまま世界大会を開こうと定めたのに、それが無視されている。不一致を、欺瞞の文章で統一したように見せかけて大会を開くとしたら、それはだめじゃないか。これからは平和運動を日共や総評、社会党に頼らないで進めようという気持ちが、一番下の現場の人間には出てきていますよ。原水協が空中分解してゆくにしても、明るさを失わないで運動を進めてゆくのは彼らなんだ≫。彼は焦燥している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行

 

Ⅰ 731部隊

 

ノミの大量生産

細菌の毒力試験の生体実験を行った

 

篠塚良雄

731部隊・少年隊

 

 

陸軍防疫研究室

 

 

 この人骨の出た場所についてもっと詳しく言うと、済生会病院陸軍軍医学校、防疫研究室(門を入ってからから一番奥にあった)が共存しているような場所であり、これらの入口になっていた通用門は1つでした。戸山町の清源寺の庫裏に私は同期の者30名くらいと下宿させられ、そこから陸軍軍医学校防疫研究室へ1ヵ月余り通って教育を受けました。

 後にわかったことですが、この防疫研究室は石井四郎(当時軍医学校教官)が1932(昭和7)年に作り、細菌戦の研究を始めたところです。当時私たちは入ったばかりで、そのような極悪非道な犯罪を行う司令部の役割を果たしている場所だということは分かりませんでした。ただ濾水機(水をこす道具)の濾過管の検定や初歩的な細菌の培養、培地の作り方を見たり習っただけでしたから、ここは衛生部隊でそう骨の折れない部隊だろうぐらいに思っていたのです。

 

 



 


 

 

 

 

 ・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 

 

 

長沼節二供述書(1954年9月11日)

 

問:大連憲兵特高係思想対策班で班員及び第2班長であった期間に、どんな犯罪行為を犯したか。

答:1943年10月初め、私は逮捕班長として、部下を指揮し、大連市黒石礁在住の抗日工作員沈得龍を逮捕した。同年10月中旬、憲兵5人を指揮して瀋陽に赴き、李忠善を逮捕、また天津に赴いて王耀軒ほか1名を逮捕した。その後、大連憲兵隊長白浜中佐の命令により、前記の4名を石井部隊に送った。

(1)119-2、859,1、第4号

 

 

 

 

 

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発

 

 

 

 6 日本海軍の毒ガス研究

 

海軍毒ガス兵器の種類と用法

 

これは戦争末期の方針と思われるが、毒ガスと「人道的」な問題を意識していること、また、局地的な毒ガス使用は「黙殺」するとしているが、これは日本軍が毒ガスで反撃した場合、圧倒的に強力な毒ガス戦力をもつアメリカ軍が本格的な毒ガス戦に踏み切るきっかけになることを恐れていたからである。また、毒ガスの使用は大本営の特別命令によること、報復用として準備した毒ガス爆弾は分散保管していたことがわかる。そして相模海軍工廠アメリカフンの空襲が憂慮されたので、1944(昭和19)年に疎開をはじめ、福島県錦・東京都多摩・長野県上田に疎開工場を準備したが、これが整わないうちに日本の敗戦を迎えることになる。

 

 


 


 
 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

 

苦しかった過去を回顧する、忘れ難い調査

 

1950年8月、崔先生がいた黒竜江省1師範学校チチハル)の、校舎の建築現場で労働者が地下から2つの大きなドラム缶を掘り出した。見たところこのドラム缶は普通とは違っていた。缶の上面は平ではなく端が高くなって凹型をなし、3つのネジの付いた口がある。労働者たちは「何だろう?」と、ネジを回して蓋を開けた。この時、1種の独特な臭いがしたが、崔先生は当時の芥子のような臭いと、薄い黄色の液体であったことを記憶していた。

 私はこの時、大久野島の資料館から持ってきた写真をお見せした。崔先生はすぐに

「そうだ!こんなようだ」とつぶやきながら、

「労働者の1人が、これは酒だろうと思って1口飲んだが、すぐに『これは違う』と言ったが、既に遅かった。私はその時そこにいたのだが、化学の教師ではあったがその時は何だかわからなかったから、指でその液体を手の甲に塗ってみた。だが、異常に気付いて、急いで手を洗ったが間に合わず、2時間の後には全身から汗が吹き出し、手や腕から赤くなりはじめ、6時間後には痛みがだんだんひどくなるだけでなく大きな水泡ができた。私は家の者に影響するのを恐れてその日は家に帰らず、学校で資料を調べて、自分が触れたのは毒液であると分かり、これはきっと聞いたことのあるマスタード毒液だろうと判断した」

 

 


 
 
 

 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題

 

●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

糧穀の略奪

冷酷非情な取り立て

 

引地 章(ひきじあきら)

警察署長 警正

(略歴)

学歴 高等小学校卒業

所属 旧満国 図們警察署

年齢 54歳

 

 県の工作班長らは、農民の事情はよく知っているが責任を自分で負いたくない、そうかといって警察を入れるということは極力避けたいという下心であった。短気な引地は、我慢ができなかったので、独断で検索開始を命じてしまった。百余名の検索隊と現地の警察、自衛団を加えた12ヵ班は各地に配置された。村公署のある永発地には2ヵ班の検索隊を入れ、そして引地は、この検索隊について村落を駆け巡ったのである。

  

 

 

 

 

 

 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

 

第4 私達の情報公開裁判闘争の目的

 ところで日本は19519月に締結されたサンフランシスコ対日講和条約に基づいて翌19524月に“主権回復”。その後同年中に「保安隊」が設立され、2年後の1954年に「自衛隊」が発足しました。その自衛隊は、発足当初から旧日本軍の731部隊の元幹部隊員を自衛隊に入れて細菌戦部隊が持っていた技術や知見を秘密裏に軍事情報として積極的に収集しました。

 

 

 

DEMO RESE TV「731部隊の真実part1」

 


 

 

・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判は(第16回)東京地裁?号法廷(未定)は

12月16日(水)11:00~になりました。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。


Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器

 

二 生物・化学兵器と階級的視点

 

生物・化学兵器の効果についての報告書(大要)

1969年7月2日

新発見により脅威増大

1、生物・化学戦争の問題についての関心が再び高まったことは簡単に認めることが出来る。化学及び生物学の進歩は人類の幸福に貢献する半面、生物・化学兵器開発の可能性への道を開いた。これらの兵器は人類の将来を危うくすることが可能であり、数多くの国々がその開発、完成、製造、貯蔵を推進する限り、危険な状況は続くだろう。

 

 

 

 

 



昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

 豊田軍令部総長の手記によると、鈴木首相が広島への原爆投下、ソ連の参戦について構成員に話をした後、米内海軍大臣が最初に発言し、4条件という問題の枠組みを提案した。

「黙っていても仕様がない〔鈴木首相発言後、「数分間重苦しい沈黙」が続いていた〕、ポツダム宣言受諾ということになればただ無条件で鵜呑みしてしまうか、それとも何か此方から希望条件を提示するか何れかになるだろうが、もし希望条件を附するとなれば審議の対象となるのはこんな処ではあるまいかといって示したのが、第1に国体の護持、以下ポツダム宣言の中にある主要事項で、戦争犯罪人の処罰、武装解除の方法、占領軍の進駐問題である」。こうして、ポツダム宣言のなかで彼らが不明確と考える点が抜き出され、これが議論の土台となった。   

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

 

最悪の地球加熱装置

原子力発電所

 

 

自然破壊の実態

 

 

 しかも食用油、石鹸などに利用されてきたパーム油が、今度はインドネシア政府によって、その収穫量の40%を自動車用バイオ燃料に振り向ける計画が進められている。これは、まさしくガソリンを標的とした二酸化炭素温暖化説による自然破壊のシンボルである。マーガリンの原料となるナタネ油もまた、ヨーロッパ政府の手厚い補助を受けるバイオディーゼルに奪われつつある。バイオ燃料は、今南米各国の樹木伐採の恰好の口実に悪用されている。自動車を動かすため、サトウキビなど動物飼料が失われるという現実に手を貸しているのが、二酸化炭素温暖化論者の立派な環境保護運動だ。 

 

 

  

 

 


 

 

※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリートアスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 

 

 

核実験の探知

東西冷戦中には、アメリカ合衆国が地下核実験の探知を目的として世界中に地震計を設置した。おもにソビエト連邦が実施した地下核実験によって生じる地震波をとらえた。いっぽう、核実験実施国も自然地震と見せかけるために巧妙な核実験を行った。たとえば爆弾を並べて短時間に順に爆発させていき断層破壊と偽ったり、2発の爆弾を短時間に続けて爆発させ自然地震特有のpP波に似た波を発生させたりしていた。

このような経緯で設置された地震計は、現在では純粋に地震学の分野で大きく活用されている(たとえば地震波トモグラフィー)。

なお、地震計による核実験探知については、ブルース・A・ボルト著『地下核実験探知』に詳しく記してある。

 

 



       
 

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!

 

 

 
 

 

 

 

 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!