細菌戦の系譜!!

            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「スパイの妻」と731部隊(2021 10 16加藤講演第2回)

川崎の徴用工 故・金景錫の闘い お話:梓澤和幸弁護士
2021 9 25加藤講演第1回目
絶望的な核開発!!
トラウマ
●毒ガスの歴史(フリッツ・ハーバー)

●溥儀(「満洲国」皇帝の生涯)

●2021 9 17 浅井基文講演

 

 

『BCGと人体実験』 美馬聡昭著

731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

対話前に政治犯解放を 民主派「首相」が訴え―ミャンマー

米中の生物兵器開発?

20201107 UPLAN 西里扶甬子「生物戦部隊731研究の現在地~今を生きる日本人が知るべきこと」

 







原告たちのあまりに理不尽な被害

『JUSTICE 中国人戦後補償裁判の記録』(中国人戦争被害賠償請求事件弁護団 編著、高文研)評者:根岸恵子

 

 

         昭和への挽歌   野崎忠郎
 
                 


 



 
自衛隊における731部隊の記述

「部外秘 参考資料 CBR講習資料」11頁 作成日時不詳 陸上幕僚監部化学科より

d旧日本軍の細菌戦活動

旧日本軍の石井部隊は又の名を関東軍防疫、給水、731部隊、加茂部隊、特25204部隊と呼ばれた。細菌戦闘専門の特殊部隊であった。隊の設立は昭和6(1931)年で満州の研究所完成は昭和10(1935)年である。日本軍細菌戦部隊の本拠は満州ハルビン郊外濱江省(ひんこうしょう)双城県平房の4階建近代建築でその中で遮断隔離の生活をしていた。設備は爆撃機(細菌撒布用)10機、1000kwタービン発電機2台である。この本部の元に、孫呉、海拉爾(ハイラル)、牡丹江、林口、大連の5支部があり、大連のものは大連研究所または松林機関とも言われていた。他の部課は細菌の攻撃方法、容器散布方法、防疫問題を研究していた。最も力を入れたのはヒタツリ菌(注:脾脱疽菌)であった。この菌を粉末にして榴散弾の70g位の鉛製弾子に混ぜ、これを砲弾内に詰め、炸薬が爆発すると弾子が飛散して人馬に感染さすようになっている。実験場所は731部隊研究所から北に300(?)㎞ばかりのアンダ飛行場を使用した。そして砲弾が爆発しても菌の40%は生きていること及び培養器に飛ばされた菌は確実に付着する事、負傷者は発病することが確認されている。1938年中国廬山の戦闘で日本軍が毒ガス、ホスゲンを使用したという2,3の細菌記録がある。この記録を持つ731部隊は1945年8月9日午前6時ハルビンの工兵、歩兵、砲兵によって徹底的に破壊され付属設備は地上から姿を消した。ソ連の対日参戦による退却の結果である」

 

長岡大学 研究論叢 第16号より(2018年8月)

・・・731部隊に関する概要が正確に記述されており、更に1938年に毒ガスを作戦で使用したことまで記している。これは化学学校の教育部長が、特殊課程の学生に講義した内容である。内容は事実であると確認して行ったと考えるほかはない。戦後自衛隊731部隊の実態とその活動を把握した上で、何ら反省することなく自衛官に「教育」してきたのである。また教科書裁判では日本政府は長きにわたり731部隊の活動の事実認定さえ回避してきたが、陸上自衛隊の内部教育資料にも明記されるほど、自衛隊幹部周知の事実だったのであり、日本政府は一貫して内外に虚偽の主張をしてきたと言える。

 

『日本医学百年史』1957年1月1日の731部隊の記述

 

日本医学界では731部隊の反省は戦後全くなされていないが、以下の書に731の記述が記されている。
『日本医学百年史』第4章 戦時体制下の医学 全体主義思想p236

 

「このようにして日本の医師の戦争政策への積極的な協力が行われていったのであるが、直接的な戦闘行為への協力の中で極めて非人道的な、目を覆わざるを得ないものに、細菌戦の準備があった。細菌戦の準備と実行を持った特殊部隊は、昭和10年(1935)夏、石井四郎を部隊長に満洲で編成され「関東軍防疫給水部」と称せられた。

昭和17年頃に「第731部隊」に昇格し、その研究、実験、製造は急に活発になった。(昭和14年ノモンハン事件に参加し、感状をもらっている)この部隊は細菌の製造、兵器としての細菌の利用、人体実験等を行い、施設として、常備爆撃機10機、1000kw発電機2台、隊員及び家族約6000名、年間研究費予算8000千円以上と言われている。

勿論、この部隊に多くの医学者が参加した。このことから、科学者としての責任の問題と同時に戦争責任が問題になってくる。

 

 細菌戦準備への医学者の参加は、戦争責任の最も極端な場合として提起したわけであるが、このことの深い反省の上に戦後の再建も始められる必要があったし、現在でもなお問題とされねばならない。」

 

 
第3章 生物戦の愚かな第1歩は、日本の731部隊からはじまった
 

 

 

 
 

731部隊の史実を語り継ぐ連続学習会第1回

 

731部隊と人権ー裁判から考える

731部隊の史実を語り継ぐ連続学習会第2回

 

 
パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」
      医学と人権を考える―
 
生物・化学兵器の効果についての報告書(大要)
1969年7月2日(国連:ウ・タント事務総長)

環境への影響予測不能

1、これらの兵器の生産が効果的かつ無条件に禁止されたならば軍備競争の勢いは明らかに弱まるであろう。多数の人命を奪うこうした兵器の使用は、1925年のジュネーブ議定書、最近では国連総会の決議など国際的な合意によって既に非難され、禁じられている。もし、戦争を目的とした化学薬品、細菌の開発、製造、貯蔵がなくなり、すべての兵器庫からそうしたものが消えうせれば効果的な国際管理のもとでの一般完全軍縮、ひいては世界平和への展望は大いに明るいものとなろう。

 
 
 
 

隠された毒ガス兵器

 
小津安二郎も毒ガス部隊だった
 

『従軍日記』 小津安二郎

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も
続く歴史改ざん!! 
    

※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

 

「公文書管理を考える」(4) 磯田道史・国際日本文化研究センター准教授

 

  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

歴史改ざん(「風を読む」)

 

     

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


日本政府は、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に、立ち向かうべきだ!!

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置

 

 

 

 
 
 
 

 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

 

NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日

 

 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

東大伝研とは戦前、どんなことをやっていた機関なのか?

1929年12月24日~1930年1月4日、長與又郎、1930年4月22日~?宮川米次、1930年4月23日~?宮川の娘婿の岡西順次郎が中国へ出張しているが

何をやっていたのか?宮川の支那漫談とはどんな内容なのか?

 

実験医学雑誌第17巻雑報

17巻6号(1933年)

学術集談会開催

5月25日午後1時から所内講堂で学術集談会が開催された。

尚細谷博士の実験的「ジフテリー」麻痺の研究報告には

宮川教授、西沢博士から質問が出るなど一般聴衆の興味を

引いた。当日の演題は次の通りである。

1、2塩基脂肪酸類の殺菌作用   鉄本総吾君

2、実験的「ジフテリー」麻痺について(第1報)

                 細谷省吾君

                 小沢英作君

                 田中哲之助君

3、肺炎球菌とその免疫血清について(総説)

                 西沢行蔵君

4、パウシ、ロン会社光学機械製造工程の映画

 

学友会へ寄付金

金2百円也            平井正民君  

 

 

 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

 

 

第6部

資料・731部隊細菌戦裁判

第1審判決全文

第5 当裁判所の判断

4、日本民法に基づく損害賠償請求について(争点4)

(2)そこで、司法裁判所における裁判規範となる民法についてみると、明治21年に起草されたボアソナード民法草案393条は、「主人及び棟梁、工業及び運送の起作人又はその他のもの、公け及び私の管理所は彼らの僕婢、職工、傭員又は使用人により引き起こされたる損害の責に任すべくある、彼らに委託せられてある所の職務の執行において又はその効果において」と定めていた。ポアソナードによれば、同条は公権力の行使による損害についても国に責任を認める趣旨のものであった。ところが、このボアソナード民法草案393条の国家責任規定は、明治23年4月21日に公布された旧民法財産編(明治23年法律28号。ただし、周知の通り、この旧民法は施工されないまま廃止された)373条においては削除され、同条は「主人、親方又は工事、運送等の営業人もしくは全ての委託者はその雇員、使用人、職工又は受任者が受任の職務を行う為又は之を行うに際して加えたる損害につき其責に任す」と規定するに至った。この間の経緯について、旧民法の立案過程に参加した井上毅は、旧民法公布の翌年に発表した論文「民法初稿第373条に対する意見」で、公権力の行使による権利侵害について損害賠償を認めると行政機関の機能に支障が生じることを理由として、旧民法373条が行政権による公権力の行使に起因する損害賠償責任を否定する趣旨である旨を述べている。

 

 

 
 
731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦


 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 日本の中国東北侵略から90年

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

「1931」斉藤準太郎の日記

 

 
二月二十二日
日曜日なり 午前七時起床すれども胸痛し 一日寝たり起きたり 外の春らしさとともに 中も春らしき日曜 零下五度
朝から床の中だ。戦友たちが来て悪戯する やりきれない。痛む胸をおさえながら入浴にゆく。大きな声で歌をうたったり寝たり 何をなすことなしに一日終える。
夜、久しぶりに初年兵とともに握銃演習をする。なかなか骨が折れる。酒保に行来たけれど一銭もなし。
 
 
然しー酒保行き、武田と中島に奢ってもらい腹いっぱい食べた。寝る時になって此の寝台の狭い中に大きな河口が来た。動きもできない位にして二人で寝た。中島は隣で寝ている。軍隊の生活を無視したようなやり方だ。然しこの愉快さはまた格別だろう。
 
 
 
軍都広島での物語

大江健三郎

ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86ポツダム書店発行)より

 

エピローグ 広島から・・・・・


 

 

この4月、僕は被団協の原爆被災体験資料収集と出版の事業に対して知識人による協力委員会の結成を呼びかける、一通の手紙を書いた。それは次の文章である。

≪・・・一般に、1人の知識人が、個人的に、その書斎の中で、自分自身と人類の運命について考えようとすれば、彼は常に、20年前、現実に原爆を体験した人々について思い出さざるを得ないはずです。そして、彼の個人的な志が、そのまま被爆者たちの志に繋がるような、そうした方向はないものかと考えるはずであろうと思います。

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

原爆初動調査 隠された真実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行

 

 

Ⅱ 関連部隊・支部

南京でもやっていた人体実験

血管が切ると心臓からものすごい勢いで血が・・・・

松本博

1644部隊

経歴

1926年生まれ

1943年中支那派遣軍防疫給水部栄1644部隊配属

この証言は1995年6月、8月、11月の聞き取りをまとめたもの。

 

 

全採血

一番嫌だったのは、細菌感染させた数日後、“マルタ”の体から血を全部抜き取る全採血でした。採血には、軍医の他に私ら担当の監視と監視所の者と軍医が連れてきた兵隊が立ち会いました。私は採血される“マルタ”を“ロツ”から出して、目隠しをしました。黒い頭巾のような袋を頭にスッポリかぶせるのです。服は着せません。裸のまま隣の処置室に連れて行くのです。それまでもこのようにして連れ出された“マルタ”は1人として部屋には戻りませんでしたから、連れ出される“マルタ”は同室の“マルタ”に、「スラ―!」(殺される!)とつぶやいていました。殺されることが分かっていたのでしょう。処置室まで“マルタ”は自分で歩いて行きました。警備の者は短い銃に短剣をさしていましたから、逆らいませんでした。 

 
 
 
 

 

 

●証言

生体解剖(旧日本軍の戦争犯罪

中央档案館

中国第2歴史档案館

吉林省社会科学院編

 

江田憲司

兒島俊郎

古川万太郎編訳






Ⅰ東北

 

2 華北

2 河南

 

野田実自筆供述書(1954年7月31日)

この時八路軍工作員はまだ生きていたので、秘密保持のため森下に注射器で静脈内に空気を注入するよう命じた。森下は5ccの注射器を使って左肘関節の内側の静脈に約10ccの空気を注入したが、変化が起きなかったので、私は森下に今度は20cc の注射器を用いるように命令した。私は空気の注入がいささか難しく思われたので、自ら注射器をとり、全力で円筒を押し入れて10ccの空気を注入した。八路軍工作員の心臓は先ほどまで「ド、ド」という音を立てていたが、この時一瞬のうちに呼吸が止まり、私は彼の胸に手を当てて、鼓動が完全に止まっていることを再度確認した。こうして彼は惨殺された。私は八路軍工作員に生体解剖を施して惨殺した指揮者・実行者であり、責任は逃れられない。

 私の当時の職務と階級は、旧第117師団野戦病院附・外科主任・軍医中尉であった。

(1)119ー2、901、1、第5号

訳注:野田氏の河南省に関する証言については、同氏の「太行の麓をしのんでー生体解剖ー」【中国帰還者連絡会・新読書社編『侵略(中国における日本戦犯の告白)』新読書社、1984年】を参照されたい。尚、本文中に「軍医中尉新田林」とあるのは、氏の回想では「新田」となっている。 

 
 
 

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

第6章 アジア太平洋戦争期の毒ガス戦

4 毒ガス戦をめぐる 日米の確執 アメリカ軍の毒ガス戦論計画と日本軍

 

アメリカ軍の対日毒ガス戦計画

 

連合軍の攻勢が次第に日本本土に近づくにつれて、アメリカ軍では大規模先制的な毒ガス戦計画を具体化させていった。吉見氏によれば、アメリカ軍は1944年4月から日本への毒ガス戦を本格的に検討し始め、ドイツ降伏(45年5月7日)後の45年6月19日に、オリンピック作戦(九州上陸作戦)開始予定日の45年11月1日を毒ガス戦準備完了日とする方針が統合参謀本部で承認された。計画では、兵士の損害を抑えるために上陸作戦直前での使用を想定し、九州各地のほか東京・大阪などの大都市を標的として航空機によるイペリットホスゲンの大規模使用によって軽く500万人が死亡すると推定している(吉見義明「米国の日本殲滅『毒ガス作戦』の全容」及び同『毒ガス戦と日本軍』 )。

 
 
 
 
 

 
 

・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

 

第7章 残虐な毒ガス戦

 

動かしようのない事実

 

 

江西南昌作戦(1939.3.17~29)

  塗家埠方面では、日本軍第101師団の一部が、塗家埠対岸の山麓への4回連続の攻撃が失敗したあと毒剤を放出、中国軍の一部が被毒した。8,9日に及ぶ激戦の後なお、日本軍は目的を達成できずにいたが、後に国民党軍左翼の敗退により自動的に陣地を移した。

 日本軍の西進を食い止めるため、国民党軍は急遽102師団(柏輝章)を派遣して、南昌から大城奉新にいたる新しい幹線道路の守備にあたった。だが、守備につくと同時に日本軍の攻撃にあい、豊城に撤退したので、奉新方面の日本軍は南昌近郊へと進軍して来た。27日、国民党第32軍の一部及び南京警備部隊は、敵の101師団及び106師団の一部と南京において激しい市街戦を展開、国民党軍に死傷者が多数出て、持ちこたえられず、同日夜、南昌を放棄し、その東郊に転身した。

 

加害の歴史」北九州市の毒ガス工場 第二次世界大戦で旧陸軍が使用



 



 
 
 

 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


 

 

 

 

●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

核時代39年(1984年)5月初版発行

 

日本鬼子(リーベンクイズ)

処刑

抵抗する捕虜を始末する

川田孝

伍長

〈略歴)

本籍地  東京都足立区

出身階級 労働者

尋常高等小学校卒業

職業   綿花卸商店員

所属部隊名 第59師団53旅団独歩43大隊機関銃中隊

被捕年月日場所 1945年8月22日朝鮮興南

年齢   37歳

 

「ハハ・・・いい気持ちだろう」私は高笑いした。先日の朝、欠け茶碗にチョボッと塩ののった高粱を「飯だ」と言って、私は彼の鼻先に突き出した。

「いらない」彼は横を向いた。

「何ッ、ありがたくいただくんだ」私は高粱を鼻に押し付けた。

「俺達が作った高粱だ・・・俺を殺すまでの命つなぎの飯はいらない」

茶碗を投げつけようと振り上げた私の手を、彼は冷ややかに見て言った。

「ウヌッ」私は夢中で銃架に駆けた。ハッと気づいた時、彼は石段を一挙に4,5段も飛び上がっていた。

「ワーッ、逃げた!」仰天した私はわめきながら後を追った。門のところで憲兵と向かい合っている所に、ようやく追いついた。私は留置場に引きずり込んで手錠足枷をした上に帯革で彼を散々殴りつけたのである。殴るたびに「ウーン、ウーン」と歯を食いしばるのを見て快感を覚え、ますます激しく殴った。

 
 
 

 

2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 

 

 

    

 

 

    

日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


 

 

 

在日米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)で米陸軍が化学、生物、放射線、核(CBRN)の対応訓練を予定していることに対し、厚木基地爆音防止期成同盟(爆同)など関連4団体が4日、同基地正門前で抗議集会を開き、訓練の中止を訴えた。

 訓練実施は1月28日に、日米合同委員会で合意。防衛省南関東防衛局が大和、綾瀬市に連絡した内容によると、訓練場所は、同基地を共同使用する海上自衛隊が管理する区域内にある滑走路南端の約2万平方メートル。今月5日から9月30日まで使用することで合意した。

 米側は訓練への参加部隊に関し米本土所属と説明しているが、参加人員や日程については知らせていない。危険物の持ち込みや騒音の発生はないなどの情報提供にとどまっている。

 CBRNへの対応訓練は同基地で過去に例がなく、周辺住民に不安が広がっている。

 今月4日には同基地正門前に爆同など住民団体から約60人が集まり「危険な訓練をやめろ」などと声を上げた。爆同の石郷岡忠男委員長は「昨秋には迎撃ミサイル訓練があった。米空母艦載機部隊の移駐後に空いた施設を使った新たな訓練場になることを危惧している」と強調。基地司令官宛てに、基地の機能強化につながる運用などに抗議する要請書を提出した。

 
*CBRNとはchemical weapon:化学兵器、biological weapon:生物兵器、radiation:放射能物質、nuclear weapon:核兵器を意味する。従来はCBRだけで用いられることが多かったが、近年は核兵器Nを加えてCBRN(日本語ではシーバーンと発音する)として用いることが多くなっている。
 

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

- 731 部隊関連資料の情報公開裁判の傍聴支援をお願いします ー 
 
5 人の証人(防衛省職員)が認められ以下の日程で証人尋問を行います。
 ・12 月 20 日(月)午後 2 時
 ・1 月 14 日(金)午後?時
 ・1 月 24 日(月)午後?時
■ 第 20 回『化学学校記事』情報公開裁判:11 月 10 日(水)11 時~703 号法廷
 
 
◎「衛生学校記事」「化学学校記事」その他自衛隊に関する

情報をお持ちの方は下記のアドレスまでご連絡ください。

 

連絡先:exhibition731@yahoo.co.jp

 

日本の国家機密』(現代評論社刊 1972年初版発行)

            藤井治夫著

第3章 秘密保全の機構と体制

2 軍事警察とスパイ機関

戦後の弾圧事例

(2)そのころ、ある米軍基地で撮影禁上の標札があるのに基地内を撮影した者がMPに検挙された。しかし撮影対象が一般通行人の目撃しうるものであったので「公になっていないもの」に該当しないとして不起訴となった。

(3)同年8月ごろ、レストランで日本人と米軍将校が雑談中、たまたま同将校が米軍機の性能について語り出したため、居合わせたMPが将校を逮捕、日本人も警察の取調べを受けた。日本人は相手米軍人が偶然話し出したと弁解し、これが認められて不起訴となった。

 

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊

 

 

 

 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

 

「化学学校記事」

BC兵器』 久保綾三著(1969年)

1、生物・化学兵器を告発する

国連の告発

ウ・タント報告書

「生物・化学兵器の効果についての報告書」は、①化学・生物兵器戦争の基本的政策、②これらの兵器が軍隊及び民間人に及ぼす影響、③これらの兵器の使用に影響する環境的要素、④化学・生物戦争の人間の健康及びその環境との関係に及ぼす長期的効果、⑤化学・生物兵器及び運搬手段の開発・取得・使用をめぐる経済上、安全保障上の意義、の5章からなっており、化学兵器については多くのページが神経ガス剤に当てられている。

 

 即ち、①神経性ガスG剤(サリン、ソマン)②神経性ガスV剤、③びらん剤(マスタード)、④窒息剤(ホスゲン)、⑤血液剤(青酸ガス)、⑥毒素(ボツリヌス菌)、からLSDなど戦意喪失用の幻覚剤。

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

 

 

昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



4部 内省なきその人生

1945(昭和20)年―1989(昭和64) 年

 

第十七章  静穏な晩年と昭和の遺産

 彼には何が残されているのか。国務大臣からの内密の報告と、法秩序に関する警視総監と都知事の年末報告だけだった。どちらも憲法によって規定されたものではなく、いつでも取りやめることができた。1950年代後半に政治的対立が拡大すると、天皇には、有力政治家が憲法上の「象徴」としての制約があることに頓着せず、自分に助言を求め報告を続けてくれることをただ念ずるしか道はなくなった。

 政治的混乱は、吉田の後継者で、経済的独立に加え、(早すぎて達成されなかったが)政治的自立も目指した71歳の鳩山一郎内閣のときに始まった。彼が最初に組閣した54年12月10日、戦犯裁判で有罪になった外相重光葵天皇に報告のため皇居に赴いた。生来の保守主義者で、進取の気性に富む野心家の重光は、1930年代末にはアジアにおける「新秩序」と天皇親政を唱えていた。獄中に5年過ごしても、新秩序実現の理論構想への彼の熱意は変わらなかった。天皇の忠実な臣下という強固な自己認識も、天皇は権力のはざまにあって、旧憲法下と同様になお国務大臣に仕えられているとの信念も変わらなかった。

  

 

日本国憲法9条

第9条【戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認】

①、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

②.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

RENUNCIATION OF WAR Article 9.

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation
and the threat or use of force as means of settling international disputes.

In order to accomplish the aim of 
the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained.
The right of belligerency of the state will not be recognized.

 

 

 

 

 

 

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

●地球の異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリートアスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

● 核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

核実験(かくじっけん,英語:Nuclear weapons testing)とは、核爆弾の新たな開発や性能維持を確認したり、維持技術を確立したりするために、実験的に核爆弾を爆発させることを指す。1945年から約半世紀の間に2379回(その内大気圏内は502回)の核実験が各国で行われた。そのエネルギーはTNT換算で530メガトン(大気圏内は440メガトン)でこれは広島へ投下されたリトルボーイの3万5千発以上に相当する。

 
 

 「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!

核開発に反対する物理研究者の会通信
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について


なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

 

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した
 
 
 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!