細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
中国に於ける人体実験(伝染病研究所)

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
『ウサギと化学兵器』いのうえせつこ著
731部隊と国立感染症研究所の問題!!
731部隊・細菌戦資料センター総会のご案内
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
731部隊・100部隊展



●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。

今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置

【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る



米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??



          1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察


731部隊は、石井四郎が、細菌戦の主犯ではない。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。
 
検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

第1章背蔭河での生体実験

細菌戦いわゆる“731部隊

私はこれまで、わが国の細菌戦については、森村誠一の本くらいしか読んでいなかった。再度森村誠一の『悪魔の飽食』を読み返し、続編、第3部も読んだ。それから常石敬一の『細菌戦部隊と自決した二人の医学者』 『消えた細菌戦部隊』 医学者たちの組織犯罪』、韓暁著、山邉悠喜子(やまべゆきこ)訳 『731部隊の犯罪』、吉開那津子著 『消せない記憶』、シェルダン・H・ハリス著、近藤昭二訳 『死の工場』 を読んで、内藤良一「老SLの騒音」などにも目を通した。本論に入る前に、これまでに理解した、731部隊の概略を記しておく。私がこれから述べることは生体実験に深く関わるからである。

 1931918日、南満州鉄道株式会社(半官半民)の持つていた大連→奉天(戦後瀋陽)→長春間の、奉天郊外で鉄道の爆破事件が起きた。満州事変の始まりであった。日本軍は、これを当時満州を支配していた張作霖(ちょうさくりん)の犯行として、満州への侵略を開始した。

 


       伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より

          
この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、
日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?



今回の新型コロナウイルスは、日本軍が遺棄してきたものが影響しているのか、それともどこかで作られたのか?それとも動物を介して新たに自然発生したのか?

作ったとすれば、アメリカが作ったのか、それとも、日本軍の細菌戦に苦しんだ中国が作ったのか、はたまた、ロシアかそれとも日本(又は日米共同)が作ったのか?よくわからないが、世界各国で生物戦の研究がなされていることは確かであろう。麻生が国会で発言したのは何か日本は知っているのか?

コロナ死者少ないのは「民度が違うから」 麻生太郎氏


生物兵器禁止条約の署名を日本は1972年にして、この条約は、1975年に発効されたが、日本がこの条約を批准したのは、1982年。なんでこんなに時間がかかったのか?批准されてからも、細菌(生物)兵器は、極秘裏にアメリカ、中国、ロシア、日本などで研究開発しているのだろう??

中国もロシアもアメリカも細菌戦の事は厳しく裁かなかった!!

埋もれた細菌戦調査書


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

731部隊訴訟 第1審判決をどう見るか(『世界』2002年11月号)

                       土屋公献

判決をいかに評価するか

 ところで、いくつかの法律上の争点について被告側の用いた論理を裁判所がそのまま採用し、原告側の法律論を悉く斥けたことには強い不服を抱かざるを得ない。失礼ながら使い古された法論理に固執するばかりで、正義、公平の理念に依拠する発想が欠けている。

 主要な論点は、国家無答責の法理の採用、国際法上の個人請求権のの否定、更に国際慣習法と条理の否定の3点である。

731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

731部隊の行なった細菌戦



東大伝染病研究所は、1947年に主に検査・製造に関わる部門などを厚生省所管の国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)として分離し、1967年に伝染病研究所を改組して医科学研究所が設置された。

国立予防衛生研究所所長と731部隊員の繋がり(教えてげんさんより

(所長が731部隊員であれば、元隊員もたくさん入るだろう)

戦争中細菌戦部隊及び組織に属していて、戦後、国立予防衛生研究所に関係した人です。

朝比奈正二郎 (当時)731部隊第1部第9課(水棲昆虫)長。発疹チフスワクチン製造
(戦後)国立予防衛生研究所 名誉所長
*小林六造   (当時)京大教授、防疫研究室嘱託
(戦後)国立予防衛生研究所 初代所長
*小島三郎   (当時)東大伝染病研究所教授、栄1644部隊所属 サルモネラ菌の研究
(戦後)国立予防衛生研究所 第2代所長
文部省百日咳研究班員
*小宮義孝   (当時)華中衛生研究所(栄1644部隊関連)
(戦後)国立予防衛生研究所第4代所長
*柳沢謙    (当時)陸軍軍医学校防疫研究室で嘱託として結核研究 凍結乾燥BCG
(戦後)国立予防衛生研究所 第5代所長
*福見秀雄   (当時)陸軍軍医学校防疫研究室  インフルエンザ
(戦後)国立予防衛生研究所 第6代所長
文部省百日咳研究班員
(注)1951年、国立東京第一病院に入院中の乳児たちに、
両親に告知や許可を受けずに大腸菌を飲ませる実験を行なった
*村田良介  (当時)1644部隊
(戦後)国立予防衛生研究所 第7代所長
*倉内喜八郎  (当時)731部隊細菌戦研究班
(戦後)永寿病院院長
【コロナウイルス・4/17追記】永寿総合病院でメガクラスター発生、160人以上が感染・20人死亡、屋形船から感染拡大

・・・・・・・自衛隊に入った731部隊員・・増田美保、近喰秀大、神子謙、金原節三、井上義弘、中黒秀外之、園口忠男、高橋三郎、佐伯実、木村直正など 
コロナウイルス「PCR検査」を遅らせた“戦犯”は?〈週刊朝日〉

帝国陸海軍の「亡霊」が支配する新型コロナ「専門家会議」に物申す(下)

それともロシアや中国などが研究しているだろうか?
新型肺炎、米メディアが報じた「研究所が発生源」説

生物兵器禁止条約が1975年に発効されたにもかかわらず、その裏でどんなことが起こっているのだろうか??

免責された731部隊員は、戦後、ABCC(原爆傷害調査委員会)に全面協力し、原爆被爆者を治療するのではなく、放射能の人体に対する影響を追跡した。そして日本は、アメリカの非人道的な原爆投下を問うこと全くなく、原子力の平和利用に突っ走った。

        

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!
安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。
           
731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

核兵器生物兵器化学兵器廃絶!! 戦力不保持!!安倍政権打倒!!
  どこの研究所で新型コロナウィルスが誕生したのだろうか??

●ニュース
戦争責任を取らぬまま、そのまま在位した昭和天皇、その後の天皇も日本の侵略戦争の謝罪をしていない!!


このウィルスは自然発生なのか?どこの研究所がこんなウィルスを開発したのか??それとも日本軍が遺棄した生物兵器が影響しているのだろうか?

もし人工的につくられたのであれば、どこで製造されたのだろうか?アメリカか?それとも中国?、日本?・・・


731部隊が建物を爆破して日本に逃走した後、その近くの村でペストが流行した。100部隊の逃走した時は、鼻疽菌などに汚染された馬を放ってきた。

中国各地に日本軍の細菌戦研究所が存在したのだから、その施設が遺棄した生物兵器はその後どうなっているのか?

中国の細菌戦被害地では、今でも毎年鼠を捕獲してペストの検疫を行っている。日本軍の遺棄した生物兵器がその後も生きていて、いま中国で広がっている新型コロナウィルスや豚熱に影響はしていないのだろうか?遺棄毒ガス弾が多くの中国人を苦しめているように。

 なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え
 
 

福島原発、見えぬ「トリチウム水処分」のゆくえ

チェルノブイリ原発付近で森林火災が発生 放射線量が上昇したとの報告も

戦闘機は必要なのだろうか???
河野防衛相、F35A視察 空自三沢基地

イージス艦もいらない!!
河野太郎防衛相が訓示 イージス艦「まや」就役

自衛隊とオウムのサリン製造の関係は??情報が漏れていたのでは??

地下鉄サリン事件から25年…「オウム」の跡を訪ねて 熊本・旧波野村

大竹まことゴールデンラジオ・金子勝・2020-06-05(文化放送)



 



●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

手 3.村瀬写真、若い世代の人たちが、日中戦争について知る機会が少ないと思います。学校の教科書以外で、知る機会が少ないと思います。パネル展を見る若い人は少ないと聞きました。若い人たちが立ち寄れる場所、何らかのついでにたまたま立ち寄れそうな場所でも展示があると良いなと思いました。展示をして下さりありがとうございます。(男、30、町田市、偶然)

 

 

 

            


●映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)
( )は性別・年代・住まい・情報

32、こんなに大勢の方々で、子どもも交えて再現されたことがすごいと思いました。知らなかったことが」たくさんあり、見ごたえありました。ありがとうございます。

(女性・60代・秦野市・友人)

 

日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731) 

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける

 どうするのかな、と思っていると、ボイラー室の脇に積まれていた石炭殻が中庭に運び込まれてきた。我々は、シャベルを手にとって、まだ熱い「丸太」の骨をすくい、これと石炭殻を混ぜ合わせた。足で踏み固めるようにして、骨と石炭殻を砕いて粉々にし、判別できないようにするのである。

 もう夜になっていた。我々は、ただ黙々と働いた。石炭殻を混ぜ合わされて、黒っぽい色の粉末状になった「丸太」の骨は、もはや、知らない人間がこれを見ても、識別できないようになった。

・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

上田弥太郎供述書(1954年9月3日)

問:陶頼昭地区で行った細菌爆弾演習の状況を明確に述べよ。

答:731部隊の中で最も重要な機構が第4部であること、同部の犯罪行為が中国愛国分子を細菌実験、解剖の材料に使い、残忍な手段で細菌戦準備を行なったことであるのを知っている。

 1941年9月、私は松花省陶頼昭駅の西北2㎞の地区で、細菌兵器の効力の実験に2回、計7日間参加した。私は気象観測の任務を担当し、現場に到着してから投下された爆弾を確認し、爆弾の外殻を拾って化学実験を行なった。

 

 

 


●毒ガス戦
・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発

3、ドイツ軍の技術を吸収した毒ガス兵器開発

ドイツの科学者から毒ガス技術を吸収

1925(大正14)年11月に科研第3部は、第1次世界大戦中のドイツ軍で毒ガス研究者に大きな役割を果たしたドクトル・ワルター・メッツナー博士を招き、以後2年間にわたり毒ガスの抗議を受けた。陸軍は、第1次世界大戦で毒ガス戦については常に優位を占めていたドイツ軍の能力に注目し、その毒ガス技術を吸収して日本陸軍向きに加工しようとしたのである。

 


・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷
毒ガスの焼却

取り外し後、焼却が始まった。そのやり方は、部品を擱いた空地と設備が取り外されて空になった工場に、使用済みの木製砲弾箱を一杯並べ、その上に重油をかける。火炎放射器で火を付けると、天を突くように火の手が上がり、もうもうたる煙が工場の窓から噴き出て、空に舞い上がり、紺碧の空がたちまちのうちに真っ黒に塗り込められた。

 


日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題



●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

細菌戦ー731部隊の蛮行

 田村良雄(たむらよそお)防疫診療助手 兵長

(略歴〉

1939年5月  元関東軍防疫給水部本部731部隊)に入隊

1943年3月  退職

1944年3月  元関東軍59師団32連隊に現役兵として入隊

1945年8月  元関東軍125師団軍医部兵長

1952年6月  逮捕さる。河北省永年県において

 

本籍地=千葉県長生郡 出身階級=雇農 年齢=34歳

 

全世界の人々が人類を病魔から救おうとして血みどろの闘いをしている時、日本侵略者はこの医学の成果を逆用し、1939年には、ソ同盟、蒙古人民に対して大々的な細菌戦を推し進め、1940年以来は細菌戦の手段をもって中国人民を消滅しようと企図し、中国人民の頭上に猛毒細菌をバラまき、死と病苦の中に陥れ、人類歴史上いまだかつてない大犯罪をあえて行いました。これにも飽き足らない日本侵略者は、1942年4月、またもや大々的な細菌戦を画策し、猛毒細菌の製造と研究に血みちをあげてきました。

 

 


2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!

日本の毒ガス

沖縄・南西諸島が軍事要塞化している現実はおかしくないか??

「琉球処分」から140 今の沖縄を考える


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

 

 

 

 
・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。

・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!

第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊



第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1
          


金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。

 

●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

1、 生物・化学兵器の開発の歩み

自衛隊員が語る旧軍技術研究

だが、この他にも参謀本部教育総監部の中にも幾つかの独立した臨時の研究機関が人またはテーマによって作られていたようであり、陸軍の研究行政について機能別にみると陸軍省の諮問機関として軍需審議会があるが、その他のは次のようなものがあった。

 

 

         


第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身

1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)
            

イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 

昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)吉田裕監修 
2001年ピュリッツァー賞受賞

昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
          


第12章大元帥の試練


昭和天皇はもちろん、20歳のときにイタリアを訪問したことがあった。しかし、欧州旅行から20年以上がたっており、イタリア降伏に対して天皇がまず関心を寄せたのは、もっぱらドイツの戦争経済を支えるルーマニアの油田についてであった。その油田が今後、南イタリアの連合軍基地から空爆にさらされるのではないか。ヒトラールーマニアの石油に寄せた昭和天皇の憂慮は、おそらくは、日本が新たに獲得したオランダ領東インドの石油資源に対する懸念から連想されたものだった。


                    "

小泉親彦と昭和天皇
近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~
近代天皇制の真髄は
福沢諭吉
神武と戦争

憲法9条を生かそう!!

 


731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!

●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

海面水位はこれからどうなるか

この巧みな筆さばき、肝心のところを脚色して、するりと事実を交わすテクニックには、驚嘆すべきものがる。IPCCノーベル平和賞を与えたのは間違いである。IPCCには、ノーベルSF文学賞を与えるべきであった。

 100年後の海水面は、なぜか、1995年の第2次報告でIPCC予測が最大94㎝と大きく、続く2001年の第3次報告では、最大88㎝と低下した。新聞とテレビがこの最大値を取り上げて、「1mも上昇する。ツバルが水没する」と大騒ぎしたが、IPCC幹部と新聞・テレビ記者の性格が、瓜2つだというところが問題ある。

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子
核兵器禁止条約

採択

2017年7月7日核兵器禁止条約採択時の各国の態度)

     賛成

     反対

     棄権

     不参加

2017年7月7日に122か国・地域の賛成多数により採択されたが、全核保有国は不参加、アメリカの核の傘の下にあるカナダやドイツなどNATO加盟国や日本、オーストラリア、韓国なども不参加となった。反対票を投じた国はオランダの1ヶ国、棄権した国はシンガポールの1ヶ国であった。また、当初は条約に賛成だった北朝鮮核兵器の開発に成功後、不参加に転じた。

 

 

 







●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について



原発化石燃料発電→再生可能エネルギー発電の増加

【金子勝の言いたい放題】NO5 世界は電力タダの時代に エネ転が拓く経済転換(飯田哲也さんと) 20191230



日本政府・自衛隊は情報を公開せよ!!(情報開示!!)

今年も8月12日がくる──。33年前 520人が犠牲になった日航機墜落、遺物の化学分析で判明した事実とは?

中曽根元総理が知る日航機墜落事故の真実とは?墓場まで発言の真意を調査!

ここの研究所は、どんなことをやっているのだろうか??

国立感染症研究所村山庁舎(武蔵村山)

●1954年3月1日第5福竜丸他1000隻もの船が被曝!核兵器廃絶!!

なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
       
      
原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書



水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!
           
 
 
 
 


           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!

 
 
 

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
中国に於ける人体実験(伝染病研究所)

 

 

 



 

 

 

 

 



 


          1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 



 



 


731部隊は、石井四郎が、細菌戦の主犯ではない。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

 




検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)


序章 ある発見

 


 結核予防というと、BCG接種である。BCG接種は、戦前戦後強制的に行われてきた最大の予防接種である。

 


 BCGの結核予防効果について議論するとき、いつも文献や教科書に医学的根拠として引用されていたのが、日本学術振興会第8小(結核予防)委員会の報告書であった。

 


 私はこの原本のコピを、1993年8月、札幌医大の図書館を通して、財団法人結核予防会から取り寄せた。

 


この報告書の解読が、私の人生最大の仕事になろうなどとは、このときには夢にも思わなかった。

 


 報告書は、1943年8月、財団法人結核予防会から出版された、日本学術振興会第8小(結核予防)委員会の『結核予防接種に関する報告書』【岡治道(はるみち)自家用】である。

 


 本学術振興会とは、1932年天皇からのご下賜(かし)金(150万円)をもとにできたもので、経済不況からの脱出と富国をめざすことを目的に、すべての研究の促進を図るためにつくられたものであった。

 

 



 


       伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より

          
この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、
日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?



今回の新型コロナウイルスは、日本軍が遺棄してきたものが影響しているのか、それともどこかで作られたのか?それとも動物を介して新たに自然発生したのか?

作ったとすれば、アメリカが作ったのか、それとも、日本軍の細菌戦に苦しんだ中国が作ったのか、はたまた、ロシアかそれとも日本(又は日米共同)が作ったのか?よくわからないが、世界各国で生物戦の研究がなされていることは確かであろう。麻生が国会で発言したのは何か日本は知っているのか?

 



 

 


コロナ死者少ないのは「民度が違うから」 麻生太郎氏



生物兵器禁止条約の署名を日本は1972年にして、この条約は、1975年に発効されたが、日本がこの条約を批准したのは、1982年。なんでこんなに時間がかかったのか?批准されてからも、細菌(生物)兵器は、極秘裏にアメリカ、中国、ロシア、日本などで研究開発しているのだろう??

中国もロシアもアメリカも細菌戦の事は厳しく裁かなかった!!

埋もれた細菌戦調査書

 



 


  • 細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

    「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

    本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。


731部隊訴訟 第1審判決をどう見るか(『世界』2002年11月号)

 


                       土屋公献

 


判決をいかに評価するか

 


 今回の判決は、最大かつ究極的な第1の目標には到底及ばないものであり、この点では失望を禁じ得ず、又原告らや中国の人々の強い怒りを買うものであった。

 


 しかし第2の点ではある程度、第3の点でも半分程度、第4の点ではほぼ満足すべき結果が得られた。それにしてもこの事実認定が、原告の主張する「立法不作為」論を検討する前提として、その必要限度で行われているという形をとったことには意外であった。もし「立法不作為」を持ち出せなかったらこの事実認定が省略されてしまったのであろうかとの疑いを抱かせるからである。それはともかく、裁判所が初めて細菌戦の実行行為、被害者の存在を明確に認めたことの意義は極めて大きいと考える。

 

 



 


           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

 


           

 


731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 



 


核兵器生物兵器化学兵器廃絶!! 戦力不保持!!安倍政権打倒!!


  どこの研究所で新型コロナウィルスが誕生したのだろうか??

●ニュース
戦争責任を取らぬまま、そのまま在位した昭和天皇、その後の天皇も日本の侵略戦争の謝罪をしていない!!

このウィルスは自然発生なのか?どこの研究所がこんなウィルスを開発したのか??それとも日本軍が遺棄した生物兵器が影響しているのだろうか?

もし人工的につくられたのであれば、どこで製造されたのだろうか?アメリカか?それとも中国?、日本?・・・


731部隊が建物を爆破して日本に逃走した後、その近くの村でペストが流行した。100部隊の逃走した時は、鼻疽菌などに汚染された馬を放ってきた。

中国各地に日本軍の細菌戦研究所が存在したのだから、その施設が遺棄した生物兵器はその後どうなっているのか?

中国の細菌戦被害地では、今でも毎年鼠を捕獲してペストの検疫を行っている。日本軍の遺棄した生物兵器がその後も生きていて、いま中国で広がっている新型コロナウィルスや豚熱に影響はしていないのだろうか?遺棄毒ガス弾が多くの中国人を苦しめているように。

 なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え

 

 

 


第2次補正予算は誰のものか!?政府・自民党の提言内容が危うい理由

 



 

 


政府「火消し」も募る疑念 コロナ予算問題続出

 



 



 

 


2次補正、10日衆院通過 予備費5兆円の使途明示へ

 



 

 


自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず

 



 

 


市民75人が黒川氏を刑事告発「立件しないのは素朴な疑問」「主権者の神経を逆なで」

 



 



 


http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2020/05/NewsLetter_No44.pdf



福島原発、見えぬ「トリチウム水処分」のゆくえ

チェルノブイリ原発付近で森林火災が発生 放射線量が上昇したとの報告も

戦闘機は必要なのだろうか???
河野防衛相、F35A視察 空自三沢基地

イージス艦もいらない!!
河野太郎防衛相が訓示 イージス艦「まや」就役

自衛隊とオウムのサリン製造の関係は??情報が漏れていたのでは??

地下鉄サリン事件から25年…「オウム」の跡を訪ねて 熊本・旧波野村


大竹まことゴールデンラジオ・金子勝・2020-06-05(文化放送)










  • パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

 

 


手 2.村瀬さんの写真が非常にクリアで現実感がありました。写真35、で慰安所に関するキャプションで兵士が「ときめく」という言葉にとても違和感を持ちました。「ときめく」という肯定的な言葉をたとえ説明でも使ってほしくありません。・100部隊についてはよく知らなかったので勉強になりました。地図(全体の中のどの辺に位置したところのものかわかる)や年月日がパネルでわかるともっとよく理解できるのでは?その意味では毒ガス戦のパネルが分かり易かった。(女、70、市内、知人から)

 

 

 

 

 


            

 

 



  • 映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)
    ( )は性別・年代・住まい・情報


31、私は「米国の原爆投下の責任を問う会」という会に参加しています。本日の映画を見せていただきしっかりとこの事を取り組んでいかないと思いました。ありがとうございました。

 


(女性・70代・東京都・チラシ

 




日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731) 

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける


とにかく、すごい、ものすごい臭気であった。ふと辺りを見回すと、千葉出身の見知った顔があったが、不思議なことに7棟・8棟勤務の特別班員の顔は見えない。彼らの大半は、「丸太」の処理からは、はずされたのだろうか。

 


 この「丸太」の処理は、731部隊の証拠湮滅の中でも、特に完璧になされねばならなかった。「丸太」が存在していたという証拠は、跡形もなく消滅させねばならなかったのである。

 


 焼き尽くされた「丸太」の骨は、穴の底や鉄棒の上に山積していた。この骨を、ここに放置したり、埋めたりするわけには、絶対にいかなかった。

 


 




・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

黒龍江省人民による日本軍細菌戦の犯罪行為摘発資料の抄録


(安達実験場について)

 


1944年から45年にかけて、日本軍が合作社を通じて民衆から麦、高粱、トウモロコシ、烏米(黒穂病にかかった高粱の結実する前のめしべ。皮をむいて食べる)を徴発したため、佟家屯の女は烏米摘みのせいで手の皮が擦り切れてしまった。富本村の学校に対しては、1組につき100斤(1斤は0.5㎏)の麦と烏米を徴発した。日本軍は安達県の南郊外に5垧(1垧は東北では普通15畝、約100アール)の麦畑を作って、麦畑を壊滅させる実験場にし、麦の穂が膨らむと、学生に命じて薬液を接種させた(1歩おきに1株か2株注射した)。その後すべての麦が黒穂病になった(麦の粒が黒くて硬くなる)(富本村教師及び呉殿有の証言)。(1)149、3、第4~6頁

 


*原注:本文は1950年、東北人民政府衛生部が整理したものである。

 


 

 


 

 


 



  • 毒ガス戦
    ・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
    第1章 毒ガス兵器の研究と開発


3、ドイツ軍の技術を吸収した毒ガス兵器開発

 


ドイツの科学者から毒ガス技術を吸収

 


陸軍科学研究所第3部は、防御手段を整えるだけでなく、戦争に勝つためには新しい毒ガスによる奇襲を考えておく必要があるとして「化学戦は国家の全知全能を必要とす」とし、日本軍の作戦・戦闘方式については、「開戦初頭より化学戦を行ふものとす」ることや、歩兵や砲兵など「各兵科に於いて〔毒ガスを〕徹底的有効なる如く使用す」ることなどを仮定した」(陸軍3等軍医正松村桓「陸軍科学研究所化学兵器講義抄録」陸軍軍医団『化学兵器講習録』)。毒ガスの研究が非常に積極的な方針で進められていたことがわかる。そして、毒ガス研究を促進するために外国人の科学者からその知識を吸収することにした。



・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷
毒ガスの焼却


大量のあか筒は海に投てきされず、島にある元の防空壕の中に置かれ、海水を引いて腐食させた。島にはなお多くの発煙筒が残されていた。当時の処理法は火を付けて燃やすことだった。近くの小久野島に点火場が設けられた。

 


 毒剤を処理するのと同時に、大久野島では毒ガス工場の施設や建屋の処理も始まった。第1ステップとして順次各工場の装置を取り外すことだった。イペリット工場の設備はほとんどが鉛で造られており、硬度が比較的低かったから、取り外しも割合容易であった。しかし真空蒸留装置の取り外しは大変難しかった。周囲がコンクリート構造で囲まれていたため、爆薬で爆破するしかなかった。残った鋼鉄の基礎部分や工場の鉄梁などは、高温のアセチレンガスで切断した。取り外した各種部品は皆空地へ運ばれた。

 


 

 

 



 

 

 


日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題



●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)


細菌戦ー731部隊の蛮行

 


 田村良雄(たむらよそお)防疫診療助手 兵長

 


(略歴〉

 


1939年5月  元関東軍防疫給水部本部731部隊)に入隊

 


1943年3月  退職

 


1944年3月  元関東軍59師団32連隊に現役兵として入隊

 


1945年8月  元関東軍125師団軍医部兵長

 


1952年6月  逮捕さる。河北省永年県において

 


 

 


本籍地=千葉県長生郡 出身階級=雇農 年齢=34歳

 


人類であるなら許すことのできない細菌戦を任務としていた731部隊は、ことさら秘密の漏洩(ろうえい)を恐れておりました。本部の入口には『関東軍司令官の許可なき者は何人といえども立入りを禁ず』の立て札が立っており、灰色の3階建ての四角いビルは一見普通のビルと変わりはありませんが、一里四方には深い壕を掘り、高圧電流をめぐらし、常に人の生命を狙う悪魔のうなり声をたてていました。細菌戦首魁(しゅかい)石井四郎は「ドイツ式の『秘密建築法』を採り入れたのだ」とうそぶき、建物の中に中国人民を監禁し細菌実験をもって殺害する2棟の秘密監獄があり、ここを管理する班を特別班と言っておりました。その外の少し離れたところにコの字形の建物があり、ここに2本の滑走路が平房駅の方向に延びており、これが細菌をバラまく航空班でありました。

 



 


 

 



2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 

 

 

 

 



 




 
・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。

・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!

第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1
          


金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。





  • BC兵器』久保綾三著(1969年)
    ※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

    Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

    1、 生物・化学兵器の開発の歩み

    自衛隊員が語る旧軍技術研究


だが、この他にも参謀本部教育総監部の中にも幾つかの独立した臨時の研究機関が人またはテーマによって作られていたようであり、陸軍の研究行政について機能別にみると陸軍省の諮問機関として軍需審議会があるが、その他のは次のようなものがあった。

 

 

 



 


         



第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身

1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)
            

イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。




 

 



 

 







昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
          


第12章大元帥の試練



ソロモンからの撤退が進んでいるとき、昭和天皇は撤退作戦を注意深く見守りながら、はるかヨーロッパと北アフリカの情勢を追っていた。そこではドイツ軍、イタリア軍もまた防戦に転じていた。1943年7月10日、連合軍がシチリア島に上陸し、さらに数週間後にはイタリア本土に上陸したとき、ドイツは負けるのではないかという最初の予感を昭和天皇は抱いた。ムソリーニは枢軸国の指導者として最初に失脚し、獄中の身となった。9月8日、イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエレ3世とバドリオ政権はローマから南イタリアに逃れ、連合国に無条件降伏をした。ドイツ軍はローマに進駐した。

 


一夜にして枢軸国は2カ国となり、イタリアの武装勢力は少なくとも理屈のうえでは枢軸国から敵国へと変わったのである。



                    "

小泉親彦と昭和天皇
近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~
近代天皇制の真髄は
福沢諭吉
神武と戦争

憲法9条を生かそう!!






731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!

●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

海面水位はこれからどうなるか

 

 


ところが現在議論している海水面上の上昇率は、過去100年間の平均で、年間1.7㎜でしかないのだ。10万分の1の変化に目くじらを立てている人がほとんどなのだ。赤祖父氏の著書を見てから、、大変面白いことに気づいたので紹介しておく。

 


 赤祖父氏の著書(2008年)には【図40】のグラフが出ていた。一方、最新のIPCC第4次評価報告書(2007年)には【図41】のグラフが出ていた。お気づきだろうか。IPCCのグラフでは、海水面が一方的に上昇しているとしか見えないが、それは1860年以前の変化をカットしているからである。何を意図してカットしたかは、誰にも分るはずだ。「海水面は高くなり続けているぞ」と脅すためである。



 


構成

 


2017年7月7日に採択された核兵器禁止条約の全文日本語訳は、共同通信社の配信によるものが毎日新聞などに掲載されたが、現在は読めないので、朝日新聞の全文翻訳が読める[10]。外務省の翻訳はない。原文は、英語・フランス語・ロシア語・中国語・スペイン語アラビア語で、国際連合の公式ウェブサイトに掲載されている。

 


 

 


第1条 禁止

 


第2条 申告

 


第3条 保障措置

 


第4条 核兵器の全廃に向けて

 


第5条 国家の履行

 


第6条 被害者支援と環境改善

 


第7条 国際協力と支援

 


第8条 締約国会議

 


第9条 費用

 


第10条 改正

 


第11条 紛争解決

 


第12条 普遍性

 


第13条 署名

 


第14条 批准、受諾、承認、加盟

 


第15条 発効

 


第16条 留保

 


第17条 期間と脱退

 


第18条 別の合意との関係

 


第19条 寄託者

 


第20条 真正の文面

 



 

 



 

 

 


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 



 

 

 



 


「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】



 


       

 


      

 


原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書



水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

 


           

 

 



 



 






           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!



細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
中国に於ける人体実験(伝染病研究所)

 

 

          1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の主犯ではない。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

序章 ある発見

 実行委員会の中に、「北大結核研究所」の所長であった高橋義夫(北大、1934年卒)の息子がいた。

 彼の話によると、森村誠一の『悪魔の飽食』が出版されてから、「父親が、急に気が変になったようになり、恐れ慄き夜も眠れなくなった。」「また父親は戦前満州の子どもたちの腋窩(えきか)にBCGの接種をしていた。」、その理由が知りたくて、実行委員会に入会したとのことであった。高橋義夫の在籍期間は、1950年北大結核研究所教授、1953年同所長、以降、通算18年間、所長として務めた。

 『悪魔の飽食』が出版されたのは退職後のことであった。また所長であった高橋は、組合活動に協力的な温厚な人物であったという。

 高橋義夫の息子の一言がヒントになり、その後私は医者人生の半分くらいを、結核問題と生体実験の謎を解くために費やす結果となった。


       伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より

          
この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、
日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?



今回の新型コロナウイルスは、日本軍が遺棄してきたものが影響しているのか、それともどこかで作られたのか?それとも動物を介して新たに自然発生したのか?

作ったとすれば、アメリカが作ったのか、それとも、日本軍の細菌戦に苦しんだ中国が作ったのか、はたまた、ロシアかそれとも日本(又は日米共同)が作ったのか?よくわからないが、世界各国で生物戦の研究がなされていることは確かであろう。麻生が国会で発言したのは何か日本は知っているのか?

 

コロナ死者少ないのは「民度が違うから」 麻生太郎氏


生物兵器禁止条約の署名を日本は1972年にして、この条約は、1975年に発効されたが、日本がこの条約を批准したのは、1982年。なんでこんなに時間がかかったのか?批准されてからも、細菌(生物)兵器は、極秘裏にアメリカ、中国、ロシア、日本などで研究開発しているのだろう??

中国もロシアもアメリカも細菌戦の事は厳しく裁かなかった!!

埋もれた細菌戦調査書

 

  • 細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

    「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

    本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

731部隊訴訟 第1審判決をどう見るか(『世界』2002年11月号)

                       土屋公献

なぜ提訴したか

私ども弁護団がこの訴訟提起に踏み切る上で、次の目標があった。

第3に、良心的かつ勇気ある判決を得ることで、日本の司法が健全で、裁判所が正義の場であると確認すること。

第4に、いやしくも国の司法機関が十分な証拠調べを経て細菌戦の実態を認定するならば、その事実認定は極めて高い権威を持ち、以後何人も、この事実を否定、歪曲、隠蔽し得なくなること。 

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

核兵器生物兵器化学兵器廃絶!! 戦力不保持!!安倍政権打倒!!

  どこの研究所で新型コロナウィルスが誕生したのだろうか??

●ニュース
戦争責任を取らぬまま、そのまま在位した昭和天皇、その後の天皇も日本の侵略戦争の謝罪をしていない!!

このウィルスは自然発生なのか?どこの研究所がこんなウィルスを開発したのか??それとも日本軍が遺棄した生物兵器が影響しているのだろうか?

もし人工的につくられたのであれば、どこで製造されたのだろうか?アメリカか?それとも中国?、日本?・・・


731部隊が建物を爆破して日本に逃走した後、その近くの村でペストが流行した。100部隊の逃走した時は、鼻疽菌などに汚染された馬を放ってきた。

中国各地に日本軍の細菌戦研究所が存在したのだから、その施設が遺棄した生物兵器はその後どうなっているのか?

中国の細菌戦被害地では、今でも毎年鼠を捕獲してペストの検疫を行っている。日本軍の遺棄した生物兵器がその後も生きていて、いま中国で広がっている新型コロナウィルスや豚熱に影響はしていないのだろうか?遺棄毒ガス弾が多くの中国人を苦しめているように。

 なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え

河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

 

ジム・ロジャーズ「安倍首相はコロナ対策で失敗。アジアの中で最悪」〈週刊朝日〉

 

 

マティス前米国防長官、2年間の沈黙破りトランプ批判「国の分断図る」

 

「現金化なら状況深刻化」 菅官房長官、韓国に警告―元徴用工訴訟

香港市民、禁止令に反し集会決行 天安門事件を追悼

 

東電と東芝、柏崎刈羽原発工事で新会社設立へ

市民75人が黒川氏を刑事告発「立件しないのは素朴な疑問」「主権者の神経を逆なで」

 

 

http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2020/05/NewsLetter_No44.pdf


福島原発、見えぬ「トリチウム水処分」のゆくえ

チェルノブイリ原発付近で森林火災が発生 放射線量が上昇したとの報告も

戦闘機は必要なのだろうか???
河野防衛相、F35A視察 空自三沢基地

イージス艦もいらない!!
河野太郎防衛相が訓示 イージス艦「まや」就役

自衛隊とオウムのサリン製造の関係は??情報が漏れていたのでは??

地下鉄サリン事件から25年…「オウム」の跡を訪ねて 熊本・旧波野村

大竹まことゴールデンラジオ・金子勝・2020-05-29(文化放送)



●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

手   1. 写真7、印象的。100部隊、知りませんでした。広く知らせなくてはならないですね。(男、60、市内,新聞折り込み)

            


  • 映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)
    ( )は性別・年代・住まい・情報

30 広島の原爆記念館(以前のもの)を訪問。今回の「ひろしま」を見て。市民のやり切れない被災に言葉が出ない。日本は被害者であると共に、大東亜圏の人々に対して加害者でもある。戦争の罪深きを考えている者です。(男性・70代・厚木市朝日新聞) 

 

日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731) 

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける

鉄棒の上で、火にまかれた「丸太」の死体は、まるで生きているかのようにうごめいていた。ジュージューと、脂肪の溶ける音がする。

 あたりには、目も開けられない、息もつけないほどの黒煙が立ち込めた。マスクもしない我々に、形容のしようのない悪臭が襲ってきた。この臭いばかりは、今に至るも、適切にそれを表す言葉を見つけることができない。黒煙と悪臭は遠く外部にいる隊員や家族にも、認められた。

 



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

黒龍江省人民による日本軍細菌戦の犯罪行為摘発資料の抄録

「8.15」の日本の敗戦時、重要な建物はすべて焼かれた。ある穴蔵ではネズミが大量に飼育され、鉄の檻や箱に入れてあった。焼かれた穴蔵には薬の瓶がたくさん残っていたが、これらはペスト菌実験に使われたものである(呉殿有の証言)。彼らはペスト菌実験だけでなく、馬鼻疽実験も行い、1943年には安達の馬を買い占めたことがあった。同地の南の空地には実験で死んだ馬の墓があり、線香やろうそくが供えてある墓もあった。馬だけではなく、人も一緒に埋めてあったのだろう(呉殿有の証言)。

 

 

 


  • 毒ガス戦
    ・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
    第1章 毒ガス兵器の研究と開発

    2 日本陸軍、毒ガス研究に着手

陸軍科学研究所の設置と毒ガス研究の再開

このように、1921年から1925年中旬は、欧米諸国の文献資料などに基づいて毒ガスの基礎研究がなされ、研究体制が整備された時期【第2期】であった。しかし、同時にこの時期は、日本軍独自の毒ガス研究に一定の限界があることを認識した時期であったとも思われる。そこで、陸軍科学研究所第3部は、外国から技術者を招いて知識を吸収し、その壁を突破しようとした。


・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷
毒ガスの焼却

服部忠さんの回想録を読むと、あたかも鉄のタンクが1つ又1つと海に沈んでいく情景を目の当たりに見、海のうめき声を聞くかのようである。日本は海に囲まれた国であり、海のふところの中で生きている国と言ってもよい。実のところ、この意味からいって、私達全人類はいずれも海のふところの中で生きているのである。「海」という字は、「水」「人」「母」の3つの字からできている。「海は人類の母」だと人々がよく口にするのもむべなるかな。海は生命をはぐくみ、万物を作り出して、人類に豊かな生活のよりどころを与える。人類は自分の母親に善良なるお返しをするべきではないのか?ところが、残念なことに、人類はしばしば自分の生み出した汚物の一部を母親に放り投げる。これは既に母親に対する最大の親不孝である。あれらの劇毒物質が海底に沈められた時には、疑いもなく人類の母の身に凶悪な腫瘍が加えられたのである。これは人類が自分に対して仕掛けた時限爆弾でもあり、その危険性は言わずとも明らかである。

 


日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題



●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

細菌戦ー731部隊の蛮行

 田村良雄(たむらよそお)防疫診療助手 兵長

(略歴〉

1939年5月  元関東軍防疫給水部本部731部隊)に入隊

1943年3月  退職

1944年3月  元関東軍59師団32連隊に現役兵として入隊

1945年8月  元関東軍125師団軍医部兵長

1952年6月  逮捕さる。河北省永年県において

 

本籍地=千葉県長生郡 出身階級=雇農 年齢=34歳

この道路に面している見渡す限りの草の中には、麦の刈り取りの跡を残したうねがずっと続いており、また草原のところどころに平和な家庭を営んでいた家が火をつけられ、焼き払われ、焼き残った柱が日本侵略者の蛮行を訴えるかのように立っていました。

かつては平和な農民の耕地。刈り取りののどかな歌声の聞こえたこの地を、日本侵略者は1938年五常(ごじょう)県より駐屯地をここに移し、石井部隊と名前を変え、中国人民を銃剣で住み慣れた土地から追い出したのみならず、点在した村落を5か所に集め、『保護部落』と名前をつけ、秘密保持と奴役(どえき)の必要から中国人民をここに監禁し、中国人民の一切の自由を奪い、外部との一切の往来を断ち切り、このような荒れ野原の無住地帯をつくったのでした。それ以来、この神聖な土地は細菌線部隊の演習場と化し、実り豊かな田畑を猛毒細菌で汚染し、平和と独立のために闘っていた中国人に対する細菌実験による死刑場に変えたのであります。 

 

 


2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!

日本の毒ガス

沖縄・南西諸島が軍事要塞化している現実はおかしくないか??

「琉球処分」から140 今の沖縄を考える


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

おわりにー傍聴闘争で裁判官を監視を!

新型コロナウィルス感染症のため第26回『衛生学校記事』裁判(4月23日)と、第16回『化学学校記事』(6月3日)は取り消され、追って指定となりました。

 裁判闘争勝利のカギは、“裁判官を監視する”ことです。皆さんの裁判傍聴で裁判所と被告国を追い詰め、政府の隠蔽秘密体質を打ち破りましょう。私達は確実に被告を追い詰めています。あと1歩です!(了)

 

 
・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。

・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!

第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1
          


金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。

 


  • BC兵器』久保綾三著(1969年)
    ※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

    Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

    1、 生物・化学兵器の開発の歩み

    自衛隊員が語る旧軍技術研究

だが、この他にも参謀本部教育総監部の中にも幾つかの独立した臨時の研究機関が人またはテーマによって作られていたようであり、陸軍の研究行政について機能別にみると陸軍省の諮問機関として軍需審議会があるが、その他のは次のようなものがあった。

審査統括機関

兵器行政本部   航空本部   陸軍省整備局 

  1. 調査研究試験機関
  2. 兵器行政本部(陸軍技術本部) 航空本部  機甲本部  公主嶺学校
  3. 兵学校  騎兵学校  野戦砲兵学校  重砲兵学校  防空學校
  4. 兵学校  通信学校  飛行学校  航空整備学校  航空通信学校
  5. 輜重(しちょう)学校  機甲整備学校  習志野学校  兵器学校  気象部
  6. 航空工廠  造兵廠  燃料廠  航空審査部

 

  1. その他
  2. 制式統一機関  採用査機関  製造機関  購買、貯蔵、補給機関等がある。

         


第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身

1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)
            

イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。



 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
          


第12章大元帥の試練


この海軍に対する幻滅の真意を考えるには、昭和天皇が1930年代初頭からみずからを日本の政治環境のなかで相対的には中道として位置づけていたことを想起する必要があろう。天皇が好んだ「自由主義者」「穏健主義者」―つまり、斎藤実岡田啓介、米内光政、鈴木貫太郎といった首相(そして退役した将官たち)―は実際には、強硬路線の帝国主義者だった。彼らを支持することで、天皇は版図拡大と中国侵略を、確実に支持していたのである。のちに、海軍指導層は中国での戦線拡大について、陸軍以上に熱心となった。海軍のこの態度の変化が、天皇に影響を与えていた。いまや1943年後半において、海軍は甚大な損害にもかかわらず、いまだ十分に戦闘能力を保持していた。しかし、陸軍は海軍にとって代わって太平洋の防御線を防衛する中心的な役割を担いつつあり、 海軍の将官に対する昭和天皇の信頼は薄れていた。


                    "

小泉親彦と昭和天皇
近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~
近代天皇制の真髄は
福沢諭吉
神武と戦争

憲法9条を生かそう!!

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!

●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

海面水位はこれからどうなるか

いま南極の氷が全部融けても海面は70mしか上昇しないのに、なぜ120mも上昇したかと言えば、現在の温暖期(間氷期)と違って、氷期には北欧のスカンジナビア氷床や北米のローレンタイド氷床などの巨大な氷床があり、当時の氷の体積は、推定で現在の南極とグリーンランドにある氷を合わせたその3倍近くあって、それが融けたからである。

目的と特徴

この条約の目的は、核兵器の全面廃止と根絶である。ただし、平和目的での原子力保有は禁じていない。前文において被爆者の苦痛に対する憂慮と共に国際人道法と国際人権法の原則が、核兵器廃絶に関して再確認されている。

 この条約の特徴は、核兵器または核爆発装置を所有、保有、管理していた締約国が申告を要する点にある。

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 

 

「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書



水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

           

 

 



           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!

 

 

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
中国に於ける人体実験(伝染病研究所)

 

 

          1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の主犯ではない。小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇がバックで支えていた。

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

序章 ある発見

731部隊のことは、森村誠一が1981年11月に出版した著書『悪魔の飽食』で有名になっていたので、私も知っていた。しかしこの本を読むまでは、我が国の医学界の指導的な立場にある医師たちが、何のためらいもなく生体実験を行なっていたなどと知らなかった。大変ショッキングな本であった。

 1993年春、実行委員会に入り会員を増やし、さらにカンパ集めなど忙しい毎日が続いた。そんな中で、実行委員会にメンバーに医師を1人でも増やすべく努力したが、医師は増えないばかりか、昔の友人(医師)から「731問題は森村誠一で終わった」と言われた。この一言が私を奮い立たせ、731部隊問題に真剣に取り組む契機となった。札幌での731部隊展の実行委員会に医師として参加したのは、結果的には私1人であった。


       伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より

          
この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、
日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?



今回の新型コロナウイルスは、日本軍が遺棄してきたものが影響しているのか、それともどこかで作られたのか?それとも動物を介して新たに自然発生したのか?

作ったとすれば、アメリカが作ったのか、それとも、日本軍の細菌戦に苦しんだ中国が作ったのか、はたまた、ロシアかそれとも日本(又は日米共同)が作ったのか?よくわからないが、世界各国で生物戦の研究がなされていることは確かであろう。

生物兵器禁止条約の署名を日本は1972年にして、この条約は、1975年に発効されたが、日本がこの条約を批准したのは、1982年。なんでこんなに時間がかかったのか?批准されてからも、細菌(生物)兵器は、極秘裏にアメリカ、中国、ロシア、日本などで研究開発しているのだろう??

中国もロシアもアメリカも細菌戦の事は厳しく裁かなかった!!

埋もれた細菌戦調査書

 

  • 細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

    「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

    本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

731部隊訴訟 第1審判決をどう見るか(『世界』2002年11月号)

                       土屋公献

なぜ提訴したか

私ども弁護団がこの訴訟提起に踏み切る上で、次の目標があった。

 第1に、勝訴することで被害者らの霊を慰め、無念を晴らし、奪われた尊厳を回復すること。日本政府の反省を呼び覚まし、真摯な謝罪と個人への賠償を果たさせることを通じ、中国等アジアの人々からの日本への信頼を回復すること。それが真の和解、平和、友好関係を築く絶対条件だと考えたこと。

 第2に、公開法定において、過去の偽らざる歴史事実を明らかにし、傍観者やマスメディアを通じてこれを内外に広め、誤った歴史認識を是正すること。

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

核兵器生物兵器化学兵器廃絶!! 戦力不保持!!安倍政権打倒!!

  どこの研究所で新型コロナウィルスが誕生したのだろうか??

●ニュース
戦争責任を取らぬまま、そのまま在位した昭和天皇、その後の天皇も日本の侵略戦争の謝罪をしていない!!

このウィルスは自然発生なのか?どこの研究所がこんなウィルスを開発したのか??それとも日本軍が遺棄した生物兵器が影響しているのだろうか?

もし人工的につくられたのであれば、どこで製造されたのだろうか?アメリカか?それとも中国?、日本?・・・


731部隊が建物を爆破して日本に逃走した後、その近くの村でペストが流行した。100部隊の逃走した時は、鼻疽菌などに汚染された馬を放ってきた。

中国各地に日本軍の細菌戦研究所が存在したのだから、その施設が遺棄した生物兵器はその後どうなっているのか?

中国の細菌戦被害地では、今でも毎年鼠を捕獲してペストの検疫を行っている。日本軍の遺棄した生物兵器がその後も生きていて、いま中国で広がっている新型コロナウィルスや豚熱に影響はしていないのだろうか?遺棄毒ガス弾が多くの中国人を苦しめているように。

なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え

東京の「拡大注意」指定視野 新型コロナ感染者増、アラート効果分析 政府

 

 河井克行氏、国会閉会後立件へ 買収容疑で検察当局、案里氏も

 

元警官の罪名、「殺意あった」殺人罪に変更 米黒人死亡

 

日韓対立が再燃か 韓国がWTO提訴の手続き再開へ

 

黒川氏の懲戒見送りは森法相の判断、官房長官が説明

市民75人が黒川氏を刑事告発「立件しないのは素朴な疑問」「主権者の神経を逆なで」

 

 

http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2020/05/NewsLetter_No44.pdf


福島原発、見えぬ「トリチウム水処分」のゆくえ

チェルノブイリ原発付近で森林火災が発生 放射線量が上昇したとの報告も

戦闘機は必要なのだろうか???
河野防衛相、F35A視察 空自三沢基地

イージス艦もいらない!!
河野太郎防衛相が訓示 イージス艦「まや」就役

自衛隊とオウムのサリン製造の関係は??情報が漏れていたのでは??

地下鉄サリン事件から25年…「オウム」の跡を訪ねて 熊本・旧波野村

大竹まことゴールデンラジオ・金子勝・2020-05-29(文化放送)



●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

手               手紙:
    村瀬さんの写真展を開いていただき、ありがとうございます。
             私は村瀬さんが経営していた埼玉県川越市の共同パンという会社
             に1951年か
ら2年近く働いたものです。

   村瀬さんの会社の外での活動は、いろいろの方から語られていますが、
 会社内ではどうだったのか、ひと言加えさせていただきます。

   共同パンはほとんど10代20代の若者50名位の会社で、それは明るい、
   楽しい職場でした。

   給料が良かった。私は16歳からパン屋の小僧として働き、住み込み生活 
 で横浜東京等転々としてきたのですが、他と比べ約2倍でした。

   村瀬さんが指導してきたのか、従業員は労働組合として組織され団体交渉
   なども行ってきました。

   市内に売店が40軒ぐらいあったのですが村瀬さんは売店組合として組織し
   ました。

   まだ当時苦しかった前進座が川越に来た時は座員を社内に泊まらせたり宣
   伝に車を出しました。

   村瀬さんが亡くなった時、葬儀会場に前進座の大きな旗が立っていまし
   た。

   村瀬さんの中国での写真を私は当時見ませんでしたが、公表したとき、
  右翼がうるさく攻撃してきたと奥さんはのべておられました。(男性)


  • 映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)
    ( )は性別・年代・住まい・情報

 29、核兵器原爆の恐ろしさ、戦争の無意味さを今まで以上に痛切に感じた。又、政府・軍部・統率する部署等の真実を封じ込め、偽善というものは現実にあると強く思う。現在の世の中でも十分気を付けて見つめていきたい。
(男性・70代・市内・朝日新聞

 

日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731) 

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける

 死にきれないで暴れる「丸太」は、隊員がパーン、パーンと小銃で射殺した。やがてあたりが静まった。すべての「丸太」が処分されたのであった。

 ところが、本当の意味での処理は、それからであった。

 7棟と8棟の近くに、それぞれ大きな穴が1つずつ掘られていた。この穴に、直径15センチぐらいの丸い鉄棒が何本も平行に渡された。ちょうど、巨大なバーベキューの網のようである。

 私たちは、2人1組になって各監房から「丸太」の死体を中庭に運び出した。運び出した「丸太」の死体は、鉄棒の上に並べられた。その上に、確か重油だったと思うが、燃料がぶちまけられた。火が放たれた。瞬間、赤い焔とともにもうもうたる黒煙があがった。

「丸太」はこうして、次から次へと、鉄棒の金網の上で焼かれていった。全部で200体くらいはあったのではないか。



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

黒龍江省人民による日本軍細菌戦の犯罪行為摘発資料の抄録

1944年から45年にかけて、安達に駐屯する日本軍は、偽県公署を通じて住民から生きた鼠とハタリスを集めた。住民は1戸につき1匹、学校では学生1人につき5匹だった。(第2完小の富康桂の証言)。この他雀、鳩、雉なども集めた。南部の洮南各地では、どの学校も1人につき2両(1両は50g)の獣毛を集めさせられた。また1943年、同地近くの家一並び(10数戸)につき犬1匹が割り当てられ、同年冬、佟家屯で1部屋いっぱいに積み上げられていた(呉殿有の証言)。

 

 


  • 毒ガス戦
    ・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
    第1章 毒ガス兵器の研究と開発

    2 日本陸軍、毒ガス研究に着手

陸軍科学研究所の設置と毒ガス研究の再開

同年(1925年)5月に化学兵器班は陸軍科学研究所第3部へと昇格し、初代部長の岸本綾夫少将は、今後3年で列強に追いつき追い越すという方針を掲げた(小柳津政雄「化学戦研究史」)。この時期の陸軍科学研究所は「はじめのあいだは毒ガスの研究に重点が向けられたので、他の方面はほとんど何の成果もあげてはいない」とされている(元陸軍中将長沢重五「新兵器研究の回顧」日本兵器工業会編『陸戦兵器騒乱』)。


・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷
毒ガスの焼却

この仕事に加わった服部忠さんの回想の中の一節を引用する。

蒸気タービンにつれて起重機が軽快に動き始める。全船員が注視する中、4つの毒ガスタンクが一緒に投擲台にあげられ、海に面し斜面に沿って、あっという間に海に滑り落ちていく。重苦しい『バシャッ』『バシャッ』という音と共に、白い波しぶきがはじける。

 私は毒ガスという悪魔についてその誕生から成長の過程を目撃してきた。そして今、その最期を見届けたのである。感慨迫るものがあった。今までの17年間を振り返ると、あれほど大きな人力と財力をつぎ込み、あれほど貴重な物資を使ったのに、今、一瞬にして海に呑み込まれていくのだ」

 


日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題



●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

細菌戦ー731部隊の蛮行

 田村良雄(たむらよそお)防疫診療助手 兵長

(略歴〉

1939年5月  元関東軍防疫給水部本部731部隊)に入隊

1943年3月  退職

1944年3月  元関東軍59師団32連隊に現役兵として入隊

1945年8月  元関東軍125師団軍医部兵長

1952年6月  逮捕さる。河北省永年県において

 

本籍地=千葉県長生郡 出身階級=雇農 年齢=34歳

 

松花江(しょうかこう)流域の大都市として古くから知られている哈爾浜(ハルピン)の東端香坊(こうぼう)に、一本の道路がありました。中国人民はこの道路を殺人道路といって心から憎んでいました。

自動車で30分も走ると道路は次第に狭くなり、今までまっすぐに来た道路はここで急に曲がって平房(へいぼう)駅に向かっていました。この曲がった道の付近を注意してみると草の茂みの中に一本の道路があり、これが731部隊に通ずる道路でありました。

 


2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!

日本の毒ガス

沖縄・南西諸島が軍事要塞化している現実はおかしくないか??

「琉球処分」から140 今の沖縄を考える


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

第5 最近の『留守名簿』公開の意義

ここ1~2年731部隊関連資料の発掘・公開が進んでいます。2018年には3607人の「関東軍防疫給水部満洲第659部隊留守名簿」(731部隊)が公開されました。

 「留守名簿」とは『悪魔の飽食』に表紙写真が掲載されその後、細菌戦裁判弁護団と支援者が厚労省と交渉して一部黒塗りの名簿が公開(2003年)されていましたが、15年後にやっと全面公開になりました。

 また今年2月には西山勝男氏(滋賀医科大学名誉教授)によって、敗戦時、復員局が帰国した731部隊員から聞き取り調査をした撤退経路等の詳細を記した公文書「関東軍防疫給水部行動経過概況図」が発見され公開されました。

 最近の731部隊関連資料の発見・公開は731部隊の真相研究にとって重要なものであり、現在の私達の『衛生学校記事』『化学学校記事』情報公開裁判は励まされました。

 
・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。

・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!

第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1
          


金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。

 


  • BC兵器』久保綾三著(1969年)
    ※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

    Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

    1、 生物・化学兵器の開発の歩み

    自衛隊員が語る旧軍技術研究

だが、この他にも参謀本部教育総監部の中にも幾つかの独立した臨時の研究機関が人またはテーマによって作られていたようであり、陸軍の研究行政について機能別にみると陸軍省の諮問機関として軍需審議会があるが、その他のは次のようなものがあった。

審査統括機関

兵器行政本部   航空本部   陸軍省整備局 

         


第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身

1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)
            

イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。



 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
          


第12章大元帥の試練


そして、天皇はふたたび躍起となって海上決戦の決定的勝利を求めた。

 斯(こ)んな戦をしては「ガダルカナル」同様敵の志気を昂(あ)げ 中立、第3国は動揺し支那は調子に乗り大東亜圏内の諸国に及ぼす影響は甚大である 何とかして何処かの正面で米軍を叩きつけることは出来ぬか


                    "

小泉親彦と昭和天皇
近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~
近代天皇制の真髄は
福沢諭吉
神武と戦争

憲法9条を生かそう!!

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!

●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

海面水位はこれからどうなるか

1923年の関東大震災では、【図38】の通り、房総半島南端が4mも高くなり、丹沢山地が1m低くなった。これらはm単位の変化である。

 過去70万年間の変化は、【図39】の通り、大西洋の堆積物の酸素同位体から求めた古氷河量の変化は10万年周期で温暖化が起こったことを証明している。そしてこの温暖化と寒冷化のピーク時期を比較すると、相対的海面水位に換算して120mも周期的に変化してきた。

目的と特徴

この条約の目的は、核兵器の全面廃止と根絶である。ただし、平和目的での原子力保有は禁じていない。前文において被爆者の苦痛に対する憂慮と共に国際人道法と国際人権法の原則が、核兵器廃絶に関して再確認されている。

 

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 

 

「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書



水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

           

 



           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!

 

 

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
中国に於ける人体実験(伝染病研究所)

 

 

          1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の主犯ではない。小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇がバックで支えていた。

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

序章 ある発見

1993年頃私達は、団塊の世代を中心にB型肝炎を蔓延させたのは、集団予防接種の際に注射器も針も換えずに連続使用したためであるとして、国・厚生省と係争中であった。この訴訟は、その後札幌のB型肝炎訴訟として広く知られることになった。

 当時私は裁判に勝つために、戦前戦後行われてきた予防接種の種類と規模などの歴史を必死で調査していた。そんな時たまたま、大河原孝一の「中国で行なっていた私達の犯罪」の講演を聞き、731部隊の事を知る事で、B型肝炎訴訟に何か参考になるのではないかと思い、実行委員会に参加することにした。


       伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より

          
この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、
日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?



今回の新型コロナウイルスは、日本軍が遺棄してきたものが影響しているのか、それともどこかで作られたのか?それとも動物を介して新たに自然発生したのか?

作ったとすれば、アメリカが作ったのか、それとも、日本軍の細菌戦に苦しんだ中国が作ったのか、はたまた、ロシアかそれとも日本(又は日米共同)が作ったのか?よくわからないが、世界各国で生物戦の研究がなされていることは確かであろう。

生物兵器禁止条約の署名を日本は1972年にして、この条約は、1975年に発効されたが、日本がこの条約を批准したのは、1982年。なんでこんなに時間がかかったのか?批准されてからも、細菌(生物)兵器は、極秘裏にアメリカ、中国、ロシア、日本などで研究開発しているのだろう??

中国もロシアもアメリカも細菌戦の事は厳しく裁かなかった!!

埋もれた細菌戦調査書

 

  • 細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

    「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

    本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

731部隊訴訟 第1審判決をどう見るか(『世界』2002年11月号)

                       土屋公献

去る8月27日、第1審判決が言い渡された。その判決は、旧日本陸軍中央の指令に基づく細菌戦実行の事実を認め、その結果少なくとも原告側の指摘する中国8か所において万単位の死傷者を出し、その被害は「まことに悲惨かつ甚大で旧日本軍の戦闘行為は非人道的なものであった」と述べ、本件細菌戦がジュネーブ・ガス議定書に言う「細菌学的戦争手段の使用」に当たり、被告(国)にはハーグ条約3条の規定を内容とする国際慣習法による国家責任が生じていると解するのが相当、と判示した。しかしながら、判決はその他の法律論によって原告らの請求をことごとく斥け、国を勝訴させたのである。

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

核兵器生物兵器化学兵器廃絶!! 戦力不保持!!安倍政権打倒!!

  どこの研究所で新型コロナウィルスが誕生したのだろうか??

●ニュース
戦争責任を取らぬまま、そのまま在位した昭和天皇、その後の天皇も日本の侵略戦争の謝罪をしていない!!

このウィルスは自然発生なのか?どこの研究所がこんなウィルスを開発したのか??それとも日本軍が遺棄した生物兵器が影響しているのだろうか?

もし人工的につくられたのであれば、どこで製造されたのだろうか?アメリカか?それとも中国?、日本?・・・


731部隊が建物を爆破して日本に逃走した後、その近くの村でペストが流行した。100部隊の逃走した時は、鼻疽菌などに汚染された馬を放ってきた。

中国各地に日本軍の細菌戦研究所が存在したのだから、その施設が遺棄した生物兵器はその後どうなっているのか?

中国の細菌戦被害地では、今でも毎年鼠を捕獲してペストの検疫を行っている。日本軍の遺棄した生物兵器がその後も生きていて、いま中国で広がっている新型コロナウィルスや豚熱に影響はしていないのだろうか?遺棄毒ガス弾が多くの中国人を苦しめているように。

なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え

 

昭和大病院二木芳人教授が指摘「今後減少する要素ない」…東京アラート発動

 

トランプ氏、力による鎮圧前面に 選挙へ保守層意識

 

動かない日本に不満 韓国政府

 

市民75人が黒川氏を刑事告発「立件しないのは素朴な疑問」「主権者の神経を逆なで」

 

 

 

 

 

 

http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2020/05/NewsLetter_No44.pdf

福島原発、見えぬ「トリチウム水処分」のゆくえ

チェルノブイリ原発付近で森林火災が発生 放射線量が上昇したとの報告も

戦闘機は必要なのだろうか???
河野防衛相、F35A視察 空自三沢基地

イージス艦もいらない!!
河野太郎防衛相が訓示 イージス艦「まや」就役

自衛隊とオウムのサリン製造の関係は??情報が漏れていたのでは??

地下鉄サリン事件から25年…「オウム」の跡を訪ねて 熊本・旧波野村



大竹まことゴールデンラジオ・金子勝・2020-05-29(文化放送)



●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

 

5、以前の展示と、左程変化していない。日中戦争開始から重慶爆撃までと、満州国崩壊までの間が全然知られていない事、満州国以外に中国に居た日本軍が敗戦後どうしていたかが未だに不明。(男、40、市内、記事)


  • 映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)
    ( )は性別・年代・住まい・情報

 

28、一度観たいと思っていた映画見られました。映像がリアルでした。素晴らしい作品でした。後世(特に若い世代)に伝えるべき内容と思います。懇意の神奈川県議も今回楽しみにしていました。残念ながら満席で帰ったとのメールがありました。

(男性・50代・市内・赤旗

日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731) 

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける

もはや一刻も時間的余裕はなかった。毒ガスの専門家が呼ばれた。我々は俗に「チビ」という毒ガスが、「丸太」棟にかけられた。

 監獄の中の、残った「丸太」たちは、バタバタと倒れていった。それでもなお死にきれないで、監房を出て、廊下に出て暴れるロシア人「丸太」がいた。彼らの生への執念は恐るべきものであった。



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

黒龍江省人民による日本軍細菌戦の犯罪行為摘発資料の抄録

1943年冬、安達正亜街で乞食が多数捕まえられた。夜、東門外の無人地区に監禁され、服を脱いで寒気にさらされた上、冷水を浴びせられた。その後、正亜街南城構内で4体の死体が発見されたが、全身に厚い氷が張っていた。北門外でも同じような2体の死体が発見された(呉永祥、張風久の証言)

 


  • 毒ガス戦
    ・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
    第1章 毒ガス兵器の研究と開発

    2 日本陸軍、毒ガス研究に着手

陸軍科学研究所の設置と毒ガス研究の再開

そして1923(大正12)年にホスゲンイペリットの合成に成功し、また、フランス式製造法によるイペリット小規模製造装置を設計完了、24年にはルイサイト(びらん性ガス)の合成に成功している(陸軍科学研究所第3部『本邦化学兵器沿革史』)

 そして、研究が本格化するきっかけを与えたのが「宇垣軍縮」である。1925(大正15)年に宇垣一成(うがきかずしげ)陸軍大臣は4個師団を廃止することで経費を削減し、それを軍の近代化の為に用いたが、この時、航空・戦車・高射砲部隊の新設と毒ガスの研究を充実することとされた。「軍縮」とは言いながらも、実質的には軍備の強化が試みられたのである。


・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷
毒ガスの焼却

この仕事に加わった服部忠さんの回想の中の一節を引用する。

「朝食後、投擲の準備を始める。1号船室と、2号船室の蓋が開けられ、直径40㎝、高さ70㎝の褐色、円形の毒ガス缶が1つずつ船尾にきちんと並べられる。これらの缶の外層は5㎜の鋼板、内層は3㎜の鉛版で、悪魔のような毒ガスをその中へ密封している。そして船体と共に揺れているこれらの悪魔は自分の末日が訪れたことを意識していない。

 船の左前方に、木製の投擲台が立てられる。海に面した側が斜面になっている。作業にあたる労働者にけがをしないよう繰り返し注意する。波風がもっと治まってから、と考えていたのだが、お天道様は意地が悪い。船長は10時に投擲を開始する事を決定、命令を下した。

 


日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題



●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

軍医の野天解剖
小美野義利

戦務班長 憲兵曹長
〈旧部隊名〉
関東軍特別警備隊2大隊本部

 

  •  ― 筆者からの一言 ―〈昭和57年7月〉

この文章は、私が中華人民共和国に戦犯容疑者として抑留されていたときに書いたものです。現在、振り返ってみると、当時の上司や同僚についての子細な描写には、正確さを欠く箇所があるかもしれません。その点は、ここに謹んでお詫びいたします。しかし、大切なことは、在職中、多くの中国の人々に言語に絶する困難や苦しみを与えたことであり、今思うと誠に申し訳なく存じております。私は表面は従順にしておりましたが、内心はすべて上官の命令でやったことだと考え、自分の行為を責める気持ちはなかったのであります。

 中国の諺(ことわざ)に、『牛を川の辺(ほとり)まで連れて行くことはできるが、牛が水を欲しなければ飲ますことはできない』とあります。当時の私は、己の行為はやむを得ないことだと自慰していたのであります。そして、すべての責任を戦争に転嫁していたのであります。今、私は自分の犯した罪を心から反省するとともに、再び戦争を引き起こすことだけは制止せねばならないと思っております。私自身が苦しみを与えた多くの人々のためにも、平和のために余生を捧げるつもりでおります。(小美野義利)

 


2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!

日本の毒ガス

沖縄・南西諸島が軍事要塞化している現実はおかしくないか??

「琉球処分」から140 今の沖縄を考える


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

第4 私達の情報公開裁判闘争の目的

以上の考察からも、防衛省が『衛生学校記事』や『化学学校記事』の頑なに隠蔽する背景には、戦前戦中の日本軍の生物化学兵器の実態の秘匿という戦争責任に関わる問題があると同時に、現在の自衛隊の生物・化学・核放射能に関連する準備状況を秘匿するという軍事情報の秘匿問題が存在していると私達は考えています。

 既に『衛生学校記事』『化学学校記事』の開示請求を出してから9年目、裁判になってから7年目を迎えます。

 私達は、2つの情報公開裁判は、日本政府の731部隊問題隠蔽との闘いであり、同時に「日米防衛協力指針(ガイドライン)のCBRN戦略反対の闘いであると位置づけて闘っています。

 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。

・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!

第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1
          


金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。

 


  • BC兵器』久保綾三著(1969年)
    ※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

    Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

    1、 生物・化学兵器の開発の歩み

    自衛隊員が語る旧軍技術研究

化学学校記事』(第11号)は、旧陸軍の技術研究組織について書いている(樋上倫久「旧陸軍技術研究組織の概要」)が、それは次のようなシステムになっていた。   

         


第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身

1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)
            

イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。



 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
          


第12章大元帥の試練


「濃霧のことなど云々していたが」と天皇は蓮沼侍従武官長に次のように話した。

霧のことなどは前以て解つていた筈である 早くから見透しがついていなければならぬ

陸海軍の間に本当の肚を打開けた話合ひが出来ているのであらうか 一方が元気に要求し一方が無責任に引受けていると云ふ結果ではなからうか 話合ひが苟(いやしく)も出来たことは必ず実行すると云ふことでなければならぬ 協定は立派に出来ても少しも実行が出来ない約束[それは「ガダル」作戦以来陛下が仰せになりしこと]

を陸海軍の間でして置きながら実行の出来ないことは約束をしないよりも悪い

 

そして、天皇はふたたび躍起となって海上決戦の決定的勝利を求めた



                    "

小泉親彦と昭和天皇
近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~
近代天皇制の真髄は
福沢諭吉
神武と戦争

憲法9条を生かそう!!

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!

●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

海面水位はこれからどうなるか

そもそも、地球の表面(プレート)が動いているので、人間が海面水位の絶対値を測定することはできないのである。2007年の新潟県中越沖地震では、柏崎海岸の土地が海面に対してそれまでより35㎝も隆起したが、これは地震としては小さな変化である。江戸時代、1804年の象潟地震では、前日までの秋田の風景は一変し、鳥海山を背にした松島のようなのどかの象潟が、一気に9m余り隆起し、そのため海に浮かぶ島々が丘になり、入江のあとは田んぼに変り、やがて羽越本線が走る現在の姿に豹変した、と『日本列島』湊正雄・井尻正二著、岩波新書に書かれていている。

この条約は、50ヵ国が批准して90日後に発効する。2017年9月20日ガイアナタイ王国バチカン市国が、2018年1月16日にはメキシコが、2018年9月28日までにキューバパレスチナ国、ベネズエラパラオオーストリアベトナムコスタリカニカラグアウルグアイニュージーランドクック諸島ガンビアサモアサンマリノ、バヌアツを含む合計19か国が、この条約に批准した。2018年10月29日現在、79カ国が条約に署名している。2019年10月29日、批准した国・地域は33、署名は79になった。

 

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 

 

「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書



水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

           

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!

 

 

 

 

細菌戦の系譜!!

中国に於ける人体実験(伝染病研究所)

 

 

          1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

石井四郎が、細菌戦の主犯であったのか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米治第5代東大伝研所長は関与していないのか??大元帥昭和天皇の関与は?

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

序章 ある発見

1993年7月、東京・新宿から始まった731部隊展が、1994年8月9日から1週間、札幌の「アート・スペース」で開催された。この年の夏は暑い日の連続で、夜も眠れない日々が続いたが、731部隊展は連日大入り満員で盛況であった。

 札幌の731部隊展の実行委員会は、1993年の春、大河原孝一(1922年3月生、中国帰還者連絡会、現撫順の奇跡を受け継ぐ会)が中心となって結成された。大河原は現在90歳になるが、極めてエネルギッシュな人で、外国旅行、山登りや講演会などで忙しく、なかなか会えない人である。ところがそんな彼も2009年の春、咳と痰がひどく病院を受診したところ、昔の結核巣が再発して胸水がたまり、1年間も抗結核薬を服用しすっかり弱ってしまったとのこと。2010年初冬彼と再会し酒を飲み交わしたところ、再び登山も試み、彼の戦争体験を本にしたいと語っていた。


       伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より

          
この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、
日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?



今回の新型コロナウイルスは、日本軍が遺棄してきたものが影響しているのか、それともどこかで作られたのか?それとも動物を介して新たに自然発生したのか?

作ったとすれば、アメリカが作ったのか、それとも、日本軍の細菌戦に苦しんだ中国が作ったのか、はたまた、ロシアかそれとも日本(又は日米共同)が作ったのか?よくわからないが、世界各国で生物戦の研究がなされていることは確かであろう。

生物兵器禁止条約の署名を日本は1972年にして、この条約は、1975年に発効されたが、日本がこの条約を批准したのは、1982年。なんでこんなに時間がかかったのか?批准されてからも、細菌(生物)兵器は、極秘裏にアメリカ、中国、ロシア、日本などで研究開発しているのだろう??

中国もロシアもアメリカも細菌戦の事は厳しく裁かなかった!!

埋もれた細菌戦調査書

 

  • 細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

    「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

    本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

731部隊訴訟 第1審判決をどう見るか(『世界』2002年11月号)

                       土屋公献

731部隊細菌戦被害国家賠償請求訴訟は、1997年8月に180名の原告各自への損害賠償と謝罪を求めて東京地裁に提訴された。5年間の審理では500近くの書証と証人11名の証言(元731部隊員2名、日本の研究者6名、中国の研究者3名)、原告延べ31名の陳述等の事実調べが行われた。

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

核兵器生物兵器化学兵器廃絶!! 戦力不保持!!安倍政権打倒!!

  どこの研究所で新型コロナウィルスが誕生したのだろうか??

●ニュース
戦争責任を取らぬまま、そのまま在位した昭和天皇、その後の天皇も日本の侵略戦争の謝罪をしていない!!

このウィルスは自然発生なのか?どこの研究所がこんなウィルスを開発したのか??それとも日本軍が遺棄した生物兵器が影響しているのだろうか?

もし人工的につくられたのであれば、どこで製造されたのだろうか?アメリカか?それとも中国?、日本?・・・


731部隊が建物を爆破して日本に逃走した後、その近くの村でペストが流行した。100部隊の逃走した時は、鼻疽菌などに汚染された馬を放ってきた。

中国各地に日本軍の細菌戦研究所が存在したのだから、その施設が遺棄した生物兵器はその後どうなっているのか?

中国の細菌戦被害地では、今でも毎年鼠を捕獲してペストの検疫を行っている。日本軍の遺棄した生物兵器がその後も生きていて、いま中国で広がっている新型コロナウィルスや豚熱に影響はしていないのだろうか?遺棄毒ガス弾が多くの中国人を苦しめているように。

なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え

新型コロナ、糖尿病やがん患者の治療にも影響大 WHO

 

議事録「担当相と先生方が相談」 コロナ専門家会議で厚労相

 

森友自殺訴訟、7月15日初弁論 財務局職員妻の賠償請求

 

トランプの拙劣さが見えたWHO年次総会

 

「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2020/05/NewsLetter_No44.pdf

福島原発、見えぬ「トリチウム水処分」のゆくえ

チェルノブイリ原発付近で森林火災が発生 放射線量が上昇したとの報告も

戦闘機は必要なのだろうか???
河野防衛相、F35A視察 空自三沢基地

イージス艦もいらない!!
河野太郎防衛相が訓示 イージス艦「まや」就役

自衛隊とオウムのサリン製造の関係は??情報が漏れていたのでは??

地下鉄サリン事件から25年…「オウム」の跡を訪ねて 熊本・旧波野村



大竹まことゴールデンラジオ・金子勝・2020-05-29(文化放送)



●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

 

4、 戦争は絶対してはいけないと思った。(おんな、50、市外、記事)


  • 映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)
    ( )は性別・年代・住まい・情報

9、絶対に忘れてはいけない記憶だと思いました。

(男性・50代・市外・友人)

日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731) 

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける

 それは、今まで見ていた「丸太」の死に様とは、明らかに違っていた。今までは、「丸太」は実験の材料であり、その結果としての死、いわば、物としての終わりであった。しかしながら、今「丸太」は自分の手で自分の命を断っていた。絶望の中で、わずかにつかみ得た「自由意志」であった。

 中国人「丸太」の8割ほどは、こうして自ら命を断っていった。だが、残りの「丸太」は、こうした死に方を拒否した。とりわけ、白系ロシア人の「丸太」は、激しい抵抗を見せた。



・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

黒龍江省人民による日本軍細菌戦の犯罪行為摘発資料の抄録

1941年、薬品を詰めた磁器爆弾が飛行機で同地に投下された。地上で爆発した後、深さ0.3m、面積5㎡の穴ができ、草と地面赤、黄、緑の3色に染まった(鞠家窯の呉殿有らの証言)。

 生体実験に関しては、1944年秋、安達の街で乞食が捕まえられて実験場に送られ、1人も戻ってこなかった(李永廷の証言)。1943年、李という人が山東から安達に働きに来たところ、特務によって八路軍の偵察員にでっち上げられ、監獄に3か月監禁された後、同じ監獄に収容されていた20数名の受刑者と一緒に目隠しされて、トラックで細菌工場に運ばれたが、途中1人で逃亡した。他の人達は全員実験品にされた(安達県党委員会張風久の証言)。


  • 毒ガス戦
    ・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
    第1章 毒ガス兵器の研究と開発

    2 日本陸軍、毒ガス研究に着手

陸軍科学研究所の設置と毒ガス研究の再開

その後の研究は、大戦の終了とシベリアで毒ガス戦が起きなかったことから停滞したが、欧米の毒ガス関係施設を見学した(ひさむらたねき)砲兵中佐が1921(大正10)年に帰国し、陸軍首脳部に毒ガス研究再開の必要性を報告してから、再開されることになる。久村は「それは私が率先してやりますから研究費人員施設を成るべく早く充実する様、上司に考えて頂きたいという熱誠を以て訴えた」と回想している(陸上自衛隊武器補給処大宮支処「久村中将講演要旨」)。こうして、陸軍科学研究所第2課内に化学兵器班が設置され、久村がその主任になった。


・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷
毒ガスの焼却

「海に沈める」やり方は、びらん性毒剤処理の主たる方法で、沈める地点としては当時選ばれたのは、四国南部の土佐沖だった。この地点と四国の室戸岬足摺岬はちょうど等辺三角形の3つの点上にある。最初は毒剤を2隻の上陸艇に積んで、沈める地点まで運び、船もろとも爆破して海底に沈めた。2回目は4000トン級の貨物船「新屯丸」に数百個の毒ガス缶を積み、上記の地点まで運んで、毒ガスを海に沈めた。貨物船にはたくさんの人がいたので、傷害の発生を防ぐため、船の重要な場所には皆試験紙が貼られ、さらに十姉妹を携行した。

 


日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題



●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

軍医の野天解剖
小美野義利

戦務班長 憲兵曹長
〈旧部隊名〉
関東軍特別警備隊2大隊本部

「もう帰ろう」

たまらなくなった小林少尉は、山垣内に目配せして、東の方に歩き出した。軍医はなおも執拗にやろうとするのだが、みな浮き足立ったので、残念そうに見下ろした。

小美野、桐原は足を引きずり、ずたずたになった死体を穴に投げ込み、大急ぎで土をかけると、逃げるように自動車にかけもどった。

「おい、全速力だ」

鬼どもを乗せた自動車は電灯の明滅する新京の街に突っ走って行った。


2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!

日本の毒ガス

沖縄・南西諸島が軍事要塞化している現実はおかしくないか??

「琉球処分」から140 今の沖縄を考える


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

第4 私達の情報公開裁判闘争の目的

 1号の94頁には、2号(1957年8月号)の予告が掲載されていますが、2号には園口忠男氏が「生物戦研究は一般社会に役にたったか?」を発表しています。このように731部隊時代の研究成果を交えた細菌戦(生物戦)研究論文が掲載されています。

 旧日本軍は、日中戦争中、731部隊や1644部隊などの細菌戦部隊を使って、細菌兵器開発のために中国人等に人体実験を行ない、更に実際に中国各地で細菌兵器を使用し、中国全体で数万人にのぼる膨大な犠牲者を出しました。

 これは、1925年のジュネーブ・ガス議定書が禁止する「細菌学的戦争手段」に該当し、著しく残酷で人道上決して許されないものでした。



・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。

・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!

第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1
          


金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。

 


  • BC兵器』久保綾三著(1969年)
    ※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

    Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

    1、 生物・化学兵器の開発の歩み

    自衛隊員が語る旧軍技術研究

草の根本に不気味に光るどす黒いイペリットの上に消缶を携行させて、さらし粉を身を臥せてぶちまくる動作、背が高いと、仮設敵の機関銃を打たせて、わざと低い姿勢で除毒点を構成させる。教官も勿論完防を着用しての教育である。」

かつて旧軍当時、陸軍の毒ガス部隊の教官であったものが、自衛隊の化学課にいるのは珍しいことではないし、むしろ因縁を感じさせるのだが、島田が書いたことは、末端における教育の一面を伝えるものに他ならない。


第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身

1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)
            

イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。



 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
          


第12章大元帥の試練


そのうちに、昭和天皇の海軍に対する態度が変わったことが、しだいにはっきりとしてきた。数力月前までは勝利を楽観していたが、いまや情勢は失敗と敗北の連続であった。5月29日、アリューシャン列島アッツ島の守備隊2500名の玉砕に際し、昭和天皇は杉山陸軍参謀総長、永野海軍軍令部総長からそれぞれ別個にアリューシャン方面の報告を受けた。このとき、昭和天皇は、陸海軍が事態の予想を誤り、それどころか「5月12日に敵が上陸してから1週間かかつて対応措置が講ぜられ」たことを叱責した。誤った判断と過信のために見通しを欠いていたことに、昭和天皇は苛立っていた。



                    "

小泉親彦と昭和天皇
近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~
近代天皇制の真髄は
福沢諭吉
神武と戦争

憲法9条を生かそう!!

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!

●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

温暖化の為ハリケーンや台風が増えている?

海面水位はこれからどうなるか

2005年1月22日の朝日新聞夕刊は、一面トップで「日本の潮位、過去最高」の大見出しをつけ、「温暖化も一因か」の小見出しをつけた。そこに「日本沿岸の海面水位の変化」と出した【図37】のグラフが掲載されていたのだが、私には、この記事の意図するところが理解できないのである。グラフの海面水位は、敗戦直後の1948年をピークに、二酸化炭素の排出量がぐんぐん増え始めたのに反比例して、1960年代に急降下しているではないか。しかも細菌が過去最高だからと言って、1948年とほとんど変わらない高さではないか。

2016年10月28日(日本時間)、国連総会第一委員会(軍縮)において、多国間の核武装撤廃交渉を来年から開始する決議案“Taking forward multilateral nuclear disarmament negotiations”(document A/C.1/71/L.41)が、賛成123、反対38、棄権16で可決された。アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、日本は反対票を投じ、北朝鮮は賛成、中華人民共和国は棄権した。

2017年7月7日に122か国・地域の賛成多数により採択された[5]。前年の決議からこの条約の採択の間に北朝鮮は不参加に転換した。

なお、核兵器禁止条約の国連総会への採択を含め、条約の推進には2007年に核戦争防止国際医師会議から独立して結成された核兵器廃絶国際キャンペーンICAN)の貢献が大きいとされ、同団体は2017年10月6日にノーベル平和賞を受賞した。

 

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)



「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!~土岐市核融合科学研究所 重水素実験について



原発化石燃料発電→再生可能エネルギー発電の増加

【金子勝の言いたい放題】NO5 世界は電力タダの時代に エネ転が拓く経済転換(飯田哲也さんと) 20191230



日本政府・自衛隊は情報を公開せよ!!(情報開示!!)

今年も8月12日がくる──。33年前 520人が犠牲になった日航機墜落、遺物の化学分析で判明した事実とは?

中曽根元総理が知る日航機墜落事故の真実とは?墓場まで発言の真意を調査!

ここの研究所は、どんなことをやっているのだろうか??

国立感染症研究所村山庁舎(武蔵村山)

●1954年3月1日第5福竜丸他1000隻もの船が被曝!核兵器廃絶!!

なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書



水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

           

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!

細菌戦の系譜!!

第5回「戦争の加害」パネル展in横浜
細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
『ウサギと化学兵器』いのうえせつこ著
731部隊と国立感染症研究所の問題!!
731部隊・細菌戦資料センター総会のご案内
731部隊の罪業
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!
731部隊・100部隊展



●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。

今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置

【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る



米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??



石井四郎が、細菌戦の主犯であったのか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米治第5代東大伝研所長は関与していないのか??大元帥昭和天皇の関与は?


検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)
はじめに

背陰河、満州国衛生技術廠(満洲伝研)での実験の概要を、医学的に検証するのに、19年の歳月を要したが、宮川米次に焦点を当て歴史を見直せば、今まで行われた中国での生体実験の全貌を明確にすることも可能であると考える。
東大医学部の名称は、1877年東京大学医学部(第1次)、1886年帝大医科大学帝国大学令)、1897年東京帝国大学医科大学京都帝国大学創立による)、1919年東京帝大医学部、1947年東京大学医学部(第2次)と変更になっている。
人名(  、  )は左に卒業大学、右に卒業年度を入れた。東大医学部の場合、創立以来名称が何度か変わっているので、東大医学部は単に東大、他学部は学部の頭文字を入れた。例えば東大理学部は東大理とした、また他の大学も東大に準じた。
なおこの文中の人名については、敬称は省略した。



伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より







この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、
日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?



今回の新型コロナウイルスは、日本軍が遺棄してきたものが影響しているのか、それともどこかで作られたのか?それとも動物を介して新たに自然発生したのか?

作ったとすれば、アメリカが作ったのか、それとも、日本軍の細菌戦に苦しんだ中国が作ったのか、はたまた、ロシアかそれとも日本(又は日米共同)が作ったのか?よくわからないが、世界各国で生物戦の研究がなされていることは確かであろう。

生物兵器禁止条約の署名を日本は1972年にして、この条約は、1975年に発効されたが、日本がこの条約を批准したのは、1982年。なんでこんなに時間がかかったのか?批准されてからも、細菌(生物)兵器は、極秘裏にアメリカ、中国、ロシア、日本などで研究開発しているのだろう??

中国もロシアもアメリカも細菌戦の事は厳しく裁かなかった!!

埋もれた細菌戦調査書







●細菌戦裁判

資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

弁護団声明

団長 弁護士 土屋公献

細菌戦の事実をどれだけ多くの民衆が知るかが控訴審の結論を左右する。判決の翌日、新聞の一面に本判決で細菌戦の事実が認定されたことが報道された。この報道に接した人々の大半は初めて細菌戦の事を知ったであろう。日本の民衆の中で日本軍の細菌戦を知る人の数は未だ少ない。
細菌戦の事実を知る人々が圧倒的に増えて民衆の声が裁判所を包み裁判官の良心を動かした時、本裁判で謝罪と賠償を実現することができると確信する。
私たち弁護団は、原告団・支援団と共に裁判闘争勝利まで闘う決意である。




731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

731部隊の行なった細菌戦



東大伝染病研究所は、1947年に主に検査・製造に関わる部門などを厚生省所管の国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)として分離し、1967年に伝染病研究所を改組して医科学研究所が設置された。

国立予防衛生研究所所長と731部隊員の繋がり(教えてげんさんより

(所長が731部隊員であれば、元隊員もたくさん入るだろう)

戦争中細菌戦部隊及び組織に属していて、戦後、国立予防衛生研究所に関係した人です。

朝比奈正二郎 (当時)731部隊第1部第9課(水棲昆虫)長。発疹チフスワクチン製造
(戦後)国立予防衛生研究所 名誉所長
*小林六造   (当時)京大教授、防疫研究室嘱託
(戦後)国立予防衛生研究所 初代所長
*小島三郎   (当時)東大伝染病研究所教授、栄1644部隊所属 サルモネラ菌の研究
(戦後)国立予防衛生研究所 第2代所長
文部省百日咳研究班員
*小宮義孝   (当時)華中衛生研究所(栄1644部隊関連)
(戦後)国立予防衛生研究所第4代所長
*柳沢謙    (当時)陸軍軍医学校防疫研究室で嘱託として結核研究 凍結乾燥BCG
(戦後)国立予防衛生研究所 第5代所長
*福見秀雄   (当時)陸軍軍医学校防疫研究室  インフルエンザ
(戦後)国立予防衛生研究所 第6代所長
文部省百日咳研究班員
(注)1951年、国立東京第一病院に入院中の乳児たちに、
両親に告知や許可を受けずに大腸菌を飲ませる実験を行なった
*村田良介  (当時)1644部隊
(戦後)国立予防衛生研究所 第7代所長
*倉内喜八郎  (当時)731部隊細菌戦研究班
(戦後)永寿病院院長
【コロナウイルス・4/17追記】永寿総合病院でメガクラスター発生、160人以上が感染・20人死亡、屋形船から感染拡大

・・・・・・・自衛隊に入った731部隊員・・増田美保、近喰秀大、神子謙、金原節三、井上義弘、中黒秀外之、園口忠男、高橋三郎、佐伯実、木村直正など
コロナウイルス「PCR検査」を遅らせた“戦犯”は?〈週刊朝日〉



帝国陸海軍の「亡霊」が支配する新型コロナ「専門家会議」に物申す(下)


それともロシアや中国などが研究しているだろうか?
新型肺炎、米メディアが報じた「研究所が発生源」説



生物兵器禁止条約が1975年に発効されたにもかかわらず、その裏でどんなことが起こっているのだろうか??

免責された731部隊員は、戦後、ABCC(原爆傷害調査委員会)に全面協力し、原爆被爆者を治療するのではなく、放射能の人体に対する影響を追跡した。そして日本は、アメリカの非人道的な原爆投下を問うこと全くなく、原子力の平和利用に突っ走った。

新型コロナは「パンデミック」 WHOが表明





●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!
安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。



731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)




旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!



731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記







核兵器生物兵器化学兵器廃絶!! 戦力不保持!!安倍政権打倒!!

どこの研究所で新型コロナウィルスが誕生したのだろうか??

●ニュース

戦争責任を取らぬまま、そのまま在位した昭和天皇、その後の天皇も日本の侵略戦争の謝罪をしていない!!

このウィルスは自然発生なのか?どこの研究所がこんなウィルスを開発したのか??それとも日本軍が遺棄した生物兵器が影響しているのだろうか?

もし人工的につくられたのであれば、どこで製造されたのだろうか?アメリカか?それとも中国?、日本?・・・


731部隊が建物を爆破して日本に逃走した後、その近くの村でペストが流行した。100部隊の逃走した時は、鼻疽菌などに汚染された馬を放ってきた。

中国各地に日本軍の細菌戦研究所が存在したのだから、その施設が遺棄した生物兵器はその後どうなっているのか?

中国の細菌戦被害地では、今でも毎年鼠を捕獲してペストの検疫を行っている。日本軍の遺棄した生物兵器がその後も生きていて、いま中国で広がっている新型コロナウィルスや豚熱に影響はしていないのだろうか?遺棄毒ガス弾が多くの中国人を苦しめているように。

なぜ天皇はコロナ禍にビデオメッセージを発しないのか、皇室記者の考え

横倉氏が5選出馬へ 日本医師会長選


小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」


「感染疑わしい人とは働けない」 陰性証明の要求相次ぐ


終戦後も国内潜行生活を続けた元日本陸軍参謀が国会議員になった理由

検察庁前で麻雀「黒川杯」 テンピンで黒い牌で…警官集まる騒動に

自殺した近畿財務局職員の遺書公開…そもそも「森友学園問題」はどう始まったのか〈dot.〉

http://no-military-research.jp/wp1/wp-content/uploads/2020/05/NewsLetter_No44.pdf

福島原発、見えぬ「トリチウム水処分」のゆくえ

チェルノブイリ原発付近で森林火災が発生 放射線量が上昇したとの報告も

戦闘機は必要なのだろうか???

河野防衛相、F35A視察 空自三沢基地

イージス艦もいらない!!
河野太郎防衛相が訓示 イージス艦「まや」就役

自衛隊とオウムのサリン製造の関係は??情報が漏れていたのでは??

地下鉄サリン事件から25年…「オウム」の跡を訪ねて 熊本・旧波野村



大竹まことゴールデンラジオ・金子勝・2020-05-29(文化放送)



●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)


3.印象的なのは、731部隊、100部隊、村瀬写真。「731」の戦闘機に乗ってVサインをするアベこの人がわが国の総理大臣、びっくりした後、激しい怒りが血が湧く怒りが足から頭のてっぺんまで走り続けた。(男、70、市内、折込み・記事)



●映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)
( )は性別・年代・住まい・情報

26、小林開さんの話で子どもの心を教師たちが日本に世界に伝えようという妥協を許さない意志の結集だったと映画を見て納得しました。このような伝える会はとても大切で大小に関わらず、回を重ねて頂きたいと思います。すべて事実であり、嘘はないという森川さんの言葉にも納得し他の人に伝える自信や確信になりました。ちなみに私は長田新さんの「原爆の子」赤表紙で当時5才、4才、10才だった方々のひらがなの多い本を高校のホームルームの時間を先生から譲り受け、数人で泣いては交代し、級友の前で読みました。。当時の本は借り物だったので、広島に行った時、探しましたが見つからず、いまだに心残りでした。今日、森川さんの御本を手に入れ、しっかり読んでいこう思っています。ありがとうございました。
たくさん来られて良かったですね。席数以上の入室は禁じられているのでしょうか。床等に座れないでしょうか。「満員になり次第〆切ります。夜の部(昼に来た人は)にご参加ください」、とのメッセージがチラシに必要だったのでは?
(?・80代・市内・友人)





日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

●細菌戦
【真相】(unit731)

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
―第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S
マニラで細菌戦の予備訓練を受ける

「丸太」の処分が始まった。我々は、用意された3尺から4尺のロープを持って、「丸太」の監房へ行った。そして、中国人の「丸太」に向かって「メィファーズだ」といよいよ最後の時であることを伝えた。このロープで、それぞれに首を縊って(くびって)自分で死んでくれと頼んだ。
もはや逃れるすべはないと観念したのであろうか。中国人「丸太」たちは、本当に素直で従順であった。黙ってロープを受け取ると、扉の窓の鉄枠にロープをかけて、次々と自分で首を縊って死んでいった。
それは、今まで見ていた「丸太」の死に様とは、明らかに違っていた。今までは、「丸太」は実験の


・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』

中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳
二 大規模な細菌生産と残虐非道な人体実験

黒龍江省人民による日本軍細菌戦の犯罪行為摘発資料の抄録
安達細菌工場は、安達県城から東に38里(1里は0.5㎞)離れた五区富本村鞠家窯東の荒れ地にあった。そこは平地より約15m高くなっており、周囲に住民はいなかった。1941年から42年までは建物は建てられず、実験が行われただけで、実験で死んだ動物は爆薬を仕掛けて掘った穴に埋められた。1943年から同地で建設が始まり、(文字判読不能の為中略)消毒室1か所、炊事場1か所、倉庫2か所のほか、馬、牛、羊、豚を飼育する小屋と動物室があり、その他の家屋はテントで間に合わせてあった。



●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発

2 日本陸軍、毒ガス研究に着手
このように、1917年から20年は、毒ガス兵器という新兵器の登場に対応する取り組みが陸軍内でなされた時期【第1期】であった。以下、日本陸軍の毒ガス兵器開発を検討しながらその時期区分も設定したい。分かりやすさを考え、あらかじめそれを示しておくと次の通りである。
【第4期:1931年から41年のアジア太平洋戦争開戦まで】
満州事変を経て日中戦争で毒ガスが使用され、その経験も踏まえて、ソ連に対する戦争を想定した毒ガス兵器の研究・開発が、人体実験を含む各種実験により行われた時期。
【第5期:1941年のアジア太平洋戦争開戦後から45年まで】
アジア・太平洋戦争中に、戦時研究制度による科学者を動員した毒ガス兵器の開発が行なわれ、敗戦に至るまでの時期。


・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第12章 癒しがたい傷
毒ガスの焼却

あの時の極めて深刻で痛い教訓に鑑み、アメリカ軍は既に連合国軍によって占領された大久野島にかくも大量の毒ガスが置かれていることを決して望まなかった。このため、当時としては致し方無かったのだが、現在からみると極めて危険な方法を講じた。
1、海に沈めること。
2、地下に埋めること。
3、直接焼却すること。
この処理業務は当時「ルイサイト行動」と呼ばれた。既に大久野島以外の所に移されていた毒剤も改めて運び返され、処理された。







日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題





●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

軍医の野天解剖
小美野義利

戦務班長 憲兵曹長
〈旧部隊名〉
関東軍特別警備隊2大隊本部

「か、帰りますか」と桐原が言うと、みなは、はじかれたように動き出そうとした。軍医は、「ちょっと待った、ふつうなら一週間もかかる解剖だ、もう少しやろう」と、また、しゃがみこんで、腹に手を突っ込んだ。「君たちは生きている人間の首を斬るが、私は死んだ人間をいじるんですからね。イヒヒ・・・・」と笑う小笠原軍医の顔は、ロウソクの灯に悪魔のようにゆれている。
「ホレ、これが膀胱だ」「これが肝臓だ」「これがキモだ」
次々に切り出す軍医の手に中国人は細々(こまごま)に切りさいなまれていった。4辺に漂う血の臭いは、押し寄せる夜とともにひしひしと鬼どもを包んできた。

2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)







日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!

日本の毒ガス

沖縄・南西諸島が軍事要塞化している現実はおかしくないか??

「琉球処分」から140 今の沖縄を考える


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

第4 私達の情報公開裁判闘争の目的

その後2018年に「中央即応集団」は「陸上総隊」に改変され、現在の自衛隊には、陸上自衛隊三宿駐屯地に所在する「陸上総隊」隷下には衛生科部隊として「対特殊武器衛生隊」が設けられています。
同組織は、かつて1950年代後半に当時の自衛隊が構想した新たな生物戦部隊・化学戦部隊を含むものに他なりません。
『衛生学校記事』第1号には、米国医学会雑誌及び米軍教範から翻訳した形式をとって、元731部隊員の園口忠男氏が「生物戦に対する医学的防御の問題点」を発表しています。


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷
緊急事態宣言が出たため、4月の裁判は延期になりました。



・化学学校記事」情報公開裁判 (第16回)延期です!!
次回 2020年6月3日(水)11:30~ 東京地裁522号廷の予定でしたが、
新型コロナウィルスの影響の為、延期になりました!!



第4代衛生学校長だった金原節三が亡くなってから、遺族が、当時の防衛庁に寄贈した金原節三資料の中に13点の『衛生学校記事』が含まれている。それがいまだに未開示であり、その行方が防衛省は分からないという。

1995年に防衛研究所に衛生学校から金原資料の全部を移管した。翌年1996年には、その資料の中で旧軍資料の価値の高いものを、防衛研究所に残して、あとは衛生学校に戻した。

『金原文庫』はいつまで、衛生学校の彰古館に開設されていたのであろうか?その中に果たして『衛生学校記事』があったのか?また、金原資料はキチンと整理をされていたのだろうか?金原資料の中には『特殊武器衛生』というものもある。防衛省は、金原資料をすべて開示すべきである。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




第4代衛生学校長

『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?

金原節三(1901~1976)

陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」

厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1



金原節三と細菌戦

金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。

細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。

金原節三と武見太郎

金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

※彰古館には、自衛隊関係の資料も保管している!!

軍事史研究』2010年9月
軍事史関係史料館探訪(56)
陸上自衛隊衛生学校 医学情報史料室 彰古館
喜多義人

収蔵品の多くは、旧陸軍軍医学校由来の品々と医学文献であり、『大東亜戦争陸軍衛生史』編纂の際に寄贈された史料も所蔵されている。また、衛生学校にかつて開設されていた同校戦史室が収集した戦史史料、戦後の警察予備隊から保安隊を経て陸上自衛隊に至る草創期の衛生科部隊の行動史、研究報告なども含まれている。



●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅲ 日本における生物・化学兵器の歩み

1、 生物・化学兵器の開発の歩み

自衛隊員が語る旧軍技術研究

教育準備は(演習資材、数量、準備すべき場所、時刻、支援人員等)は一切帰宅後やり、翌日投降後、教育部、庶務班の下士官に示していた。何と言っても辛いのが、実物演習(実毒)である。学生には状況を示し、手撒散毒班(手散と称していた)を編成させ、偵察、準備位置における実毒の運搬槽から、手撒散毒缶への移液、応急除毒、散毒実施、散毒後の除毒までが1課目、これを完防で擬暗眼鏡をかけて行う、次の課目が、撒毒地の偵察じ後、除毒路の構成か、除毒点の構成である。最も重点を置いたのが、敵弾下における除毒点の構成である。


第5代衛生学校長

井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身

1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】

第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任(『大東亜戦争陸軍衛生史』を編纂するため、膨大な旧軍資料を集め、又戦後に日本独自の細菌戦部隊の復活させようとしたことが原因か??)になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を解任され、その後を井上が引き継いだ。

井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。

又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。

南方軍防疫給水部(岡9420部隊)




イタイイタイ病を究明した男 萩野昇
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
水俣病問題
小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去
小泉親彦と宮川米次の絆
ヒロシマからフクシマへ
宮川正
「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—
ビキニ「死の灰」世界各地へ
自衛隊とサリン
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
日本の国家機密
兒嶋俊郎さんを偲ぶ


昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)吉田裕監修 2001年ピュリッツァー賞受賞

昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!



第12章大元帥の試練


ガダルカナル攻防戦に全力で立ち向かった海軍の敗退、なかでも、その航空機がソロモンの戦いで甚大な損害をこうむったことが昭和天皇を苦しめた。1943年3月30日、木戸は朝の拝謁のことを「戦争の前途、見透しその他につき珍しく長時間に亙(わた)り御話あり」と日記に記している。このとき、ふたりはミッドウェー敗北以来海軍の損害について討議したが、昭和天皇は、もしこのような損害が続けば、海軍は制海権を失い、長く延びきった防御線を維持することができなくなるのではないかと懸念していたのである。


                    "

小泉親彦と昭和天皇
近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~
近代天皇制の真髄は
福沢諭吉
神武と戦争

憲法9条を生かそう!!



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!!

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!

●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第1章 二酸化炭素温暖化論が地球を破壊する

温暖化の為ハリケーンや台風が増えている?

海面水位はこれからどうなるか
1988年にIPCCが設置された時、初代議長に就任したバート・ポリンは、「2020年には、ロンドンもニューヨークも水没し、北極圏のツンドラ帯だったアラスカやシベリアで家畜を飼えるようになる」と予言した。10年後には、ロンドンもニューヨークもなくなっている?(本書は2010年の発行)
それを受け継いだ温暖化教は、「海水面の上昇により、南太平洋の島国は海中深くに没してしまう」と騒ぎ立てて来た。


●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子
核兵器禁止条約
2007年4月、mNWCはNGOコンソーシアムを招集した核政策に関する法律家委員会(Lawyers' Committee on Nuclear Policy, LCNP)を通じ、コスタリカ及びマレーシア両政府の共同提案として、国際連合核拡散防止条約(NPT)運用検討会議の第1回準備委員会(Preparatory Committee for the 2010 Review Conference of the Parties to the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons)に改訂版の「NWC」(UN Doc. A/62/650)として提出された。NWCは、以下の項目について核の取扱いを禁止している。
開発(development)
実験(testing)
製造(production)
備蓄(stockpiling)
移譲(transfer)
使用(use)
威嚇としての使用(threat of use)
2011年10月26日~31日、国連総会で軍縮・国際安全保障問題を扱う第一委員会が52の決議を採択した。このうちマレーシアなどが提出した核兵器禁止条約の交渉開始を求めた決議が127ヵ国(昨年より6ヵ国多い)の賛成で採択された。


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)



「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!~土岐市核融合科学研究所 重水素実験について



原発化石燃料発電→再生可能エネルギー発電の増加

【金子勝の言いたい放題】NO5 世界は電力タダの時代に エネ転が拓く経済転換(飯田哲也さんと) 20191230



日本政府・自衛隊は情報を公開せよ!!(情報開示!!)

今年も8月12日がくる──。33年前 520人が犠牲になった日航機墜落、遺物の化学分析で判明した事実とは?

中曽根元総理が知る日航機墜落事故の真実とは?墓場まで発言の真意を調査!

ここの研究所は、どんなことをやっているのだろうか??

国立感染症研究所村山庁舎(武蔵村山)

●1954年3月1日第5福竜丸他1000隻もの船が被曝!核兵器廃絶!!

なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書







水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!





JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病

731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!