細菌戦の系譜!! 


中国侵略戦争
第5回「戦争の加害」パネル展in横浜
細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

 

※「サムライ」という言葉を死語にせよ!!

 

 

 

 

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府は、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に、立ち向かうべきだ!!

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る

 




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??

 

10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)

 

 
 

 

 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

 

第3章 国家機密の抹殺

 

国家機密

 

 私が手に入れたものでは全く不十分であったので、さらに調べようと思い、昔私と一緒に肝炎問題を取り組んでくれた、東京在住の看護師に付き合ってもらい、2008年12月初旬、東大医学部図書館に行った。東大医学部図書館の「実験医学雑誌」は、1935年分から雑報の部分のみが白紙になって消えていた。

 

 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

細菌戦裁判第1審判決ドキュメント

                                 ー嵐の4日間ー

                                                      中谷真紀子 (大学生)

8月27日午後2時30分~弁護士会館 講堂クレオ

―記者会見―

◆鎮まることのない嵐

記者会見の冒頭で、土屋公献弁護団長は、「判決では細菌戦による加害事実、細菌の伝播による殺傷は完全に認められました。これは国の公式な判断であり、今後大きな影響を持つでしょう」と述べ、法律論で敗訴にした一審判決の問題点を詳細に指摘した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?


731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一月十四日

赤い顔しているからね。今日は衛兵寝ずの番つらいねーと。もたついた重い身体をようやぐ洗面所に運ぶ 理解し合った戦友の荒い言葉が面白い。

朝不足金六銭也の本間栄一様から書簡が来た 二か年もかかって書いた手紙だもの長い訳だ 年末の所感と年始の便りが一話で十枚也 今日も中隊から饅頭を送ってきた 山本から味いものぜめにするらしい

 

 

●パネル展「日中戦争―その実相に迫る!」感想(2020年2月8日~13日)

2/10(月)

18. 印象的なのは、南京大虐殺。万人坑は一か所だけかと思ったが中国各地多数あるのが知らなかった。(男、70、座間市、新神奈川新聞)

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

    

●映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)

( )は性別・年代・住まい・情報

80. 戦争の結果は重大、測り知れない。面子やよくわからない正義とかで始めるのは馬鹿の骨頂である。狂わされた人生の何代もの後生まで続く人生を仕方がないでは済まされない。教育は大事。日本人は御かみが右と言えば順々と右を向く性分が多いようだが。今はインターネットで広く世界の情勢がすぐわかる。偏らない考えを1人1人が持って、上が白と言っても黒に疑って、自分の意見を言いましょう。

放映は、ずっと続けていって下さい。ありがとう。

(女性・60代・市内・朝日新聞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●細菌戦
【真相】(unit731)

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店


V 私は中国軍の捕虜だった

ー総務部調査課翻訳(情報)班 H・M

 

われ、ハルピンを脱出せず

 

 

 当時の八路軍にあっては、兵士の家族も部隊とともに行動した。鍋釜を持った家族が部隊の後からついて行くのである。旧日本軍に比べると、実際八路軍は奇妙な軍隊であった。山岳部で煙草を仕入れ、町に進駐するとそれを売って商売したりもする。軍隊そのものが、自律的な生産単位であったのである。

 私も、妻を連れて転戦していた。元来あまり身体が丈夫でなかった妻は、強行軍の中で、ついに病に倒れてしまった。そして、昭和21年12月、一面坡から森林鉄道でさらに山奥に入った地点で、短い生涯を閉じた。肺結核であった。

 

 

 

・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 


笹島松夫自筆供述書(1954年8月11日)


1941年
3月301列車上で身分証を検査していた憲兵が、中国情報工作員殿携帯していたソ連発行の居住証発見した和田昌中佐は直ちに部下の渥美清少尉に命じて調査させた。渥美少尉は本部の通訳奥田勝及び中国人の補助憲兵楊、2名から乗車させ趙に対して尾行を行いその後駅において、本部の飯原金軍曹が趙を逮捕し尋問の後、石井部隊に送って殺害に至らしめた。当時私は北安憲兵本部功績軍曹であったが、尋問の手助けをし、現場で警戒に当たったその後功績のあった中国人対して賞状を発行し、激励した。また、石井部隊移送せよとの命令を伝達した。

 

 

 

  

 

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発

4 対ソ戦を想定した毒ガス兵器開発と人体実験

 

アジア太平洋戦争直前の状況

 

1941(昭和16)年になると、研究・教育機関の整備がすすめられ、4月10日、教育総監部(陸軍の教育統括機関)内に毒ガス教育を専門に担当する化兵監部が創設され、陸軍習志野学校を統轄するようになった。また、同年6月15日には兵器研究機関の整理も行われ、陸軍技術本部と陸軍科学研究所を改編して第1~第9までの技術研究所に仕切りなおした。これにより、陸軍科学研究所第2部は陸軍技術本部第6技術研究所(所長・小柳津政雄少将)となった。

 

 

 

 

 

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

埋めるー中国の毒ガス弾に対する処理

 

 

 敦化県の毒ガス弾の数は非常に多かったため、処理の過程はかなり複雑だった。委員会は発足した後、毒ガス弾を埋める場所を探すために多大な精力を費やした。埋める場所の選定について、中央政府は第2機械工業部関連部門の意見を認め、明確な原則を打ち出すとともに、文書を出した。

 

 

 

 

 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題