細菌戦の系譜!! 

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

           ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

   2020年夏「戦争」を考える!!

 


 

 

【日航機墜落事故の真相】

申し込み先のメルアドが間違っていました。失礼いたしました。


 

 

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る

 




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??

 

10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より) 



 

 
 
 

 

 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 

 

検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)

 

 

第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

第4性病発見は人体実験

 本病の材料は、伝研入院患者より集めると同時に、昭和病院、警察病院、帝大病院、陸軍医学校病院などの厚意によって得た。今日までに使用したものは、総数20例で、10例は動物に接種せず、その他の検索に使用した。種々の動物に接種法を変えていったが、猿の脳内接種が最も顕著な所見が得られた。

 使用した猿は、南洋尾長猿(カニクイザル)や赤毛猿であったが、そのうち特有な脳症状を呈したものは常に幼弱な猿であった。老年に達した猿は、その症状が確実ではない。体重は1 kg 以下、特に700 g のカニクイザルが最も良いと思われる。赤毛猿は比較的大きかったから、感染させても顕著な症状は出なかった。

 


 

 

 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

中国の記者が見た判決公判見聞録 

會海波(湖南経済テレビニュースセンター記者)

裁判支援団を結成

 団長は 常徳市政治協商委員会副主席の蒯定勛、副団長は常徳市人民大大会代表常務委員会副主任の向啓国、顧問は常徳師範学院院長の楊万桂、秘書長は常徳市外事弁公室副主任の陳玉芳である。私は随行記者として、支援団に入り、常徳出身ではない唯一の常徳支援団の一員となった。

 

 常徳支援団の目的は3つある。第1に日本政府に謝罪と賠償を求めること、第2に日本の裁判官に公正な判決を求めること、第3に日本の国民に真実を知らしめることであった。

 


 

 
 
 
 

731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?
     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

 

 

一月二四日

 足は痛く演習あれども気合かからず 城外の東側半里くらいの所に遼陽会戦第四軍の戦績と二拾戦隊の記念碑あり 講和を聞きつつ堡塁を見る。

 城壁・・・約三拾位の遼陽城の城壁の外を通りながら日本町に急いだ。市民の心からのもてなしを受けつつ午前十一時四十五分二十四列車でかりにむす?夢の楽しさ。

 

 鞍山駅に着いた時はほとんどびっこを引いたのだ。大隊本部や初年兵に出迎えられて兵舎に入ったのが丁度〇時二十分 実際嬉しかった。入浴はできるし 水も安心して飲めるし なんと嬉しいことか。

 

 

●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日~31日)

 7月30日(木)

3、毎年拝見しております。戦争の後始末もまだできていない日本に皆様のご尽力に敬意を表します。今年はまた、平頂山事件について知ることができました。次回は友人たちに働きかけ、一緒に来たいと思います。むやむやにされていく大日本帝国の残虐な行為を私たちは見据えて、伝えていく必要があると思います。(不明、年齢不詳、不明、友人)

 

 
 
 
 
 
 
 
 

    

大江健三郎

ヒロシマノート」岩波新書

 

 

挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86ポツダム書店発行)より

 

 

 

 

 

 ≪大江氏のいう、広島の被爆した医師は、―後遺症に直面して絶望的にならざるを得ぬ医師は、また、自らの運命を直視してそうならざるを得ず、しばしば原爆症はなくなったとか言った楽天的な報告を行いその後で、苦い訂正を繰り返したはずであった。しかし、私は、爆心地より1 km 半にありながら、いささかの後遺症はあったが、現在、まず健康であり、父母も、同じく被爆した当時の女学校2年生の妻、また昭和30年代に生まれた3人の子供も、全て健康であるところから、できるだけ、後遺症の発現のないことで楽天的であろうとした。そのためであろうか原爆の文学と呼ばれるものが、ほとんど、回復不能な悲惨な人たちの物語であり、後遺症の症状、心理の描写であるより他に、ありようがないのか以前から訝っていた。例えば、被爆して、一通りの悲惨な目にあった家族が、健康を回復し、人間として再生できたという物語はないものだろうか。

 

 

 

 

 日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編

はじめに

 

 

 

 

 松村知勝は、ハバロフスクで開かれたソ連の軍事裁判で数々の貴重な証言を行った。彼は「一般の戦犯は中佐以上が15年が通り相場であった。総司令官(山田乙三)を被告とするなら、私も当然被告に入るべきだろう。私に対する取り調べでもこれに触れたが、知らぬ存ぜぬで押し通すとそれ以上追求しなかった」と著書の中で述べている。

 

 彼は部隊との関係について「梅津(美治郎)司令官、次いで1944年7月月以降(司令官だった)山田乙三は、第731部隊の業務の統括に際して、その戦略上の諸問題に関しては、私を長とする作戦部隊を通じて、又科学技術上の諸問題に関しては、細菌学の分野における科学技術的研究の諸問題、細菌専門家の要員の養成問題、更に防疫勤務及び給水の諸問題等を取り扱っていた関東軍司令部軍医部長梶塚隆二中将を通じて行っていました」と言及し、関東軍司令部作戦部の指導は「細菌兵器の研究及び製造の諸問題について」だったと述べている。

 

 

・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 

 

田上惟敏供述書(1954年8月10日)

問:中国人を石井部隊に送って細菌実験に供したことがあるか。

答:ある。1942年6、7月頃、図們憲兵分隊長の任にあった際、小林曹長に命じて 図們駅で中国人1名を逮捕させた。拷問を加えた後、私から上に報告し、憲兵隊司令官の許可を受けた上で、石井部隊に送って細菌実験に供した。

問:当時、石井部隊が何をする所であったか知っていたか。

答:当時、石井部隊が細菌部隊であると知っていた。

問:では、なぜ中国人を石井部隊に送ったのか。

答:一つは反日勢力を鎮圧するため、もう一つは「死刑判決を受け、かつ家族のいない抗日工作員は、全て石井部隊に送ってよい」、という憲兵司令部から1940年に出された指示があったからである。

 

(1)119‐2、501、1、第4号

 

 

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発

 

 

5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開

 

科学者の動員による毒ガス開発の推進

 

 

 

 

 

 

1944(昭和19)年2月、「決戦兵器」として新しい毒ガスの要望が高まり、第6陸軍技術研究所に戦時研究員が設置され、研究員の選択は朝比奈泰彦薬学博士と真島利行理学博士に依託された(防衛省技術研究所編「本邦化学兵器技術史」)。軍ではなく、学者に研究員を選択させていたのである。その陣容は表1の通りであるが、研究内容を見ると青酸の合成研究も含まれていることから、新毒ガスに匹敵するものとして青酸の大量合成が重視されていたことが分かる。

 

 

 

 

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

 

  死の谷踏査記

 

1991年11月、日本の共同通信社北京駐在記者は次のような ニュース を送った。


「日本軍は第2次世界対戦で敗れた際、大量の毒ガス弾を中国国内の十いくつかの都市に捨てていった。戦後、これらの毒ガス弾は中国東北部の敦化市郊外に集めて埋められた」


 当時、国連の軍縮会議化学兵器特別委員会では化学兵器禁止条約調印を巡って慌ただしく作業が進められているところだったため、このニュースはすぐさま世界の世論の注目を引き起こした。各国代表は地図を取り出して、「敦化」がどこにあるのか探した。まもなく、中国代表は1992年2月18日に、国連軍縮会議に1つの資料を提出し、次のように指摘した

 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題

 

●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

糧穀の略奪

冷酷非情な取り立て

 

引地 章(ひきじあきら)

警察署長 警正

(略歴)

学歴 高等小学校卒業

所属 旧満国 図們警察署

年齢 54歳

 

引地が旧三江省依蘭県公署警務科科附警正として着任したのは、1941年3月初めで、それからもう1年半もなろうとしていた。

 

 7月中旬の真昼の太陽は、ジリジリと屋根瓦を照りつけていた。打ち続く干ばつに、道路は砂埃がたち、畑にある野菜の葉は黄色にカサカサと縮み、この分で10日も続いたらコーリャンも粟も半作になるだろうと、農民たちの顔には暗い不安の色が浮かんでいた。

 

 

 

 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

第4 私達の情報公開裁判闘争の目的

 ところで日本は1951年9月に締結されたサンフランシスコ対日講和条約に基づいて翌1952年4月に“主権回復”。その後同年中に「保安隊」が設立され、2年後の1954年に「自衛隊」が発足しました。その自衛隊は、発足当初から旧日本軍の731部隊の元幹部隊員を自衛隊に入れて細菌戦部隊が持っていた技術や知見を秘密裏に軍事情報として積極的に収集しました。

 

 

 

 

・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊



 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器

 

1 自衛隊の基本戦略

 

生物・化学兵器自衛隊における位置

 

 

 

 

 

 

 それに比較すれば、自衛隊の生物・化学兵器の研究開発はお粗末だというのが防衛当局の説明のようである。確かに戦力としての生物・化学兵器保有は、軍事的に見た場合取るに足らぬ存在に違いない。しかし、自衛隊が既に各種生物・化学兵器の研究を行っていることは厳粛な事実である。ここで重要なことは、その量と質の比較検討ではなくて、自衛隊が生物・化学兵器を抑止力として保有しようとする戦略なり思想を基本としていることである。

 

 

 



昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

日本政府はこの宣言を読むことで、次のようなことを知らされたのである。すなわち、日本政府が「全日本国軍隊の無条件降伏」を宣言した後、戦勝国が課す一定の一方的義務〔「吾等の条件」〕を履行し、「右行動〔ポツダム宣言にしたがうこと〕に於ける同政府の誠意に付適当且充分なる保障」を提供するならば、そのとき日本は平和産業を維持し、資源に対する機会均等の原則に基づき世界貿易へ参加することが許されることになっていた。同宣言は「右以外の日本国の選択は迅速且完全なる壊減」であると結ばれていたが、原爆に関する警告はいっさい書かれていなかった。また第12項は、次のように述べていた。「前記諸目的が達成せられ且日本国国民の自由に表明せる意思に従ひ平和的傾向を有し且責任ある政府が樹立せらるるに於ては連合国の占領軍は直に日本国より撤収せらるべし」。しかしながら、この条項からはグルーが固執した「これには現皇室下における立憲君主制を包含する」という言葉が削除されていた。結局、天皇の地位は保障されず、無条件降伏の政策には変更がなかったのである。

 

                    

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

 

最悪の地球加熱装置

原子力発電所


 

日本の大河である一級河川は109ある。北から南まで、天塩川渚滑川湧別川常呂川網走川留萌川石狩川尻別川後志利別川鵡川沙流川釧路川十勝川岩木川高瀬川馬淵川北上川鳴瀬川名取川阿武隈川米代川雄物川子吉川最上川、赤川、久慈川那珂川利根川、荒川(東京都・埼玉県)、多摩川鶴見川相模川富士川、荒川(新潟県山形県)、阿賀野川信濃川、関川、姫川、黒部川常願寺川神通川庄川小矢部川手取川、梯川、狩野川、安倍川、大井川、菊川、天竜川、豊川、矢作川庄内川木曽川鈴鹿川雲出川櫛田川、宮川、九頭竜川、北川、由良川、淀川、大和川円山川加古川揖保川紀の川熊野川、千代川、天神川、日野川斐伊川江の川高津川、吉井川、旭川高梁川芦田川太田川小瀬川佐波川吉野川那賀川土器川重信川肱川物部川仁淀川四万十川遠賀川山国川筑後川矢部川松浦川六角川嘉瀬川本明川菊池川、白川、緑川、球磨川、大分川、大野川、番匠川五ヶ瀬川、小丸川、大淀川、川内川、肝属川

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

 


若くして白血病で亡くなった夏目雅子本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 

核兵器禁止条約

署名国と批准した国

 ニウエ           

 

2020年8月6日

Total

81

43

 

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!