細菌戦の系譜!! 

中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

 

 

「人骨問題と731部隊
講師:鳥居靖さん(軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会事務局長)
2021年2月11日(木)までダウンロードできます。

 

 

入所者479人の遺体解剖 ハンセン病療養所が報告書―熊本

 

 

 
 

終戦から75周年の今、新たな動きを受けての改訂新版!

 

『長き沈黙【増補版】父が語った悪魔の731部隊』 
2020年11月10日初版第1刷発行 1000円+税

 

父は自らが隊員であった旧日本軍731部隊の罪状をマスコミに告白し、その2年後に世を去った。
父の遺志を受けて、485回にに及ぶ「語り継ぐ活動」を行ってきた著者。
憲法改正」が声高に叫ばれ、70年間守られてきた平和憲法が脅かされる今、学び取ってほしい戦争の真実を伝える。

第1章 関東軍防疫給水部731部隊員になる
第2章 731の亡霊 私たちは何を学び取るか
第3章 悲劇を繰り返さないために 教育・学校を考える
混声合唱組曲悪魔の飽食

 

 

混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)

 
 

「許すな憲法破壊!院内集会」-日本学術会議会員任命拒否は憲法違反ー

 

 

『スパイの妻』黒沢清監督 ヴェネチア銀獅子賞に輝いた最高傑作!

映画『スパイの妻』

第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した、黒沢清監督最新作『スパイの妻』。

731部隊が行なった生体実験、細菌戦を世界に訴えようとした勇気ある行動!!

世界は、もう事実を知っているのに、なぜ日本政府は、

 

きちんと事実を認め、謝罪しない??

 


ユーザーレビュー

面白かった!

蒼井優が最高です!もう一度観たい!
 

黒井秋夫講演会

 

PTSDの日本兵と家族の交流館

 



 
パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」

『従軍日記』 小津安二郎

 
 
森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も続く歴史改ざん!!           
 

 

※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

 

  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

    関東大震災と朝鮮人虐殺「なかった」ことにしたい集会、誰が参加するの か?   

                   

 

    歴史改ざん(「風を読む」)

 

       
 
                 【日航機墜落事故の真相】
 
今の日本の実態!!




 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る

 




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??

 

10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)



 

 

 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

 

NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日

 

 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

 


 

 

 1929(昭和4)年 実験医学雑誌第13巻雑報

 

雑報

 

学術集談会

 

細菌溶血毒素の研究 長瀬亀吉君

2、該精製溶血毒素は蛋白消化酵素なるTrypsin,又はErepsinの作用を受けざるに反し、含水炭素消化酵素なるDiastase又はEmulsinによりて破壊せらる.

 

3, 以上の事実より本溶血毒素はViblio El Tor 溶血毒素に近似のものにして恐らくは蛋白質又は其高級分解物質には非ざるべし.

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

 

 

3章 細菌戦裁判弁護団から

 

判決の法律論は正義に反する

 

土屋公献(731細菌戦裁判弁護団長、元日弁連会長)

このように細菌戦が陸軍中央の指令によって実行され、それによる被害が甚大で、この行為が非人道的だという事実認定がされたものの、それが、立法不作為問題を検討するための前提として扱われない事には疑問を感じます。もし、我々が立法不作為の主張をしなかったら、このような事実認定が省略されてしまったのだろうかと疑われるからです。

 この判決を不服として、我々は控訴して最後まで戦うつもりです。正義を実現することなしに日本は中国と真の友好係を築くことは出来ません。必ず正義を実現させます。

(8.27判決報告集会で発言)

  

 
731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦

 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

 

三月十六日

午前五時起床 雪、晴 非常に寒し 一支那大人と共に大隊長の内務巡察あり

雪とは驚きの外なし 寺田の衛兵勤務の為に臨時中隊当番をする 夕方少しばかり照準監視査あり

零下十三度

午前五時不寝番の為に起こされる 背中がぞくぞくする程寒い 昨日と天地の差の如し 内地は桃が咲いた事を知らせている矢先というより、昨日考えたばかりの木々が惑わすとも書いた 寒さがやって来たのだ。多くはないが雪ではないか本当にあきれる 昨日のことを思うとね。雪の前を走る風の冷たさを窓に見るのみで身震いする

 

 

    

大江健三郎

ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 

 


 

 
挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86ポツダム書店発行)より

 

Ⅱ 広島再訪

 そこで核禁会議のものは別にしても、僕は今同時に開かれているもう一つの大会のことを考えてみないではいられない。京都を会場にした日本原水協主催の第10回原水爆禁世界大会でもまた、同じようにスムーズで和気あいあいの展開がある筈なのだ。そこでは中国代表が、ジューコフ氏達に勝るとも劣らない東洋の微笑を浮べ、おおらかに、かつ機敏に会議をリードしているに違いない。そこでも、数々の豊かな演説がなされている事だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一の戦争被爆国 日本政府は核兵器禁止条約に署名・批准してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行

 

Ⅰ 731部隊

 

昆虫班でのノミの増殖

ノモンハンでの細菌撒布も

 

鶴田兼敏(つるたかねとし)

731部隊・少年隊

〈経歴〉

1921年生まれ

1938年 731部隊に入隊(少年隊・田中班)

1939年10月 退職

1945年12月 帰国

■この証言は佐賀731部隊展(1994年12月)の『報告集』をもとに本人がまとまたもの。

 

ノミの増殖

 最近ではあまりノミは見ませんが、昔はたくさんいたものです。ノミというものは、人間であろうがネズミ・猫・犬などの動物であろうが、温体動物の血液を吸って生きているわけです。ノミは、成虫は勿論さなぎも跳ね上がります。幼虫は乳白色をしていますが、これも動きが速いんですね。あらゆる虫を集めて幼虫の運動会をやったら、ノミの幼虫が一番だと思います。

 

 

 

 『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

 

五 日本の降伏前夜、平房細菌工場を爆破しての証拠隠滅

 

ハルピン市香坊区平房村東井子屯農民会主任高景義の告発書(1950年3月19日)

満洲国」時代、ハルピンの平房は日本軍731部隊の細菌製造工場で、極めて厳重に機密が守られていた。同工場は付近の住民に命令して鼠を捕まえさせた。「8・15」の日本降伏の際、工場は日本軍によって爆破され、彼らの培養したペスト菌が付近の村にばら撒かれた。各屯ではこの病気で死亡した人が大変多く、私たちの屯だけでも38人が死んだ。これは村全体の人口の11.3%にあたる。一家全員が死んでしまったものもある。

付表 被害に遭った家族の氏名及び死亡者数

被害者家族氏名    死亡者         備考

劉長有        1   

李海庫        1

李勝喜        1

李玉恒        6

趙永禄        3

王景桂        1

郭良昆        1

慶雲        2

李海同        1

李占有        1

李玉書        1

李蔭庭        1

王成柱        1             本人

王栄         1

張国柱        1

李俊         3

李海新        4             一家全員

劉占奎        2

唐老女        1

鄧          1

高喜文        1

孫喜元        3

 

(1)124-1、112、第47~48頁

 

 

●毒ガス戦
・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

第3章

一般国民と毒ガス

1、自国民にも災厄をもたらした毒ガス

 

忠海・曽根兵器製造所の労働状態

忠海兵器製造所の元工員は、業務の体験を次のように記している。やや長くなるが引用したい。

・・・工室内はガスで嫌な臭いがいっぱいでした。その上排風機が故障となれば工室内は毒ガスの白煙がいっぱいに充満するのですが、それでも製造は止めないのです。・・・上司から日産何屯、月産何屯と命令されているのですから、責任上仕事に従事する者は一生懸命でした。それも所長訓示に「第一線に戦う兵士と同じである」と教えられていたからでありました。「上司の命令は其の如何を問わず、直ちに服従すべし」という時代ですから規則は絶対に守って気力の続く限りは働かなければならなかったのです。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

 

 

 

 

第2章 地図から消えた神秘の大久野島

 1931年からは、各種の毒剤の制式化につれて毒ガス工場内に相応の生産の場が設けられ、それによって大量生産が行われるようになる。ルイサイト、青酸ガス、及びジフェニール・シアン・アルシン(赤筒)等がそれである。このようにして元からの工場はすぐに狭くなり、工場用地は外へ外へと拡張を続け、島中に拡大された。

 

 

 



 
 
 

 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題

 

●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

 

嫌がる少女を銃剣で脅して

 

島健

伍長 分隊

〈略歴〉

本籍地 神奈川県川崎市

出身階級 労働者 電動機捲線及び修理工

最終卒業学校 電気学校昼間部本科三期卒

部隊名 59師団54旅団110大隊

被捕場所年月日 朝鮮咸鏡南道咸興市女子商業学校 1945年8月25日

年齢 38歳

それから小一時間もたたぬのに、小隊長の青木四郎少尉と谷田一雄准尉の指揮する2個小隊は、そこから北に向かって“掃討”のため、今こうやって歩いているのであった。兵隊たちは“記念日”なのに休ませないとブツブツ言いながら、重いドタ靴を引きずり、当てもなく歩いていた。あれからもう20分も歩いたのに、風に乗ってこんなところまで人間の焼ける臭いがしていた。

「畜生め!」私はくたくたになっていたので、余計に腹が立った。「こんな野原歩いたって、女1人いやしねえ、ばかばかしい」私はこう言いながら、さっきの水島上等兵の言葉に返事をした。水島上等兵は『そうだ』と言わんばかりに初年兵に軽機関銃を持たせて、煙草を出して喫いだした。

 

 

 

2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 



日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

731関連裁判の動向について   和田千代子

(1)『衛生学校記事』の情報公開裁判

①原告側は、防衛省の『衛生学校記事』の隠蔽の2つの事実の角度から暴いてきた。第1は衛生学校が自ら発行した『衛生学校記事』を保管してきた事実であり、第2は衛生学校長を務めた金原節三氏(戦時中陸軍省医務局医事課長、1955年~57年衛生学校長)が1976年に死亡した後に遺族が衛生学校に寄贈した2028点の「金原資料」の中に『衛生学校記事』が含まれており保管され続けている事実である。

 
 


 

 

 

 

 

DEMO RESE TV「731部隊の真実part1」

 



 

 

・次回『化学学校記事」情報公開裁判は(第16回)東京地裁?号法廷(未定)は

12月16日(水)11:00~になりました。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

3、沖縄―核だけなく毒ガスも

よそ事ではない沖縄

しかも、本土の民衆に対しては、外務省の申し入れに対する米国からの回答が、「米軍は日本本土には化学兵器を置いてないし、貯蔵する意図も全くない」と発表されることは意図的なものを感じさせないではおかないものがある。そこには、平和条約第3条によって、沖縄を人質とすることによって独占体制の経済的繁栄を得てきた基本的な考えがその基底にあるだけでなく、その繁栄の分け前にあずかってきた本土民衆のエゴイズムに、その言葉が与えられていることが必ずしも否定できないからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

 

 

 


昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



4部 内省なきその人生

1945(昭和20)年―1989(昭和64) 年

 

第十四章  創り直された君主制

このような占領初期の時期、マッカーサーの「軍事秘書」でかつて心理作戦部門の指揮官だったボナー・F・フェラーズ准将は、ふたりの日本人クエーカー教徒と旧交を温め始めていた。ひとりは一色(旧姓渡辺)ゆりで、彼女がインディアナ州リッチモンドのアーラム大学に在学していたいたころからの知り合いであった。もうひとりは河井道である。彼女はYWCAの元総幹事で、1929年に東京に恵泉女学園を創立した人物でもあり、フェラーズは1922年に初めて日本を訪れたときに彼女と会っていた。再会の会見のなかでフェラーズは、真珠湾攻撃について天皇に責任を負うべき根拠は何もないことを立証するという、差し迫った彼の関心事について率直に話した。やがてフェラーズは、河井とともに、彼の相談相手でありかつ協同者の役割を担う人物として、河井の知人である関谷貞三郎と接触するようになった。関屋は大正末期から宮廷と各省との間のパイプ役として重要な役割を果たした宮内高官である。関屋もまた天皇が「平和愛好者」であることを証明したいと望んでいた。 

 

 

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

 

 

 

 

 

コジェネの発想と燃料電池

 一方では、排熱を使って発電するスターリングエンジンの実用化も進んで、その普及も目の前に迫っている。今工場などの産業用では、使われたエネルギーの4割が熱として捨てられている。この排熱を全て利用してスターリングエンジンを動かせば、そこから得られる発電量は、驚くなかれ、日本全土の原発に匹敵するのである。このように良い話を、普段聞かないから、つまらない二酸化炭素温暖化論や嘘だらけの原発ルネッサンス報道に惑わされるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリートアスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

 

 

 

●核実験(ウキペディアより)

若くして白血病で亡くなった夏目雅子本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?


月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

 

核兵器禁止条約

署名国・批准国

2020年12月4日現在の署名国と批准国。

署名国                  署名日             批准日 (締約日)

マダガスカル           2017年9月20日

マラウイ             2017年9月20日

マレーシア            2017年9月20日    2020年9月30日

モルディブ            2019年9月26日    2019年9月26日

マルタ              2020年8月25日    2020年9月21日

 

 

 




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が
被爆した!!



 
 

 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!