細菌戦の系譜!!

               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「スパイの妻」と731部隊(2021 10 16加藤講演第2回)

川崎の徴用工 故・金景錫の闘い お話:梓澤和幸弁護士
2021 9 25加藤講演第1回目
絶望的な核開発!!
トラウマ
●毒ガスの歴史(フリッツ・ハーバー)

●溥儀(「満洲国」皇帝の生涯)

●2021 9 17 浅井基文講演

 

 

『BCGと人体実験』 美馬聡昭著

731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会

対話前に政治犯解放を 民主派「首相」が訴え―ミャンマー

米中の生物兵器開発?

20201107 UPLAN 西里扶甬子「生物戦部隊731研究の現在地~今を生きる日本人が知るべきこと」

 
 
 
加害の事実に触れない政府主催の全国戦没者追悼式反対!!
空襲被害者を救済せよ!!

日航機墜落事故の原因を究明せよ!!

《今も胸に 日航機事故36年》最期の様子、知りたい 生データ開示求め訴訟 夫を亡くした吉備素子さん

 
 

 
今年のパネル展
11月14日(日)~19日(金)

加藤哲郎講演会(一橋大学名誉教授)

11月16日(火)18:20~(開始予定)

「新型コロナ・パンデミック731部隊・100部隊の影」

会場:クリエイトホール11階の視聴覚室(定員72名)

資料代500円

●森川聖詩講演会(神奈川県原爆被災者の会二世・三世支部

「核なき未来へ 被爆二世からのメッセージ」

11月17日(水)18:20~(開始予定)

会場:クリエイトホール11階の視聴覚室(定員72名)

資料代500円

 

 

2020年 パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」アンケート

11月16日(火)

731部隊関係者が戦後の医学界に果たした役割の大きさ、その陰にGHQの免責と擁護政策のあったとの話わかりやすかった。感染症対策を安全保障と関連づけない我が国。新型コロナ対策の遅れの要因との話。私もこの視点からの見方をしてなかった。

(70代、市内)

 
 


 
 
 

 







原告たちのあまりに理不尽な被害

『JUSTICE 中国人戦後補償裁判の記録』(中国人戦争被害賠償請求事件弁護団 編著、高文研)評者:根岸恵子

 

 

         昭和への挽歌   野崎忠郎
 
                 
 
 

 
 



 
                 


 
 

 
自衛隊における731部隊の記述

「部外秘 参考資料 CBR講習資料」11頁 作成日時不詳 陸上幕僚監部化学科より

d旧日本軍の細菌戦活動

旧日本軍の石井部隊は又の名を関東軍防疫、給水、731部隊、加茂部隊、特25204部隊と呼ばれた。細菌戦闘専門の特殊部隊であった。隊の設立は昭和6(1931)年で満州の研究所完成は昭和10(1935)年である。日本軍細菌戦部隊の本拠は満州ハルビン郊外濱江省(ひんこうしょう)双城県平房の4階建近代建築でその中で遮断隔離の生活をしていた。設備は爆撃機(細菌撒布用)10機、1000kwタービン発電機2台である。この本部の元に、孫呉、海拉爾(ハイラル)、牡丹江、林口、大連の5支部があり、大連のものは大連研究所または松林機関とも言われていた。他の部課は細菌の攻撃方法、容器散布方法、防疫問題を研究していた。最も力を入れたのはヒタツリ菌(注:脾脱疽菌)であった。この菌を粉末にして榴散弾の70g位の鉛製弾子に混ぜ、これを砲弾内に詰め、炸薬が爆発すると弾子が飛散して人馬に感染さすようになっている。実験場所は731部隊研究所から北に300(?)㎞ばかりのアンダ飛行場を使用した。そして砲弾が爆発しても菌の40%は生きていること及び培養器に飛ばされた菌は確実に付着する事、負傷者は発病することが確認されている。1938年中国廬山の戦闘で日本軍が毒ガス、ホスゲンを使用したという2,3の細菌記録がある。この記録を持つ731部隊は1945年8月9日午前6時ハルビンの工兵、歩兵、砲兵によって徹底的に破壊され付属設備は地上から姿を消した。ソ連の対日参戦による退却の結果である」

 

長岡大学 研究論叢 第16号より(2018年8月)

・・・731部隊に関する概要が正確に記述されており、更に1938年に毒ガスを作戦で使用したことまで記している。これは化学学校の教育部長が、特殊課程の学生に講義した内容である。内容は事実であると確認して行ったと考えるほかはない。戦後自衛隊731部隊の実態とその活動を把握した上で、何ら反省することなく自衛官に「教育」してきたのである。また教科書裁判では日本政府は長きにわたり731部隊の活動の事実認定さえ回避してきたが、陸上自衛隊の内部教育資料にも明記されるほど、自衛隊幹部周知の事実だったのであり、日本政府は一貫して内外に虚偽の主張をしてきたと言える。

 

『日本医学百年史』1957年1月1日の731部隊の記述

 

日本医学界では731部隊の反省は戦後全くなされていないが、以下の書に731の記述が記されている。
『日本医学百年史』第4章 戦時体制下の医学 全体主義思想p236

 

「このようにして日本の医師の戦争政策への積極的な協力が行われていったのであるが、直接的な戦闘行為への協力の中で極めて非人道的な、目を覆わざるを得ないものに、細菌戦の準備があった。細菌戦の準備と実行を持った特殊部隊は、昭和10年(1935)夏、石井四郎を部隊長に満洲で編成され「関東軍防疫給水部」と称せられた。

昭和17年頃に「第731部隊」に昇格し、その研究、実験、製造は急に活発になった。(昭和14年ノモンハン事件に参加し、感状をもらっている)この部隊は細菌の製造、兵器としての細菌の利用、人体実験等を行い、施設として、常備爆撃機10機、1000kw発電機2台、隊員及び家族約6000名、年間研究費予算8000千円以上と言われている。

勿論、この部隊に多くの医学者が参加した。このことから、科学者としての責任の問題と同時に戦争責任が問題になってくる。

 

 細菌戦準備への医学者の参加は、戦争責任の最も極端な場合として提起したわけであるが、このことの深い反省の上に戦後の再建も始められる必要があったし、現在でもなお問題とされねばならない。」

 

 
第3章 生物戦の愚かな第1歩は、日本の731部隊からはじまった
 

 

 

 
 

731部隊の史実を語り継ぐ連続学習会第1回

 

731部隊と人権ー裁判から考える

731部隊の史実を語り継ぐ連続学習会第2回

 

 
パネル展「731部隊 戦前・戦後の医学」
      医学と人権を考える―
 
1948年京都・島根 ジフテリア予防接種禍事件(その2) 
                              栗原 敦
そして今、連載の結び 
 
事件から55年後に生存被害者田井中さんが遺族訪問を繰り返し、著書第一作を世に出し、安田隆さん、和気正芳さんと出会い、さらに長男のワクチン副作用被害から20年あまり悶々としてきた自分も合流しました。その間に事件の28年後「補償問題再燃」がありました。事件からおよそ60年後再び被害者の「真相解明」を求める行動が始まりました。
 23日、田井中・和気・栗原らは厚生労働大臣に事件の原因について見解を求め、被害者の健康状況調査の実施を申し入れたところです(資料3)。近日中に京都市京都府へも出向く予定です。同時にすでに田井中さんがアプローチしている島根県内被害者との連携、同県への折衝も視野に入れています。4月23日 MBS毎日放送)の報道を見た方が、この事件関連の被害者であるという連絡が入りました。また『京都府保健所五十年史』(平成元年)によると、この事件の直前、ジフテリア予防接種で被害があり見舞金を支払ったという記述が見つかりました。 
 
真相が明らかにされることこそが被害救済の前提です。この事件は和解の文書の存否よりもそ の点において未解決であり、被害者救済は終わっていないのです。 また、昨年来、このワクチンの製造が例の731部隊関係者により行われたことが明らかにされ、さらに調査が進行しています。京都府の「記録」も大田黒猪一郎という同関係者により発行されていました。生物兵器に関わった人々が生きるために、雨後の筍のように生物製剤製造所が乱立する中でこの事件がおこりました。この事件の解明は戦時医学清算の問題にも通じることに驚きを禁じえません。 ジ禍事件に始まる責任回避の体質は連綿として、著者が支援した薬害MMR事件、タミフル問題へと継承されています。MMRワクチン接種見合わせのころ京都府の「記録」に出会い、同訴訟が終結したものの国の謝罪拒否で頓挫した2006年11月、タミフル問題が浮上し、その緊迫したなか本事件60年後の行動が始まるという経過がありました。2005年5月に研究会が組織されていますが、この事件に関心をお持ちの方はぜひご参加下さい。これは医学・薬学関係者だけの問題ではなく、戦後史の研究者にも参加いただきたいものです。資料保存と公開の問題もかかえています。薬害問題の風化を阻止するためには関係資料の保存が必須です。関係団体がその薬害の資料保存を検討すべき時でもあります。
(くりはら・あつし 全国薬害被害者団体連絡協議会/ 京都・島根ジフテリア予防接種禍事件研究会) 
著者連絡先 栗原 敦 
〒611-0021 
宇治市宇治蔭山 68-37 0774-21-4533 FAX 兼用 
メール:mmr@osaka.email.ne.jp 

 

 
 
 
 

隠された毒ガス兵器

 
小津安二郎も毒ガス部隊だった
 

『従軍日記』 小津安二郎

森友・加計問題などで公文書改ざん、事実の隠蔽などが問題になっているが、敗戦時の証拠隠滅、文書焼却、事実の隠蔽は、その比ではない!今も
続く歴史改ざん!! 
    

※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

 

「公文書管理を考える」(4) 磯田道史・国際日本文化研究センター准教授

 

  新宿・謎の人骨100体・731部隊【歴史解説】

1989年7月22日、新宿で謎の人骨が大量に発見された

歴史改ざん(「風を読む」)

 

     

 

 

●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


日本政府は、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に、立ち向かうべきだ!!

 

 

東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラチフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置

 

 
 
 
 

 

 

1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察

 

 

731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。

 

 

NHKスペシャル 「731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~」 2017年8月13日

 

 

●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!

 

731部隊被害者遺族の訴え!!        

 

東大伝研とは戦前、どんなことをやっていた機関なのか?

1929年12月24日~1930年1月4日、長與又郎、1930年4月22日~?宮川米次、1930年4月23日~?宮川の娘婿の岡西順次郎が中国へ出張しているが

何をやっていたのか?宮川の支那漫談とはどんな内容なのか?

 

実験医学雑誌第18巻雑報

 

 

18巻2号(1934年)

新旧所長送迎会の於ける3教授の挨拶

長與前所長の挨拶

 回顧すれば大正3年10月に伝染病研究所が文部省に移管されてから今日迄21年になります。

 この伝研移管間題は実に医界での大事件でありまして. 当時は世間の大問題になったのであります。 今日はこの移管の当時血清痘苗等の製造の為に全責任を負うて働かれた西澤・城井の諸博士が此所に居られますが、この問題の裏面の事情を比較的よく存じて居るものは現在では多くの關!系者は物故せられて林教授と私と2人であります。幸当時の私の日記にも細かく書いてありますから、詳しいことはいづれ機会を見て發表したいと思います。遠からず出版される山川先生の伝記にも其当時のことが書かれてあるそうです。 今日は簡單に当時の事情について一言申し上げた地と思います。伝研の所員が何故に伝研が大学に附置されるようになったかという歴史をはっきり知って置くことは必要であると思う。今迄は云わなかったが今日此席上で之を云うて置くことは私の義務であるような気がする。伝研移管のことは当時世間一般に青山先生と大隈さんとの陰謀で行われたように云われ、今日でも尚これを信じて居る人もあるようでありますが、それは全く事実無根のことで、移管のことは大隈内閣の前の山本内閣の時奥田義人さんが文部大臣に原さんが内務大臣の時に既に決まって居たことで之を次の大隈内閣になって実行したのである。その前に水産講習所農商務省から文部省に移管されたのである。決して青山先生の陰謀で出來たのではないのであります。此の事に関しては青山先生は一言も弁解はされなかった我々も默って居たががそういうことの絶対になかったことを茲に申し上げておきます。

 然らば移管された主なる理由は. 何であったかというと、伝染病研究所製血清痘苗類の製造作業もあるが総てが学術的基礎の上に立って行わるべきものである。即ち元來学問の研究機關であるから学問の事は文部省なり大学なりに移すのが至当であるということから出て来たとのことであります。

 
 
 

 

 

 

  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 

 

   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

 

 

第6部

資料・731部隊細菌戦裁判

第1審判決全文

第5 当裁判所の判断

6 被告の立法不作為による損害賠償請求について(争点6)

(3)そこで、上記(2)の前段の判断基準に基づき本件における国会の立法不作為の違法の有無を検討することとするが、その前提として、必要な範囲で、原告らの主張する本件細菌戦の事実の有無について見ておくこととする。

(イ)1940(昭和15)年から1942(昭和17)年にかけて731部隊や1644部隊等によって、次の a.f.g.h の通り中国各地に対し細菌兵器の実戦使用(細菌戦)が行われた。

(エ)( 本件細菌戦によるペスト・コレラ被害の内容・程度)

b コレラは、経口的に伝染して起こる消化器系伝染病である。米のとぎ汁様の激しい下痢と嘔吐による脱水症状や、筋肉の痙攣を起こし、治療が行われないとかなりの割合で死に至る。極めて苦痛の大きい伝染病である。ただし、現在では、適切な輸液と抗生物質の併用により致命率を大きく下げる事ができる。

 伝染力が強く、次々と死者が出ると、地域社会において差別やお互いの疑心暗鬼を招くことも多い。

(甲163の1・2、179、293の1・2、原告周道信、弁論の全趣旨)

 
 
 
 
 
731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦


 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三宮城県東松島市航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 日本の中国東北侵略から90年

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

「1931」斉藤準太郎の日記

 

三月二十日

晴 風あり。射撃アリ。

今日非常に面白い記事を見た。昭和三年の?月号の満州公論の中に堂々と書き出されていた 我鉄道守備隊兵としての生活勤務と地方在満者の態度を述べて 満鉄自身及地方民の不可解なる態度をなじり書き立ててあったことは本当に心気がよかった。

先ず明治天帝の東洋に対する堅い〇から語りだし

 

守備兵の日常務を示して「各々旅客列車でスチームの暖に上着を脱ぎ 大陸を心行くばかりに味わいつつ雪景色を眺め 異国の中に一番大人式にふんぞり返っている。その裏に3人4人防寒具を身にまとい 列車運行の万全を期する為に 零下参拾度もそれ以上の中も百度以上の酷暑にも不平一つ言わず 与えられた任務の為に氷る銃を手に巡察に 暖かい住家の灯の消ゆる時分 夜中とは言わず夜明けとは言わず 斤倹にも出かけ停車場の監視兵に或いは不完全な分遣隊に―として働く兵隊の生活の裏面を見れば誰が涙なきにあらずや」

 私はこれを見て決して不幸というのではない 特殊な技能のいる守備勤務を実行することの出来るのを喜ぶのである。なぜこんなことを書くと云うとそれは勝手ながら今書く

 
 
 
 
軍都広島での物語

原爆詩集
・・・一九四五年八月六日、広島に、九日、長崎に投下された原子爆弾によって命を奪われた人、また現在にいたるまで死の恐怖と苦痛にさいなまれつつある人、そして生きている限り憂悶と悲しみを消すよしもない人、さらに全世界の原子爆弾を憎悪する人々に捧ぐ。
 
八月六日
 
あの閃光が忘れえようか
瞬時に街頭の三万は消え
圧おしつぶされた暗闇の底で
五万の悲鳴は絶え
 
渦巻くきいろい煙がうすれると
ビルディングは裂さけ、橋は崩くずれ
満員電車はそのまま焦こげ
涯しない瓦礫と燃えさしの堆積であった広島
やがてボロ切れのような皮膚を垂れた
両手を胸に
くずれた脳漿を踏み

 

 

 
 

 

 
 
 
 
 
 

 

 

原爆初動調査 隠された真実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  日本は、日中戦争国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!

 

●『細菌戦部隊』

731研究会編   1996年9月(核時代51年)初版発行

 

 

Ⅱ 関連部隊・支部

細菌詩集

731部隊を詠む

 

とべ しゅん(仮名=ペンネーム)

1644部隊

〈経歴〉

1919年生まれ

1940年 中支那防疫給水部栄1644部隊に配属

1944年 帰国。召集解除

■この証言は『詩人会議』(1995年7月号)所収の文章に、これまで発表された詩と文章を加えてまとめたもの。

 

浙贛作戦

昭和19年5月に、私は東京出張を命じられました。目的は埼玉県の大宮近郊の農家で飼育しているマウスとモルモットを、南京の栄部隊迄輸送するのが任務でした。私たちが輸送してくる以前は、長崎から上海までの海上ルートをとっていたようですが、既に上海ルートは潜水艦の跳梁で危険になっていたので、責任者の中尉の独断で変更され、時間をかけても安全な陸上輸送をすることになったのです。下関から連絡船で釜山に上陸して、朝鮮半島を北上して“満州”に入り、“北支”天津からは津浦(しんぽ)線を利用して浦口(ほこう)に到着しました。揚子江対岸の南京に小さな汽船で渡るときに、雨がくるというので、ねずみを入れた木箱を甲板に積み上げて防水シートで覆いました。ごく短い時間でしたが、蒸れてねずみが数多く死にました。部隊に搬入した時点では、半数が斃死していたのですが、長途の陸上輸送の困難にも関わらず、よくこれだけの数量を搬入することができたと賞されました。

 

 

 

●証言

生体解剖(旧日本軍の戦争犯罪

中央档案館

中国第2歴史档案館

吉林省社会科学院編

 

江田憲司

兒島俊郎

古川万太郎編訳






Ⅰ東北

 

2 華北

4 山西

 

湯浅謙自筆供述書(1954年11月20日

私とその他の軍医は、捕虜を手術台の前に引っ張ってきて台の上に横たわるよう押しやった。彼がまだためらっていると、その着衣をすべてはぎとって、両手を取って台の上に押し倒した。この時ほかの軍医が捕虜の腹部に手術を行い、私は麻酔剤の投入を担当し、腹部手術と合わせて麻酔剤の効果を実験した。相前後して投入した麻酔剤の量はかなり多く、それによって捕虜に死の兆候が現れるかどうか検査した。もう1人の捕虜には、私が「気管手術」の練習を行った。この2名の捕虜に対して行った生体解剖手術の演習が終わった後にも、そのうちの1名の呼吸は停止していなかったので、私は両手で彼の首を絞めたがすぐに死なせることが出来ず、まだ呼吸していたので、ほかの軍医1人と協力してベルトで首を絞め、完全に殺した。その後、2名の死体は付近に埋めた。

 
 
 

 

 

 

 

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著

第7章なぜ日本軍は毒ガス兵器に依存して戦いを行ったのか

 

2  毒ガス戦に対する参謀本部の意識

イタリア軍・日本軍の毒ガス戦と国際勢力

 確かに日本・イタリアは連盟から脱退していたので限界があったのは事実だが、連盟の各国、とりわけ欧米諸国は、エチオピアや中国での悲劇に対して非常に〈鈍感〉だったといわざるを得ない。うがった見方をすれば、欧米諸国とその勢力圏が脅かされそうな場合は問題にするが、アジアやアフリカについてあまり気に止めないという欧米諸国の思考がここから窺えるのではないだろうか。そこには、彼らのアジアやアフリカに対する意識に問題があったということはいうまでもない。日本やイタリアが毒ガス戦を行い得た背景には、このような問題があることも視野に入れる必要がある。

 

 

 

 
 

・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

 

第7章 残虐な毒ガス戦

 

動かしようのない事実

 

 

付記:将軍の証言

 日本軍の気狂いじみた「掃蕩」に対して、八路軍と地元民は地形に詳しいことを利用して、「攻撃してはすぐ逃げる」という敵を翻弄するゲリラ戦を行なった。日本軍はその結果、しばしば我々に分割包囲されることになった。包囲された日本軍はこれは突破せんがため、毒ガスを放った。その大部分は催涙ガスであった。わが軍には防毒の備えがなく、毒ガスを浴びるたびに泪、鼻水、くしゃみが止まらなくなり、戦闘力を失った。日本軍はこの隙に逃げた。

 385旅団で初めてこの手の攻撃を受けたのは、馬忠全率いる連隊であった。馬連隊長はガスを浴びての撤退後、司令員(即ち陳錫聯のこと)に報告した。『何が起こったのか、兵たちが涙、鼻水が止まらず、戦えない』と。このほかに日本軍は、渉県赤岸村の八路軍総本部にも毒ガスを放った。この時は糜爛性(びらんせい)のガスで、これは催涙ガスよりもずっと猛毒であった。

 

 

 

加害の歴史」北九州市の毒ガス工場 第二次世界大戦で旧陸軍が使用



 



 
 
 

 

 

 

日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


 

 

 

 

●『三光』     中国帰還者連絡会
日本鬼子(リーベンクイズ)

核時代39年(1984年)5月初版発行

 

日本鬼子(リーベンクイズ)

懐柔

捕虜を密偵に仕立てようと画策

大井憲太郎

特捜班長 警佐兼地方保安局属官

〈略歴〉

本籍地 長崎県西彼杵郡

出身階級 雑貨小売商

学歴 私立長崎貿易商業学校4年中途退学

職業 市役所事務員

所属部隊名 旧満州興安総省警務庁特務科

被捕年月日場所 1945年11月25日

長春市祝町朝日ビル3階

年齢46歳

 

首を前にかがめ、体を震わせて歯ぎしりをした曲は息を弾ませ、早口に鋭い声で「畜生!お前たちは、どうしてこんなに罪のない者をなぶり苦しめるんだ」と言った。

「なにッ、宣伝をしたと言えば助けてやるんだ」

「そんなこと、嘘だ、俺は何も知らん」と曲は口をつぐんだ。

何とかものにせねば、と焦った私は、

「そう頑張るなら致し方ない。こたえるようにしてやろう」と両手を後ろにねじり回し、両足もろともがんじがらめに縛り上げ、脇の下に棒を差し込み拷問台に吊るしあげた。曲は見る見るうちに額に脂汗をにじませ、眼を吊り上げ、

「ウーンウーン」と苦悶した。

「もういい頃合いだ」とそばに行って頭を小突き、

「どうだ言わないか」と言った。

曲はさっと頭をあげたかと思うと、ペッと唾を吐きつけた。

「この野郎、どこまで図太いんだ」と殴りつけ、うんと苦しめてやれと放りぱなしておいた。

 
 
 
 
 

 

2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)

 

 

 

    

 

 

    

日米安保条約自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


 

 

 

在日米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)で米陸軍が化学、生物、放射線、核(CBRN)の対応訓練を予定していることに対し、厚木基地爆音防止期成同盟(爆同)など関連4団体が4日、同基地正門前で抗議集会を開き、訓練の中止を訴えた。

 訓練実施は1月28日に、日米合同委員会で合意。防衛省南関東防衛局が大和、綾瀬市に連絡した内容によると、訓練場所は、同基地を共同使用する海上自衛隊が管理する区域内にある滑走路南端の約2万平方メートル。今月5日から9月30日まで使用することで合意した。

 米側は訓練への参加部隊に関し米本土所属と説明しているが、参加人員や日程については知らせていない。危険物の持ち込みや騒音の発生はないなどの情報提供にとどまっている。

 CBRNへの対応訓練は同基地で過去に例がなく、周辺住民に不安が広がっている。

 今月4日には同基地正門前に爆同など住民団体から約60人が集まり「危険な訓練をやめろ」などと声を上げた。爆同の石郷岡忠男委員長は「昨秋には迎撃ミサイル訓練があった。米空母艦載機部隊の移駐後に空いた施設を使った新たな訓練場になることを危惧している」と強調。基地司令官宛てに、基地の機能強化につながる運用などに抗議する要請書を提出した。

 
*CBRNとはchemical weapon:化学兵器、biological weapon:生物兵器、radiation:放射能物質、nuclear weapon:核兵器を意味する。従来はCBRだけで用いられることが多かったが、近年は核兵器Nを加えてCBRN(日本語ではシーバーンと発音する)として用いることが多くなっている。
 

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

- 731 部隊関連資料の情報公開裁判の傍聴支援をお願いします ー 
 
5 人の証人(防衛省職員)が認められ以下の日程で証人尋問を行います。
 ・12 月 20 日(月)午後 2 時
 ・1 月 14 日(金)午後?時
 ・1 月 24 日(月)午後?時
 
 
 
◎「衛生学校記事」「化学学校記事」その他自衛隊に関する

情報をお持ちの方は下記のアドレスまでご連絡ください。

 

連絡先:exhibition731@yahoo.co.jp

 

日本の国家機密』(現代評論社刊 1972年初版発行)

            藤井治夫著

第4章 機密国家の復活

1、大日本帝国と国家機密

戦争と軍事機密

 以上のような経過を経て、機密保護法規はほぼ骨格をととのえ、最初の本格的な対外戦争である日清戦争を迎えることになった。そしてこの戦争の勝利は、軍備と機密保護体制をいっそう強化するテコとして作用したのである。戦後まもなく、「諸外国の我が軍機を偵知せんとするの情漸く切であり、加ふるに我が国防計画は爾来著々達成に赴き動員出師の準備は年を追うて整頓する等愈愈軍事上の秘密を厳守するの必要を生じた」(日高前掲書)ので、1899(明治32)年7月15日、軍機保護法および要塞地帯法が公布されることになった。これにより一般国民を直接の対象とした特別の軍事機密保護法が、はじめて現われたのである。刑法、陸・海軍刑法の規定は主として戦時に関するものであり、出版法その他軍用電信、軍港要港の保全についての法令は特殊の分野に関するものであったが、軍機保護法は平戦時をとわず、軍事機密総体を保護するものであった。

 

 

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊

 

 

 

 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)

Ⅰ 生物・化学兵器を告発する

3、沖縄―核だけなく毒ガスも

沖縄基地の毒ガス事件

彼はさらに、「約6時間以内に全員が退院し、正常な業務に復した」と述べたが、原水爆禁止沖縄県協議会からの情報に依ればヘンキン国防次官補の弁明にもかかわらず、毒ガスを吸引して入院した中毒患者はまだ退院しておらず、極秘に隔離されているもようである。

 米紙の報道を受ける形で、沖縄現地の新聞はもとより、本土の新聞も一斉に、「核ばかりか毒ガスもか」という風にこの問題を取り上げたが、『ウォール・ストリート・ジャーナル』にこの記事が掲載された日、岐阜県に米空軍機プルバックミサイルを投下するという事件もおき、アポロ11号と対蹠的な問題として、世論を喚起することとなったのである。

 
 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和天皇の戦争責任を問う!!


天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

 

 

昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



4部 内省なきその人生

1945(昭和20)年―1989(昭和64) 年

 

第十七章  静穏な晩年と昭和の遺産

 佐藤内閣のとき、天皇は〔焼失した明治宮殿にくらべて〕小規模の新しい宮殿に移り、東京オリンピックの開催に参列し(ともに一九六四年)、「近代化に成功した」100年を祝する「明治百年記念式典」に出席し(1968年)、大阪万国博覧会を皇后と2度訪れた(1970年)。これらの行事は日本の経済的達成に対する誇りを高め、国の権威を誇示した。国家の誇りと尊厳は、佐藤の沖縄返還交渉によってさらに高まった(1972年)。しかし、日米双方が沖縄をアメリカにとっての「太平洋のジブラルタル」に留めておくことを望んだため、アメリカは引き続き大兵力の駐留を認められた。東京での返還式の際、天皇は外国の高官と会見し、式典では戦中と戦後の沖縄県民の犠牲に対して哀悼の念を述べた。

 

 

  

 

日本国憲法9条

第9条【戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認】

①、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

②.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

RENUNCIATION OF WAR Article 9.

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation
and the threat or use of force as means of settling international disputes.

In order to accomplish the aim of 
the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained.
The right of belligerency of the state will not be recognized.

 

 

 

 

 

 

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

●地球の異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリートアスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

 

● 核兵器禁止条約

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

 

内容
第1条 禁止 - 締約国による核兵器や核起爆装置の開発・実験・生産・製造・取得・専有・貯蔵の禁止
第2条 申告 - 締約国から国連事務総長への過去・現在の状況の申告義務、申告内容の事務総から全締約国への送付
第3条 保障措置 - 国際原子力機関との保障処置協定の締結
第4条 核兵器の全面的な廃絶に向けて - 核兵器廃止国の廃止検証など
第5条 国内の実施 - 締約国の義務履行処置
第6条 被害者に対する援助および環境の修復 - 核兵器被害者への適切な援助、汚染地域の修復
第7条 国際的な協力及び援助 - 他の締約国との協力と相互援助
第8条 締約国の会合 - 効力発生後1年以内、以後は原則2年ごと
第9条 費用 - 締約国およびオブザーバー国の費用分担
第10条 改正 - 締約国による改正提案、改正手続き
第11条 紛争解決 - 条約の解釈・運用に関する締約国間の紛争の解決手順
第12条 普遍性 - 締約国から非締約国への当条約への参加の推奨
第13条 署名 - 当条約は2017年9月20日より著名可能
第14条 批准、受諾、承認、加盟 - 署名国による批准・受諾・承認の必要性
第15条 効力発生 - 50番目の批准後に90日で発効
第16条 留保 - 各条項への留保禁止
第17条 有効期間と脱退 - 有効期間は無期限、脱退は通告後12ヵ月
第18条 別の合意との関係 - 当条約と両立する限り、既存の国際協定に影響しない
第19条 寄託者 - 寄託者は国連事務総長
第20条 正文 - 6カ国語ひとしく正文

 

 
 

 「北朝鮮の核実験の威力」と「史上最強の核兵器"ツァーリ・ボンバ"の破壊力」【核兵器】




●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




核融合もすべきではない!!

核開発に反対する物理研究者の会通信
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について


なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

 

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した
 
 
 
 

           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!